誕生日プライス~ハレの日とは

2013⁄03⁄23(土) 00:00
……なんか まともなテンションでここ最近の記事を見返してみると
なんか凹むのですが それってどんな意味合いの自爆なんでしょうね。

のっぴぃです。 なんか 酔っぱらっていた時のテンションと
深夜のテンションに関しては 後から後悔するというパターンが
非常に多く仕込まれているような気がする今日この頃です。
……正確に酔っぱらったことなんて前の一度ぽっきりだけどさ。

しかも 今のところは深夜のテンションの方が酔っ払いよりもたちが悪いという
セルフでウザったい現状になっているのですが さてさて。

と いうわけで 誕生日のお話続けます。 ……いい加減しつこいですが。
ネタがないというのもありますし。 ――まぁ ここ最近は
この流れで 前の記事の反省会を執り行うというのが恒例になっていますね。

結局 昨日の書いていた内容に関しては酔っぱらったノリでそのまま
書いていた感じなのですが まぁ 思ったより影響は大きくはなかった。

千鳥足みたいなことにもならなかっただけまだよかったと思います。
正確に言うならば「これは飲みすぎた、ヤバい」みたいな
現状を知らないだけなのかもしれませんが まぁ これはこれで。

ただ 無茶してバカのみみたいなことはしたくないということで
基本的にソフトドリンク構成っていう意味では徹底していけたらな……
……とか 思っているのですが まぁ そこは空気読みながら。

酒は毒にもなるということを自覚しつつたしなみたいと思いますね。
……そして 初めてのアルコール 結構いい場所でいただけてよかったですよ。
――でも まだ ぶどうジュースの方がありがたい子供の舌だけどもね。

なんか ブログ記事って意味合いでは非常に書きにくいものではありましたが
単純に自分の思い出って意味合いで考えてみるのだったら
十分に 強く印象に残ったのではないかと思います。 ……ってこと
昨日の内容ではたして書いていたのか不安になったので書き足しておきます。

その前の話は ぶっちゃけて 時間が来てアップされて
記事をその場のノリで作って以来見返してみた流れになりますが
正直 机の角に頭を打ちつけたくなったレベルでしたね。

……なんで あんなこと書いたのか自分でも全く分かりません。

改めて書きますが 深夜のテンションで「うへーい」ってなった時ほど
ボクの精神力が尽きているのを自覚することはないでしょう。

……結構 自分の内なる狂気を精神力で押さえつけている自覚があるボクですから
それが(単純にお疲れという理由で)弱くなっている深夜
若干 よくわからないベクトルで歯止めがかからなくなることがあるみたいですね。

――まぁ これに関しては今後もぼちぼち垂れ流してしまって
あとで 角に血痕が残った机が神戸に一台生まれる日があるかもしれませんが
……生暖かい目で見守っていただけるとありがたいです。
重症になっていたら救急車くらいは考えた方がいいかもしれませんがね←

でも 誕生日当日に書いていた原稿(時間ごとに逐一なんか書いてたやつ)
に関しては まぁ 日程がずれていることを気にしなければ
あれはあれで 結構ブログらしい気もするから 個人的には何も言うことなし。

と いうか アレに関しては後から補足しちゃダメってレベルでしょ。さすがに。
……触る必要ないけど なんとなく流れで書きたくなりました。 はい。



――と ここ数日の話に関して一通り言い訳っぽいこと書きならべましたが
それ以前に やっぱりブログなんだから新しい内容も書き加えないとね
……と いうわけで 今度は従妹とかそのあたりに祝ってもらった話を軽く。

まぁ 叔母夫婦に関しては子供もいませんでしたし 結構大人な感じの
店でお酒をたしなむ~  みたいなお祝いをしてもらいましたが
従妹の方は まぁ あえてこう書いているからして 自分より年下。

単純に 方向性が違うというか そもそもお酒はアウトでしょって感じ。
――この年代の親戚だけで年齢序列考えてみたら ボク一番早いんですよね。

と いうわけで そちらの家の方々にもなんか お祝いしてもらいましたが
この時に連れて行ってもらえたのがバイキングの店。
――と いうか この家族全員並んでいるのを見るの 超久しぶりな気がする。

なんか 出会うたびに「やせた痩せた」言われているボクでも
基本的に「胃袋が小さくなったから」痩せたわけではなく
単純に ほかのものに投資したくなったから 食費を削って
そのものに投資しているってだけであって まぁ アレですよ。

――食べ放題させてもらえるなら 全力で楽しませてもらいますよ!!!

と いうわけで いつもならとりまくるであろう写真も思わず忘れて
がっつかせてもらいました。 ごっつぁんです。 腹いっぱい。

――もっと細かく書かせてもらうならば 「腹減った」の許容量が
かなり我慢できるようになった感じがあって だからこそ食べる量が減ったのか……
……みたいな見立てもできるのかもしれませんね。 後から補足。

まぁ 単純にそんな風に食べれたって意味合いでもありがたいのですが
基本 一人暮らしになってから友達付き合いも結構
限られてしまった感もあって ずっと一人で食事していた一年間。

結構コミュ障な部分もあったからか 合宿免許取りに行ったときも
群れている人たちからは一線を画していたボク的には
なんか「ワイワイ騒ぎながら食事をする」って言うのが
どこか 懐かしいようなそんな感覚にとらわれるんですよね。

背伸びして 「大人な感じの店でアルコール体験させてもらう」のも
なかなか思い出に残る誕生日だったような気がしますが
「ハレの日のようにしか行かないような部類の店でワイワイ騒いでみる」ってのも
今のボクにとってはかなり懐かしいものなんだなということを悟りました。

……まぁ これやるほんの十分くらい前までは普通に
アルバイトで汗水たらして頑張っていたみたいなことがあったのですがね。

……働いた分 燃料補給もできてバッチシだったと。 そんなとこです。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/1601-206e0315