爆☆睡

2012⁄11⁄28(水) 00:00
……そろそろ 久しぶりのキリ番の方が近くなってきていますので
個人的にはなんか久しぶりですが連絡喚起させてもらおうかと思います!!

一応→に設置しているカウンター30000番踏んだ方がいたならば
コメントなどで連絡いただけるとうれしいです!! ――主にボクが。

考えてみたら1000単位でキリ番宣言できなくなってからこの辺
なんかネタという意味では使えなくなった感が激しいんですよね~
――そういえば 前に20000番を宣言したのっていつになるんだっけな……。



とりあえず 先週記事作るのをサボっていたおかげでネタが枯渇気味なので
ここ最近の話を適当に綴ることで今日はごまかそうと思います。
――ネタ収集くらいは通常と同じペースで続けてもよかったような気もするのですが……

まぁ 三連休やってる最中にも確認してすでに書いたような気もするけど
あの時は散々「寝て曜日」やらせてもらいました。 ぐっすり休めました。

某日なんか堂々布団干してみたりもしていたのですが 気が付いたら
防寒用の着るナントカを有効利用して 部屋に置いてある座椅子と試行錯誤の末
なんだかんだで快適な睡眠空間を確保していたようでその執念に驚きました。

――まぁ 元をただせば自分の話なんだけどね←←←

ただ 改めてその時のことを思い返してみると なんかこんな風にぐっすり寝てたの
強調するとこの時が特別だったみたいに感じられますが 実はそうじゃないんじゃね?
……みたいな分析をしてみることもできないこともない……んじゃないかなってね。

つまり 日頃からボク 昼寝結構多いんじゃないかって新たな疑問。

まぁ 基本的にいろいろな意味でキャパオーバーになったときなんかは
気分一転!!  みたいな意味合い兼ねてガバッと昼寝にいそしむボクですが
大体平日も 大学から帰ってきたらその時間は睡眠に充てられることに気が付いたわけで。

しかも さらに考えてみたら昼寝に関しては比較的あっさり寝れるのに対して
夜 ガッツリ寝ないといけないタイミングではかなり寝つきが悪い気が……

……と なると堂々と生活リズムが崩れているような気もしないのですが←

ついでに言うなら なんだかんだ言いながらまだバイト始めていない勢として
この時間をどのようにとらえていけばいいのかよくわからないというのが
一種悩みどころなんじゃないかなって思っているわけですが……
※例のごとく オブザーバー・のっぴぃの自己分析なわけですが。

なお バイトを始めるに始められない理由というのがまたありまして
自分 今度の冬休みはほとんど家族旅行でこちらにいない状況が続くじゃないですか。
で この時期に動けないんだったら教える系のバイトができないのはわかりきっています。

最初は短期でもいいからとりあえず探して 後で何か教える感じのバイト含めて
しっかり考え直したいな~  とか 考えていたのですが どうも身の回りから
この辺の話聞いてみると レジ打ちですらそれなりの時期拘束されるみたいで。

まぁ そのあたりの躊躇を見せている間になかなかすすめられないバイト探し。
……みたいな背景です。 ――まぁ 仕方ないですよね。

なお 妹を教えているボクの姿を見た時の両親の反応は非常に上々で
結構親戚の間では「飯代だけで雇える家庭教師」みたいな認識があるとかないとか。
――電話で自慢されていたみたいです。 少し気恥ずかしい。



のっぴぃさんのやりなれていない冬支度について。
……まぁ 自分がやろうとしますとどっかしら詰めの甘い状況になりかねませんから
なんだかんだで母親の力を借りようとするマザコンの様子。

――まぁ 一例としてぶっちゃけますと自分で服とか考えるのも面倒くさいので
基本 私服のチョイスが母任せという事実があるわけですが←

先日支援物資が送られてきたのですがその内訳はといいますと
大方が長袖のTシャツ、上着、厚手の靴下など防寒具のようなものがメイン。
靴下とかは最近 擦り切れはじめていたので渡りに船といった感じでしょうか。

考えてみたら 今まで千葉に住んでいた時にはTシャツはほとんど半袖しか
使う機会がなかったわけですから この辺りは持前が少ないのもありましてね。
――でも ここ最近訴え続けているように今のボクは無理しちゃだめだと。

最近事実 地味な腹痛に悩まされる機会が増えてきた気もするのですが
これについては原因はなんなんでしょうかね。 今までずっと好んで食べていた
生野菜が原因だったりするのでしょうかね?? 加熱が甘いのでしょうか??

……まぁ そのほかにも食糧とかの支援物資もまぎれていましたしね~
なんか 大雑把に見るとクレアおばさんが非常に多かった感じがあります。
……まぁ 確かにボク ホワイトシチュー好きだけど……。
――とりあえず しっかり加熱したもの食べなさいってことですねわかります。

ただ こんな風にこまめにいろいろと送られてくるのはうれしいのですが
それをしまう場所までがうまく確保できていない点に関しては
ボクの管理能力不足なのか違う要因が混ざっているのか非常に気になるところです。

ところで この辺りの支援をいただくにあたってなんだかんだでマメに
実家と連絡取り合っているのですが ボクがいなくなったことで実家に生じた
食糧事情というのが結構在庫という意味では大きいことが明らかになりました。

実家のコメは秋にどこかからか大量に一度買いしているようなのですが
(↑細かいことはよくわからないけど 千葉県のナントカ制度がかかわるとか?)
ボクがいなくなったおかげでその減る量が相当遅くなったみたいです……

――結果 まだ実家には古米が相当残っているという愚痴を聞かされましたwww

まぁ その背景もあるのでしょうか。 ボクがはじめ米を買って
「米って意外と高いんだね~」みたいな話を母にしたときに
「これからは米が枯渇した時には連絡してくれ」みたいなことを言われまして。

――なんだかんだで 米が支援物資の一角になっているようです。
まぁ 自覚しているつもりですが結構勝ち組ですよね。 これ。

ただ 確かに米をご飯という形で食べる機会が個人的に少ない気がするのも事実で
実際 これ使うときには大体カレーとかその辺と組になって使われている気が……。
――一度 本気で自分の食事事情について研究してみたいと思う今日この頃。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/1486-804c9cde