無・計画性

2014⁄06⁄27(金) 00:00
どうも。 計画性の無さについてはかなり定評のあるのっぴぃです。

まぁ 世の中「計画立てていろいろやっていけ」ってそれに近いこと含めて
かなり中心的に教育なされていたりすることもありますけど
妙な完璧主義抱えているボク的には それやると逆に
ドツボハマったりして なかなかうまくいかないこと多いんですよね。

その道中で妙に凝ってしまって 結局時間押してしまって計画破綻とか
逆に 一度その計画にしょうもないミス噛ましてしまった時に
一気にそれすべて 失敗も何もしていないことに関してまで
やる気を失って そのままおじゃんになるとか 失敗のコースは様々です。

――結果的に 「最低限○○だけはこなしてやる」みたいな
目標を立てるのは変わりませんが そこまでの道筋は
かなりファジイにやって行く方が 個人的に何かとうまくいくといいますか。

……ただ 一人ですべてやって行く段ではそれでもいいのですが
他の人も振り回すとなりますと その考え方でやって行くならば
あきらかに 我儘王子の完成、といったことになりますので自重するのですが。

――アレですか。 ボクがなかなか人と絡めないのは
口や行動に出さなくても それっぽい空気プンプン醸し出していて
なかなか 他人が近づいてこれるような空気醸し出していないせいなのか??

――何かと 気ままに暮らしたいくせに 独りはいやという
しょうもない矛盾を抱えて幾ばくか 暮させてもらっております。

まぁ そんな無計画に毎日過ごしていたら いろいろとなんとかなることとか
逆に 補正効かないようなことやらかしてみたりすることもあるんですけどね。

しょうもないところだと ノルマをすっかり頭の外に追いやってしまうパターン。

日々の生活の中で例を挙げていくのならば 一番多いのは
洗濯機回している間に「洗濯」というノルマを終わったつもりになってしまって
結局 濡れたままの洗濯物を干すのを忘れてしまうパターン。

または 干したのはいいけれども もう しまうのは面倒くさくなって
――みたいな感じで そのまま外に放置してしまうパターン。

ちなみに 今期の衣替えの寝巻のパターンはと言いますと
それまで使っていた冬の寝巻 洗濯したはいいけど干すのを忘れていたことを
夜になってから気が付いたものだから 寝るための衣装がない

……まぁ 季節的には もう 夏のもの着て寝ても風邪ひかないよね??
――という経緯で行われたという 何とも言いようがない適当さの果てに
起きてしまったりしているのですが まぁ これは最後修正効いたパターン?

……逆に こんなきっかけが無かったら なかなか寝巻の模様替えが
済まなかった(暑いの我慢していた節さえあった)可能性を考えると
なんか この辺りのノルマ設定どうも甘い気がする自分だったり。

と まぁ そういえば この前親が来た時には家事成績表では 洗濯に関しては
「要注意」の烙印押されてしまいましたからね。 そのあたりがあるのかもしれません。

……そういえば 洗濯といえば 先日 洗濯層のカビキラー
もしかしたら(考えてみたら不潔かもしれませんが)こっちに来てから
初めてかもしれない頻度で 使わせてもらいました。 はい。

正確に言えば なんか 使った記憶がないといった感じなのですが
使ったことがあるならば しょうもなく一言コメントとしてブログにも書きそうだし。

その他 この時期になってくると日中の時間帯が暑苦しくて
どうも動けずだらだらしているうちに どんどん時間だけ過ぎてしまう
――みたいなことも まぁ あったりするのですがね。 これが。

これもまた 先日 13時ごろから「あつい……」って
部屋でぶっ倒れていたら 気が付いたらそのまま意識飛んでしまって
次に気が付いたのが18時近くと なんか 全力で昼寝してしまって

――その後 結局 レポートと全力で取っ組み合っていたのですが
それが終わるのが翌日2時(深夜)みたいな感じになっていたりして
さらに 昼寝噛ましすぎたおかげでなかなか寝付けないみたいな事態に。

……まぁ 眠気が夜になってこないから こうしてキーボードたたいて
直近の出来事書かせてもらっているって展開にもなるわけですが
こうして 記事ネタになるのだったら 良いかなって(よくない)

まぁ 世の中には「シエスタ」なる制度を採用している
地中海の国なんかもあったりしますが そのあたりでは
日中は寝て過ごしているなんて言うこともありますが もう少し
計画性を持ってその時間を過ごしているのかもしれないですけどね……

無計画に「いつの間にかやってきた睡魔に意識刈り取られる」みたいな
間抜けなことは 向こうの人はやっていないのではないかと思い込んでみる。

そして レポートを一日こんなペースで書いているのであれば
今 目前に積みあがっているレポートをはたして
期限内につぶし切ることができるのだろうか――みたいな
超・素朴な疑問がふと 自分の頭をかすめたのですが……

――ま、まぁ 頑張ってやっていくしかナインジャナイカナ~
……これも 明確な計画性を持たない弊害みたいな部分になるのでしょうか。



そもそも このような未来を見据えた計画って何を指すのか
個人的にはいまいち理解できないことも多いんですよね。
――これも できるって言うならば一種の未来予知じゃないですか。

結構 個人的には一つの仕事もかなり没入して
色んな所でできる限りのあらさがしやって行くような人間なので
本当に「終わった!」ってやりきれるようなレポートを
仕上げることができることなんて 結構稀なんですよね。

大方 「こんなもんでいいや」みたいな妥協点があるというか。

そのあたり どこまでやりこむか見据えたうえで計画立てて~
――みたいなこと 実際に手を付けてみないとわからない部分ありますし
本当に スケジュール立てられる人って凄いなぁって思いますね。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2086-2cf44dfe