年末年始旅行記⑯ Foods!

2013⁄07⁄21(日) 00:00
0301_20130512094711.jpg
ブダペストの市場で目にした光景。
見てすぐにわかる食肉屋さん。

なんか こんな感じでブタを売っているのって中国とかその辺くらいかな~?
――豚の丸焼きって言われて思いつくのも中国だし……  なんて
考えていたボクの考えが非常に甘かったのだと思い知った瞬間でした。

なんだかんだで 前回からヨーロッパ旅行勝手な自己満足シリーズは
取りあえず 食べたものでも上げてくか~  ということで
まぁ ある意味その場所っぽい物ってのを 最初に一通り流しつくして
最後に どんどんグダグダさせていきましょうと考えておりますので ヨロシクです。

――と 言う意味合いで考えてみたのだったら ブダの街では
なんか その場所のスーパーの食材がどうこうみたいなネタは
結構あったのですが 地方独特っぽい空気がする料理……という段になると
あまりネタがなかったな~  ってのが 帰ってからの感想だったり。

――と 言いつつ なんかこの辺の料理って何があったっけなんて考えてみると
簡単に思いつかない現実もあったりするから仕方ないのかなと開き直ってみる。
……だから QMAのヨーロッパ検定 あの時かなり苦戦したんだよ!!!

0401_20130512095134.jpg0402_20130512095134.jpg
まぁ そうとはいえども 同じような内陸国でおそらく気候も
割と近い(そもそも 同じドナウ沿い)ブラチスラバのレストラン
――と 言うか 居酒屋っぽい場所で食べたメニューでも上げておけば。

やっぱり この時期は冬ということで それっぽい「保存食」然とした
食材から作られるものが多いんじゃないかなって結論には達しますよね。
――って 意味では ある意味この二つの街を合わせて考えてくっついた結論。

やっぱり この辺りまで来たら 肉のソテー的なのを食べておかないと
……みたいな流れがあるのかもしれませんよね。 多分。

0403_20130512095133.jpg
あと ブラチスラバでは
ホットチョコレートもいただきました。
こちら ほとんど日本大使館前と
言える場所にありましてね。
……まぁ 日本大使館の真ん前は
寿司屋でしたが それもアリでしょう←

まぁ ここまで来ると 外はそれなりに冷えていますし これくらい
カロリー摂取しないとヤバいのかもしれませんが さすがに
外国人のボクからしてみると 甘ったるくてどうこうみたいな。

0501_20130512095248.jpg0502_20130512095133.jpg
ウィーンでは ちょうど正月にマッチしてしまったということもあり
地元の店がなかなか開いていないという悲劇に見舞われてたりしたのですが

……そもそも 「ドイツ料理はまずいから 自然とイタリア料理が増える」なんて
話がざらにあるようなゲルマン民族の料理館だったりするので
仮に そうでなかったとしても あまり食べることができなかったのかもしれませんが。

結果的に こちらで割と食べさせてもらったのが こんな風に
左がざっくばらんに言えばご飯も一緒に詰めたような感じのケバブみたいなの。
――まぁ 根っこがトルコ料理といったらわかりやすいでしょうか。

右側はラザニア。 詳しく言わなくてもイタリアのやつです。
やっぱり 地中海側に食の意味では憧れがあったりするのでしょうかねぇ??

0503_20130512095132.jpg
まぁ でも せっかくウィーンに来て
ウィンナーもポテトも食べられないのは
流石に残念だということで
意外とベニスに向かう電車の食堂車で
料金が安かったということもあり
こちらで昼食かねて食べさせてもらえましたよ。

ソーセージとポテト。 ――まぁ これで飽き足らないなら自分で行きますさ。

0601_20130512095451.jpg0605_20130512095424.jpg
で ベネチアでもそれなりにいただきましたが 大まかに言っちゃえば
ザ・イタリア料理。 ウィーンで食べるのと違って間違えた感は少ないよね。

0603_20130512095425.jpg
で イスタンブールではケバブを
片手に街歩きしていたようですが
その立ち位置で この辺では
ピザが売られていたというのがかなりの驚き。

――四分の一の大きさに
折りたたまれてこんな感じになってます。 ピザ。

宅配ピザとかって やたら高いイメージありますし ギャップ感じますね。

0604_20130512095425.jpg
あと 冬でも食べたいアイスシリーズその二。
ジェラート。
……せっかくイタリアに来たんだから

――って 妹のおさがりを処理してました。

0602_20130512095426.jpg
で 食べかけですいませんが やたら朝食が甘いのもイタリア流と。


・コメ返
>plataniteさん
う~ん。 これ ブログ開設した時からずっと続いている更新記録なんで
受験期間もなんだかんだで切り抜けましたし 今となっては
引くに引けないところまで来ている気がするんですよね~

――と 言うわけで 温かい言葉はありがたいのですが まぁ
本当に研究室が忙しくなるとかしない限りは頑張ってみようかな~  って 思います。





ずいぶん すべてを上げきるまでに時間かかってみたり
そもそも 数多かったりしている自分にとっての一生の思い出となろう
欧州旅行について 取りあえずハブ記事作りました。

――話についてこれないなどなどありましたらご利用ください

こちら

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/1660-2c3f0ce5