ちょっと先の未来

2014⁄05⁄31(土) 00:00
なんか もうそろそろ未来はしっかり見据えないといけないですね……
……なんて 急にこんな書き出ししてみたら「何が起こったんだ」的な
空気になることも――まぁ あるのかもしれませんが。

まぁ 昨日の今日で「もっと計画的なブログ運営でも」みたいなことは
特に 取り立てて書くつもりは基本無くて(そんなこと書くなら
多分 しゃべるよりも行動に移せるようになっている方がいいでしょうし)
――まぁ なんというか 結構リアルな意味での話。

こう ふと思ってしまったんですよね。 仮に自分が
浪人しなかったら――というか 自分が高校くらいまで
「同級生」って称していた人たちの中でも
既に 大卒での就活~  って 活動始めている人いるんですよね。

――まぁ 高校が進学校だったから結構 そんな思考で考えてしまうのですが
中学校とか小学校で同級生と言っていた人の中には 高卒とか短大で
就職してみたり 既に結婚して子供持っている人もいたりする中で……

……そんな些細な可能性に気が付くことの無かった自分を
少し 反省するべきなのではないかと思わないわけでもないのですが。

……そんなわけで 一応 自分はもう少し大学の方に居残りしようと考えていた手前
その辺の少し考えれば当たり前のことにもあまり意識していなかったのですが……

……ってこと 最近ふと 考えましてね。 まぁ 未来のことを
ほとんど何も考えていないお花畑な頭ってのも それはそれで
ちょっと 自分で気になるところではあるのですが……

それに なんか 周りの話聞いた感じで行きますと
やっぱり 自分がこうして大学(理系)に行っている中でも
大卒ですぐ 就職して社会の波にもまれるという選択肢を選ぶ人もいるようで。

教職とか公務員とか その辺の話が ちょっと耳を澄ませてみたら
結構自分の近くの場所でもささやかれているんだな~  ってのを
かなり最近になってやっと 認識したという自分の滑稽さ。

――こう すべてを俯瞰した考えではないだろうし 客観性に欠けるかもしれませんが
噂によると なんか 自分の代 院に行かずに~  って進路を考えている
確率が今のところはほかの代よりも~  みたいな話が聞こえてきました。

……自分は まず「どの方面に進もうか」――まぁ 研究室の
方向性とかもろもろで やっぱり方向性ありますからね――ってのを考えるので
精一杯で まだ「院試」という物すら真面目に見えていなかった

……もともとから 一つのことしか集中できなかったり見通しが甘かったりなんて
所は自覚していたところだったのですが 一つ一つ自分の状態を
記述してみると 本当に何も考えていないのだなぁと思う次第で。

基本的に 今のところの一番の関心事は「自分はどの方面の研究者になるのだろう」
とりあえずは 「目の前にある学ばなければいけないことを取り込んでいこう」
――その先は まだ何も見えていなかった。 みたいな感じになるのでしょうか。

とりあえず 成績というかお勉強というか そのあたりに関しては
結構積極的にアピールとか頑張ってみるとかしているつもりですが
……見通しが非常に甘いということは思わざるを得ないのが現状でしょう。

なんてこと考えてみたら もう 恥ずかしがらずに研究室訪問とか
もっと積極的にアタックしてみた方がいいのではないか――って
毎度 言うだけだったりするんですよね。 本当に「言うだけ」。

後にやるべきことを溜めて行ったら逆に大変になるだけなのに
そのあたり 実際に行動に移さないのがボクの悪いところですよね。


ところで 最近ボク 急に大学の課題というかレポートが増えた気がします。

――まぁ 理系の割には今までが少なすぎたような気がしないでもない
――とりあえず そのあたりが「ごっそり」落ちてきた。
……みたいな感覚でとらえるようにしています。 その他の要因もありそうですが。

とりあえず 少なくとも理系に関して「あるある」なのか「珍しい」ことなのか
そのあたりの判別は尽きませんが――グループで課題を一つ仕上げる。
……みたいなことは まぁ それなりにあり得る話ではあるでしょう??

レポートがやたらごっそり落ちてきた「その他の要因」に関しては
まぁ この辺りのグループ課題の「一番重いところ」を
結構 引き受けてしまうというかそんな部分が結構ありそうだなぁと自己分析。

と 言うのも グループ課題でその辺の配分分けるときに
特に学業というよりもサークルとかバイトとかに青春賭けている人
――それもそれでいいとは思うのですがね。互いに迷惑にならなければ――にとっては
やっぱり この辺のグループワークとか押し付けたいものに分類されるらしく。

……まぁ ダチョウ倶楽部ばりに押し付け合戦が行われるわけですよ。

基本的に ボクは真面目勢って見られている――みたいなのも
あるのかもしれませんが それで引き受けた(ただでさえ面倒な)分に加えて
最後まで「譲り合い精神」で「押し付け合っているその問答の時間」
基本的に 自分は外野でぼーっと眺めているような感じになるわけですよ。

……まぁ 眺めているけれども帰れない。 そんな感じ。

さて そんな時間は何かほかの用途に利用することができるのでしょうか。
――そして 何か建設的な時間活用法と言えるのでしょうか。

……少なくとも 自分にとっては とてもそんな風に見えないわけでして
そんな終わらないダチョウコント見ているのであれば さっさと帰って
寝たいな~  みたいに思うのは――まぁ 一つの回答ではあるでしょう。

ところで 無意味に介入することなく このコントを終わらせる
一番効果的な方法ってなんなのでしょうかね。 ……と 考えた時。
――無意識に引き受けてしまうんですよね。 そして 課題が必要以上に溜まると。

いや~  基本面倒くさがりなはずなんですがね。 なんでこうなるのでしょう。

とある友人曰くには これ続けてると面倒事すべて押し付けられたり
いろいろ絞りつくされる~  なんて 本気で注意されまして
――「やることさっさと終わらせて遊ぶ」がモットーのボク。 悩みどころです。


・コメ返
>もちぇさん
おめでとうありがとうございますです。

五年という区切りもお互い抜けましたし できる限り更新できるように行けたら
いいなって思います。 頑張って行きましょう!!


>みかきもりさん
おめでとうありがとうございますです!

毎日のような独りよがりの連続でございます。 ――この活力の源はどこなのでしょう……

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2059-2ce182e5