2013⁄06⁄14(金) 00:00
どうでもいい話かもしれませんが ボクが今下宿にいて
身近なところで見たり使ったりしているものの中で一番お値段が張っているのは何か。

――まぁ 日頃話題として使っているものの中で考えるのだったら
まず こちらに越してきたときに買ってきた家具や電気機器単体も
それなりにお値段張りますし 自転車もそれなりに。

自転車に関しては 今まで月一くらいの頻度で何かしら
パーツ買い足したりしていますしね。 割とお値段も張りますよ。

単体で考えなければ 割と今ボクの横の本棚に積まれているラノベの類や
あずにゃんのフィギュアなんかも集めたら「趣味」という意味では
かなりの出費を孕んだものと言えるような……これはちょっと ルールがアレかな?

でも そんな趣味の物品にをまとめたものよりはるか
――多分 家具その他に費やしたお金を合算したものと釣り合わせても
割と いい感じで張り合ってくれるのではないかレベルの物品がまだあります。

――ホント 最近ボクの行動の中で影が薄くなりつつあるサックスの話題。

ちょうど一年ほど前 大学に入った直後のノリや
港町という特性故に かなりジャズが盛んだということもあり
結構期待しながらジャズ研のドアを叩いていた時期もありました。

――まぁ バイトやめたのと同じように生活時間が合わなそうとか
上手く人間関係築けなかったりとか メーリスに翻弄されたりとか
飲み会でちょっとした恐怖体験があったりとかしたおかげで
あっさり その道からドロップアウトしてしまったのですが……

逆に 吹奏楽部に関しては 入学式での演奏聞いた時点で
「音酔いしそう」という理由で 生理的にアウト……と 言うことで

考えてみたら このサックスを有効に使えるような団体に
所属していないというまま一年間過ごしてきています。

――そして そのあおりを受けて……  ってのは 日本語として
はたしてあっているのかはわかりませんが 結果的に吹く機会を失って
そのまま ほとんどサックスで戯れずに一年間を過ごしてしまいました。

――こんなことを 宝の持ち腐れって言うのかもしれません。

まぁ 仲間がいないとどうもモチベーションが上がらないって言うのも
少なからずあったのかもしれませんが それよりなにより
それを吹くことができる環境があまりお手軽な場所に見つからないというのも?

仲間に関しては今更どうしようもない部分もありますし
野良で頑張って行けばそのうち そんな場所に巡り合えるかもしれませんが
さて そんな機会を待つにしても 練習場所を確保しないとなぁって問題は。

たとえば カラオケボックスにサックス担いで突撃するのも
可能性として悪いものではない?  なんて 考えたこともありますが
結果的に考えただけで終わってしまった……  という現実があります。

どうも カラオケボックスと縁が遠い生活をずっと続けてきましたので
そこに行くということだけでも結構抵抗があるのかもしれません。

消音機
ただ 世の中には消音機と呼ばれるものもありまして
たとえば 金管楽器なんかはベルにそれ突っ込んでミュートみたいなノリで
使用する物らしいですが 金ぴかですが木管楽器なサックスさん。

ベルだけ塞いでもキィから漏れてくる音に関してはどうしようもなく
結果 すべて覆ってしまう形になってしまうようなんですよね。

さて ここでこのサックスを持ち腐れにしないためにこれを買うか否か
――買って十分な品なのかまず確かめたいなと思いまして。

仮に買うとするならば 早急に新しいバイトみたいなのを探して
これを買うことができるような資金をさっさと調達に走りますし
これがあまり意味をなさないのならば 次の作戦を練らなければいけません。

まぁ 判断材料としては簡単に思いつくのならば
①どれくらい音が消音されるものなのか――音漏れ激しくて苦情来たら意味がない
②重さはどうか――重さのせいでうまく演奏できなければ意味がない

――と 言うわけで 楽器店突入してきましたよ。 先日。 みたいなお話。

ただ 吹き心地に関しては別に自分でもいけますが
音漏れに関してはどうも 一人では判別つかない部分もありますし
これに関しては アドバイザー的立場で友人について来てもらって聞いてもらいました。

――そして 考えてみたらこれがまともにサックス担いで入った
神戸初めての楽器店ということを思い出して少し悲しい思いもしたのでした。

で 結論として 重さの吹き心地はかなり変わる。
これつけてるときには見事に音が出なかった――と 言うか
結構サックスはストラップに任せないで自分でその重さを全て引き取りながら
吹いているようなタイプなので 根本的に吹くスタイルが変わると。

あと 音漏れの方はというと 期待していたほど音は消えなかった感じ。
ついて来てもらった友人へのインタビューは結構微妙な顔で返されましたし
店員さんも「期待ほど消えない」というコメントが ほかの方々から
聞かされる~  みたいな裏話みたいなのもいただきました。

さて この判断材料を持って帰って……  どうするかなぁ。
みたいなのは また おちおち考えていくことになりそうです。
――ただ 今の段階では「早急に買う」みたいな選択肢はないかなぁ……?

簡単に考えられるのは 部屋にピアノ音的な意味で買えないから
キーボード買って それで練習する~  みたいなお話もありますが。

幸か不幸か サックスに関しても それに対応する「らしい」
いわば 「エレキサックス」みたいな品があるようで。

とりあえず 今度機会があるとするならば そちらの方を試してみて
――って 形になると 今度は持ってきたサックスの存在意義が
どんどんと薄れてしまうような気もするので なかなか複雑な心境です。

――と まぁ 久しぶりの書くネタだよね。 これって。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/1690-b48d4ec7