息抜きしたい

2013⁄05⁄25(土) 00:00
こうも 終わったことに関してはぼちぼちと愚痴りたくなってくる性分なもので
前 GWに社畜どうこうって騒いでいたことがありましたが
ここ最近は これを上回るペースでシフト時間入れられています。

なんか 法則性を考えると 仮に 前提出したような紙が無かったら
最終的にはどんなシフト突っ込まれているか。 考えるのも怖くなります。

下手したら 学生への年金支給がどうこうってのが面倒な
レベルになるまで稼ぎが出てくるとかカオス展開もあり得ますね。

自分的には ある程度「これ以上はやらない」って一線を
設けてやっているつもりですが その一つの基準になるであろう
8時間労働に関して 忙しいという理由でさもありなん 拒否権ほぼなしで
それオーバーの仕事させられるなら 別に続ける意味はないかなって思います。

基本的に のっぴぃさん 別にこの稼ぎが無くてもそれなりに
自分で満足できる生活ができていたり QMA的な意味でも
宝石になれるんだ~  ってこと 理解してもいますので
正直 お金が入ってくるよりも 適度に自由時間が取れる方がうれしい。

でも 現実は自由時間が取れないどころか 自習の時間を
能動的に確保すること自体がなかなか難しいという現状がありますからね。

先日 バイト先の連絡ボードを確認してみたら
「テスト期間中でも本当に一日中休む必要がありますか?
そんなに長く勉強している人なんていないと思います」なんて書かれていました。

これ ボクにしてはなかなか侮辱的な言葉ですよね。
頭数が減るとシフトの融通が利きにくいから できるだけ働いてほしい。
そんなニュアンスは感じられたのですが 最後の一行は正直カチンとくる。

確か ボク一年のテスト期間なんか 休日だったとしても 周りが遊んでいたとしても
結構頑張って図書館に通ってみたりして ひたすら計算演習をやって
成績向上の努力は結構惜しまずにやっていたタイプの人ですからね。

自分自身の頭が 地がいい人ではないという自覚もありますので
この辺りはマジで頑張って日々の努力は続けている。

スポーツうまくなりたいから必死で練習しているのを見に来てもいないのに
散々いうだけ否定されまくった、そんな感覚に近い屈辱があります。

意味合いはわかりました。 でも 賛同はできませんし追随もしたくもありません。
――その意味合いでも ここは長くは持たないだろうなって再認識した次第です。

まぁ どっちにしろ 今月頭に「やめます」って書いた
お手紙出したので 今となってはもう 後付けもいいところなんですがね。

……なお この無駄に時間が長いシフトが組まれている背景に
ボクがこの手紙を出したからなのかという事実が組み込まれているかについては
まだ「ホントにやめるの?」みたいなことを言われたことから類推するに
「大きな影響はない」んじゃないかな?  って 思っています。

だとしたら この量ナチュラルに働かされる上に 土日はすべて返上。
平日学校休まずにあることを考えると プライベートにできる時間がアレということは
ボクのもともとの優先順位的ポリシーに著しく反していることも事実。

こちらとしては これ以上付き合う義理も何もないってのがやはり明らかでしょうwww



で こんな感じで休日返上で働く羽目にさせられたりしたならば
たとえ QMAとかゲームセンター系統の話題でかなり面白いことになっていても
まったくもって遊びに行く時間が作れないのはよくあることです。

そっち方面でストレス解放ができないのであれば ボクは別の
ストレス解法を探すのに躍起になるのは まぁ よくあることですよね。

たとえば なんか食べ物話題で考えてみようとか思ってみたり
または アルコール系統ですべてを忘れようって魂胆の発想してみるとか。

一応 法令順守的な意味で20歳になるまでは酒は一滴も飲まないという
鉄の心で切り抜けてきたのっぴぃさん。 ここ最近は20歳も越えて
後ろめたく酒のむ必要もないということで 入り浸ることもないですが
たまには買いに行きましょうか~  みたいなことはやっています。

まぁ 同じ法令準拠でも 意地でもサックス担いでやってきている身として
「タバコ」に関しては これからもやらないで行こうと誓っている今日この頃。
――なんとなく 意地でもこの注釈はつけておかないといけない気がしたので。

で 主に バイトがアレだった日に限定して飲む。 そんな感覚です。
普通のバイトの日には ゼリーみたいな甘味って形で使い分けていますがね。

まぁ これに関してはこれ以上膨らませようがありませんのでこの辺りにするとして。

最近 主につながり方はQMAだったりするのですが
学部でつるむのと別にサークル的なノリでつるむことができる
仲間ができました。 結構気軽なノリで会えるのでかなりうれしいです。

彼らのことは おちおち話すこともあるかもしれませんが
まぁ 今回は結果論だけ書くにしても その折でいろいろと今まで
さみしい空気を醸し出しながらぽつんとやっているのとは
いろいろと生活の意味合いというか なんというかが変わってきた感覚です。

ゲセン行った帰りとかにおごりおごられの食事してみたりね。
――人間関係的には 上下関係がゆるゆるだけど 本当にサークルみたいな感覚?

パーティ01パーティ02
と まぁ そんな身内の皆様でホームパーティなんかも
ちょこちょここれから やる機会増えてきそうな気もするですね~
――なんて 話も まぁ あったりするのですが あまり深く書くのもあれかしら?

取りあえず 金がアレなのっぴぃさんは調理担当ということで。

まぁ 今まで小中高でいろいろと経験してきたあの悪夢のルートに
今回こそは迷い込みたくないなって怖さが一部 あったりはするのですがね。

一応 かなりの頻度でつるんでいることと QMA関係でのつながりということで
今までもちょこちょこと書いた話もあったかもしれませんし
おそらく これからしばらくの間もこの日記の中で彼らとの
付き合いについては時々はかかわってくるのかもしれませんね。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/1669-3a65ed0d