まさか、そんな。

2014⁄05⁄24(土) 00:00
まぁ 昨日は勢いに任せてここ最近の対人関係について
いろいろと 悩みを極めていたわけですが 結局 最後は
昨日も同じような結論つけていたような気がしますが
最後は 自分に執着しているんですよね。 友人関係の問題に関しては。

そもそも 自分も 外の世界というか ほかの人に対して
どれほどの興味を抱いているのかと考えてみれば――正直
現在結構 高校時代のクラスメートとかその辺の記憶が
バッチリ抜けているって事実とか考えてみたら自明なような気もします。

この辺りの思考をしている最中 ふと 思い立って思い出そうとしたら
自分でも驚くくらい(教師含めて)名前 出てこないんですよね。

――まぁ あのころの記事振り返ってみたらすぐにわかる程度には
ボクの高校生活は「ダークネス」だった部分もありますからね……
……意図的に 記憶を消去しているみたいな可能性も考えられなくはないですが。

――だって 結構いい思い出として(もしかしたら必要以上に美化されてる?)
高校よりも前 中学時代の部活の面々なんかは(現在の顔はどうなっているのか
化粧とかで皆目見当つかないってのは抜きにしても)それなりに
顔と名前 思い出せたりするって事実ありますし……ねぇ。

――関係ないけど 中学時代の吹奏楽部の思い出は結構強く残っていて
コンクールでやった曲なんかは 主旋律はまぁ 良いにしても 自分のパートの
譜面くらいだったら ほぼ完ぺきに空で思い出せる程度の記憶がしみ込んでいます。

――そのほか その時自分が中止していたんだろうな~  みたいなパートも
追えたりしますし あの時は本当に 吹奏楽に魂かけてたな……
……残念ながら 高校時代のそれの記憶はほとんど残っていないことも付記しておきます。

……まぁ その辺の人物の記憶は 見ようと思えばまだ 名簿とか目を通せたって
事実もあるからして大学時代のそれとは ちょっと 様相が
異なっているのかもしれないですけどね~  という感じで。

まぁ 昨日の話軽くおさらいしたというか 記事上げた後思い出した部分を
メインに 具体例だけ書かせていただきましたが その先にこの話が
深くかかわってくるかどうかは別です。 はい。 次の話題。


そもそも こんな回想に至る発端が何だったかといいますと
大学の学部内(授業)の情報伝達というか 人海作戦というかに
なんか乗り遅れているような気がする?  ――みたいなのを
自覚してしまった(自己申告)だったということで そのあたりの話でも。

まぁ そのあたりを含む話をする前に ちょっとした裏事情でも。
――主に 前書いた実習のあたりの話になります。

実習の感想記事書いたときにざっと書いたのかもしれませんが
実習は週末含んだ三日間で行われたのですが……まぁ GWではありませんし
週末って二日間しかありませんからね。 割り込んだ平日もあったのですよ。

そして その平日、その実習が占めている曜日だったらものすごく
ありがたかったのですが 残念ながらその実習があるのは別の曜日でして

――まぁ その実習行こうと思ったら問答無用でそのかぶった曜日の
その日の授業は取れなくなってしまう――みたいな状況になってしまいました。

まぁ 最初の実習全体のガイダンスの時には「少なくともこの学科の授業に関しては
しっかり示し合せしておきますので心置きなく行ってきてください」
みたいなこと言われていましたし まぁ そこ 信じていたんですけどね??

実際 そこをふた開けてみたら なんか「クラスの半分近くが実習で
席外しているというのに なんか 普通に授業やっていた」し しかも
「レポート課題課された(っぽい)」しと もう いろいろと散々なところで。

――レポート課題課された「っぽい」ってのがポイント。
……つまりは この辺り 人海戦術で「存在を認知しろ」ってお話
――個人的には その話の展開になる意味合いがいまいちよくわかりませんが。

――まぁ 「本来は」人海戦術に頼らなくても 一応 その授業やる先生から
一種の釈明の言葉と共に ダイレクトメールが送られていたらしいんですけどね??

――なんか 実習名簿の手違いで なんかボクのところだけメール来なかったっぽい。
そして ボク 学科の中でのパイプは結構細い頼りないもので
その辺の情報がなかなか伝わってこなかったっぽい。 ……ここからくる悲劇。

まぁ さすがに「提出日まで連絡来なかった」という最悪の事態までは
至らなかったというのは 一種幸いなのかもしれませんが
そのレポート提出日前日に やっとこさ その課題を受け取ることができて

――前日の夜に必死こいて課題片づける羽目に陥った、そんなわけです。

……まぁ さっきから頑張って「その授業が何曜日なのか」という事実
隠した話をしようと思っていますが なんか ここまでの話の展開から
一種 推理すれば そのあたりの情報が簡単に導き出せるとか邪推しちゃダメ。

……そして そもそも ボクの人脈のパイプが細いって言うのも
まぁ ある程度考えなければならない問題なのかもしれませんが
それ以前に「こんな欠陥のある日付にレポート課す」ってのからして
いろいろとおかしな部分があるのではないかとか思いたくなるのですが それは。

多分 普通の神経した人だったら その事実に直前まで気が付かなかった
――まぁ ここまでは仕方ないにしても 「やっぱり このレポートは
来襲に回します」みたいな対応するのが正しいと思うのですが……

……まぁ ボクみたいな暇人にしてはアレかもしれませんが バイトとかで
結構忙しくしている人にとっては レポートやるチャンスとして
土日奪われたら 相当辛いものがあるんじゃないかな……

……そして 実習のために土日を開けざるを得なくて ここ数日は
バイトがきつい人なんて いたとしてもおかしくないだろう――みたいに
容易に思ってしまうという予想も まぁ あったりするんですよね??

……それでも そのレポートを強行する意味 はたしてあったのでしょうか。

――そして そもそもボクに名簿ミスでメール来なかった話はしましたが
おかげで 無断欠席扱いされて不当にボクの人間的評価が下がったというのは
どこに訴え出ればいい話になるのでしょうか 切実に知りたい問題です。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2052-3626393c