あれから二年。

2014⁄01⁄18(土) 00:00
えっと 本日から大学入試センター試験があるということで
受験生の皆様はこれから人生を賭けた大勝負に挑むということで……

……頑張ってください。 半ば当然ですが ボクみたいな人間が
そのような人間に対してできることがあるとしたならば
エールを送ることくらいということで できることをさせてもらいました。

――まぁ 実際今年のボクの場合実家の方にも受験生抱えていますので
半ば 他人事とも言い切れない部分もあるわけで。

……ただ 実家にボクが今も住んでいるのであればもう
これに関してはピリピリしっぱなしみたいな状況だったのかもしれませんが
幸か不幸か 物理的な距離がかなり開いておりますので
そのあたりの影響はそこまで 大きなものでもないのではないかな~

――みたいな分析 してみたりしているのですが まぁ それはそうとして。

今年に入ってから実家に電話してみたところ やっぱり
実家ではピリピリした空気が張りつめていて
結構 爆弾状態になった受験生を抱えて震えながら生活しているようで……

……ストレスで荒れるのは 自分もある程度経験していたから
分からないでもないのですが なんとなく 自分が踏み込んでいないような
領域まで荒れ荒んでいるような空気が電話口からなんとなく
感じられる点に関しては 多分 深入りしてはいけない部分なのでしょうね……

まぁ ボクの実家に関してはこのくらいのお話しか
実際ボクも わからない部分ではあるのですが こうなっていたのであれば
年末ボクも一瞬考えていた「実家でバイト探して千葉で稼ぐ」という
可能性に関しては 実行に移すことなく過ごして正解だったかしら??

みたいな結論 現在はたたき出している状態であるのですが
まぁ 終わったことですし これに関してはどうこう言うのもアレですかね?

一応 あの時は何もなかったら全力で帰っていただろうという前提の元
けれども 家には受験生いるし 風邪持ち込んだら大変だし
けれども やっぱり実家にいるわんことも あとどれくらい一緒に入れるか
分かったものでもないし 何よりおふくろの味忘れられないし

――などなど。 いろいろと葛藤あったうえで こちらで年越したのですが
まぁ これこそ 終わったことに関して何を行っても意味はないのですが……。
とりあえず 今年初めのののっぴぃさんは この辺りに引っ張られるでしょうね。

大方 この影響で受験生が役目御免になるまでは帰ることができないと
うすうす自分でも言い聞かせている節ありますし 逆に言えば多分
3月になるまで帰ることできないだろうな~  と 自分に言い聞かせている段階です。

――さて この辺りの同でもいい話はいいとしておいて とりあえず
今受験生に言えることを言っておくとしますと
自分が大学に入って何をやりたいのか具体的に思い浮かべることができますか?

一応 自分の経験だけで離させてもらいますと このビジョンが
鮮明である人は たとえ 偏差値やらなんやらで絶望的だと
「データ」が訴えかけていたとしても それをひっくり返す力を
あなたは火事場で手に入れることができることでしょう。

――自慢できることではありませんが ボクはなんだかんだで
この辺り 火事場の馬鹿力で何とか処理したと自負することにしておきます。

逆に 偏差値的に~とか そんな軽いノリで挑んでいたのであれば
最後まで 少しの可能性にまで縋る。 そこまでのあきらめの悪さを
見せつけなかった人は ボクの見た限り 残念ながら
浪人しても 自分の進みたかった進路へ進めなかった人が多かった気がします。

何より 最後まで ほんの1パーセントの可能性でもその 可能性が
存在しているのであれば それにすがることができる人は
多分 データをひっくり返しての逆転劇を見せつけることができる力さえも
手に入れることができるでしょう。 と そんなお話ならできますよ。

……まぁ 火事場の馬鹿力見せつけて受かるって道もないことはないですが
弊害として 周りの人の寿命ちぢめて見せたり やっぱり 精神安定上も
よろしくない面があったりしますから できることならばやっぱり
ある程度の余裕持って志望校へ向かうことが望ましいとは思いますがねwww

何につけても 自分の場合は結構「ぎりぎり」の人生を
あちらこちらで歩まざるを得なかったことが多かったこともあり
あまり 余裕を持った実体験を語ることができないというのがなかなか悲しいのですが。

――まぁ そんな意味で言うのであれば 結構受験生みたいな立場の方が
こちらの方 覗きに来ている可能性というのは少ないんじゃないかな~
――みたいに 思わないわけではないわけなのですが……。

……一応 今の自分の立場を記述してみるというのが
今日のボクの記事ネタのコンセプトであるわけでして まぁ そんなところ。

――ところでなんか 日頃「のっぴぃさんは諦めが早い」とか言われることもありますが
基本的に 大学入試などでは周りの意見も顧みない程度の意地の悪さや
諦めの悪さも見せつけていますからね……  やるときにはやるんですよ。

結構 自分の理想とやりたいこと そのために必要な物みたいなのは
しっかり見据えて 譲れないところは死守しているつもりですしね。

冷静な分析してこそのボクだと自分では言い張っています。
――だから 別に死守しなくていいやと思ったものに関しては
あっさり手を引きますし この辺りは諦めが早いって見られるのかな??



ところで 試験は試験ということで 徐々に大学の試験の方も
こちら 情報としてやってくることもあるのですが……

……なんというか 休み明けてからこうしてテスト週間に突入するの
半ば当然だと頭では理解できるのですが 半ば理性では追いつきません。
――早すぎます。 頭の切り替えが少々厳しいです。

とりあえず 数学の絶不調に関しては バイトのもろもろを気分転換にして
ある程度 回復してくれて――いることを 切に願いつつ。

……中間テストの時に見た悲劇みたいなのは もう 起こしたくないからね。


・コメ返
>ぷらたさん
とりあえず 14,15,16日の記事は 三日間で四つの記事を投稿したいな~
と 思った手前上 24×3時間を均等に4等分した
18時間区切りでこの三日間の記事は投稿されているはずです。

――と 言うわけで 16日にかかわらず
15日も記事の投稿時刻は少々異なった値になっているはずです。

ここ最近 黒ウィズのスクリプト消費する記事に関しては
基本的に 連投する日付+1個の記事書いておりまして
確か その前に黒ウィズの記事連投した時には 二日間で三つの記事を
16時間ごとに連投していた設定にしていたかと思います。

――という たまには変則的な予約投稿もしますよということで。


結果から書けば 別にコメントを求めていたわけではありません。

そもそも 前記事中でも書いていましたが 実際自分が記事長すぎることは承知しております。
――ので これがコメントとか来ない理由の一端であることは
ある程度は承知しているつもりですので まぁ。(実際アンケートとったこともあります。)

――どちらかというと「コメントがほしい」というよりも
「今までは このスタイルで書いててもコメント来てたのが来なくなったのに
時代の変化を感じるな~」みたいな気分で書かせてもらったいたつもりでした。

――どちらかというと この時代の流れを覚悟したうえで だんだんブログで
知り合えた方がブログから離れていくな~  みたいなのが
なんとなく さみしい気分になれるわけでして。

元々 叫びたいことを勝手に叫んでいるつもりですので
最終的にはコメントが来る来ないってのはボクにとってあまり大きな話ではありません。
――みたいなのが 内心ってところですね~

まぁ 人のやることはボクには手出し口出しすることではありませんが
このことに関して 自分勝手に叫び散らす場所としてここ
使わせてもらってます。 ――みたいな感じになるのでしょうかね。


そもそも あれだけ長いこと書いておいて 自分の伝えたいニュアンスで
伝えきれない程度には 自分の文章力の無さ は ある程度は自覚しておりますし
逆に こんなとらえ方できる文章を書いてしまったのか~  って
ボクのお勉強にもなりました。 ご指摘ありがとうございました。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/1912-08d1a752