忘れたころに02

2012⁄12⁄27(木) 06:00
200.jpg
……本日も 基本的には先日書いた
洞窟ネタでのコンセプトに沿った画像を
ただ垂れ流す

――いつもボクは
基本的に無駄に文章を書く傾向にありますが
最初の言い訳以外は
ほとんど文字を書かないという
真逆の事やってみようと。

理由も一応書きますと 旅先からインターネットにつないで
こちらの方を閲覧することが可能であるのか……はたまた
セキュリティ的意味でも なかなか心配な部分があるからして。

一応 名所……という目線で垂れ流すのだとしても 明らかに公式っぽいところの
二番煎じっぽいものになりますし 同じようなものを流さざるを得ませんが
一応「ボクがなんとなくワイルドっぽいと思った」視点で貼らせてもらおうと。



201_20121021223601.jpg202_20121021223601.jpg
203_20121021223600.jpg
この時期に書置きしているものは 基本的にはいつも以上に
何も意味をなさないと思っていただいても結構だと思います。

――とはいえ 受験期に残していた話は大方 大学に入ってしまえば
過去の産物になってしまうこともわかっていますし バランスが難しいですね。

ところで この辺の鍾乳洞はまぁ 漢字から見ても明らかに洞窟なのですが
個人的には 洞窟って言われて想像するものって 基本的に
相当狭いような印象があるじゃないですか。

――でも この辺の鍾乳洞って 結構広さもあるんですよね。
……昨日てっぺんで開けていた入り口の写真とかでもそんなイメージあるけど。



後は 鍾乳洞の形成的な意味を考えると この中に川が流れていることは
半ば当たり前のことなのですが 水が流れているように岩が流れている――
――そんな風なイメージが湧くような画像もそれなりにあったので これまたなんとなく。
204.jpg205_20121021223559.jpg
206_20121021223559.jpg207.jpg
208_20121021223756.jpg209_20121021223755.jpg
210_20121021223755.jpg211_20121021223754.jpg
画像サイズ合わせるくらいの配慮はやっておけばいいなと終わってから思いました。
――でも あまり時間とか労力とかが湧かなかったので このまま放置しました。

……A型とは思えないようなセリフを堂々とのたまうボクです。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/1446-27c6ad77