交友

2014⁄05⁄23(金) 00:00
なんか 最近「思春期の悩み」がどうとか言って
勝手に無気力状態に陥っているようなことが地味に多い気がする
今日この頃ですが まぁ 誰に相談するってノリでもありませんが
たまには「パーッ」っと 書いてしまうのもまた一興でしょうか。

……なんて ふと 思ってみたもので とりあえず 今日はそんな感じで。

まぁ 超大雑把に書いてみれば「自分ってなんなのだろう」みたいな
結構基本的なところから悩んでいるような節も見られるのですが
まぁ その辺はおいておくにしてもう少し 的絞ってみましょうか。

まず 交友関係というかそのあたりから。 友達ってなんなのだろうとか
――まぁ 人によって定義もまちまちだし 重要視するポイントも変わってくるでしょう。

別に とりあえず メアド交換する程度の人の幅を強く持って
まぁ 実際に遊んだり親密にするのは――まぁ 手当たり次第に??
みたいな考えの人も 少数精鋭で少ない人数だけど濃密に
……みたいなのも。 ボク的にはこの辺りは人それぞれでしょうと思います。

――まぁ 自分は結構「集団トーク」みたいなのにしばしば乗り遅れますので
あまり 頭数は多くしたくないみたいな深層心理が強いな~
――ということで まぁ どちらかといえば 上で言うなら後者の立場。

……まぁ そもそも自分の人脈パイプがそこまで数そろっていないおかげで
そして 「類は友を呼ぶ」みたいに言いますが 結構自分がかかわった人も
似たような空気醸し出している人が多かったおかげで
「人との付き合い方」ってカテゴリの考え方も相当弱いわけですが。

……まぁ そのあたりはいいとして そんな感じでの人との付き合い方
はたして 今まで(短くとも 自分が神戸に来てからのことだけでも)
何かしくじったことなかったのかな~  なんて 不意に不安になったわけで。

――というのも ここ最近なんか 人に飢えているというか
あまり 人としゃべる機会が持てていないような気がするなぁ……
……みたいに 思った。 そんな気がした。 みたいなきっかけでございます。

まぁ 今までは適当に遊びに行けば ゲーセンなんかで
顔見知りに「よッ」みたいな感じで遭遇できていたような感じでしたが
――なんか ここ最近 そんな感じで出会うこともめっきり少なくなりました。

――一年前の自分の身の回りがどうだったかなんて考えてみたら
――もう少し しゃべり相手というか愚痴り相手というか??

まぁ そんな考え方しなくても 多分「人との交流」って意味合いで
過ごすことが出来た時間も多かったのではないかな~  って 考えてしまいます。

まぁ 公私の切り替え割と激しくしているつもりのボクですが
割と「公」に意識している大学では――まぁ それまでの過ごし方が
アレだったみたいなのもあるのかもしれませんが……

……結構 時間割がばらける機会が増えてくると それだけで
コミュニケーションが取れる学部の人間ってのも少なかったんだな~
――みたいに いやでも思わざるを得なくなってきたというのもまた ありまして。

おかげで いろいろと情報戦術に関しては後手に回ることが
ここ最近やたら多くなってみたり そもそも 自分の学部の人間に関しての
今までの興味とか冷静に考えてみますと ――いろいろと
悲惨なデータが引き出せて来たりして これまた自分でも引いているというか。

ココだけの話 この 情報戦争(口コミ)の流れに完全に乗り遅れたばっかりに
つい最近も(まぁ その他愚痴りたい要因も十二分にあるのですが)全力で
被害被り――かけた、にとどめておくべきかも知れませんが ありました。

……ボク 結構 人の名前覚えるの苦手でして そして 小学校の頃までは
クラス名簿とか一生懸命眺めながら 頑張ってクラスメイトの名前を憶えていた
――みたいな 過去を持っている人間。 そして 今はもはや
そんな「名前が羅列した何か」を見る機会すらめったにない。

……個人情報漏えいがうんたらってご時世があるみたいなのですが
――みたいなところまで書いておけば まぁ どのような悲劇?
が 起こっているのか まぁ 大方想像できる感じになっているかと。

なお 関係ないですが QMAでのっぴぃさんのエフェクトの正解率というか
全体的な「苦手意識」を持っている根源の一つが 自分の名前把握能力の
圧倒的欠如による 人名漢字の読み方のストックの少なさ
――みたいなのが 少なからず影響しているのではないかと自己分析しています。

まぁ そんな風にリアルでの行動不足とか もろもろが重なってきて
なんか ここ最近一か月で 誰かと「雑談」かわしてみた
事例が はたしてどれだけあるのか――見ものですね。 みたいな感じになっています。

……って事実 冷静に見つめてしまったら まぁ そりゃ凹みますよね??

まぁ 原因の大方は 高校時代の闇とはちがって 根源としては
自分から発している――みたいなことは さすがに自覚しているというか
人のせいにできないような部分が大きいですしね。 理解しているつもり。

もっと積極的に外出て 自分をアピールしていく必要があったのではないかとか
少なからずはわかっているのですが どうも あまり浮きたくなかったり
――そもそも 自分がしゃべりだすと十二分にウザいことしか
出来ないことも自覚しているので なかなか厳しいところ。

――実際問題 こうして毎日ブログ書いているボクですが
「今日の記事 この行まで真面目に読んでいる人がどれだけいるか」ということ
考えてみると――まぁ 皆無であったとしても驚きはしません。

(ためしに 真面目に読んでましたって人自己申告してくれてもいいですよ!!
 なんて書いて 翌日ノーコメントだったとしても驚けませんし。)

……まぁ こんなので悩むくらいで 目の前に一つの可能性が
浮上しているのだから――って 言ってみても まぁ なんと言いますか
「ここからが長い」というのが今までの自分の経験則。

……まぁ ネット界隈で自分をアピールするといった方法も
特にツイッターなんかで考えられるのかもしれませんが
――なかなか TLの流れに乗る方法がわからないんですよね。

……やっぱり その辺で話に混ざれるようになるのはボクのキャラじゃ難しいのかな。

TOP

Comment

確かに話し相手がいないと気が滅入りますよねえ。
僕も大学には友達ひとりもいませんし、なんかもうちょっと色々能動的に仲良くなる努力をすればよかったかなと思ってます。
2014⁄05⁄24(土) 08:12 |

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/2051-2f8aa04c