ノルマ

2012⁄08⁄31(金) 00:00
何?
さて 帰省のお話ですが 連日
だらだら過ごしまくっていたおかげで
期待していたほど記事ネタがない
――と いうか 現実的にいうならば
何もやっていない感じだったのですが
さすがにそれだけではまずいですよね。

……そんな風に自分でも
自覚したのかどうかは定かではないですが
とりあえず 帰省後半に関しては
それなりにやるべきことに「手を付けてはみた」
程度はやってみましたので
それについて少しばかり。

――ちなみに この写真は実家にいたわんこです。
これもこれで あまり話には触れていませんでしたが しばらくぶりなのに
かなり ボクにはなついてくれていまして。 少しありがたかったですwww

ただ 基本的に「お前、絶対に野生で生きていけないだろう」的
だらけっぷりを披露したりする点も そう 変わりないというかどうか。
ついでに なぜ犬小屋の屋根の上にいるのかも疑問点の一つです。



①部屋掃除。  ――結論から言うならば「ほとんど手つかず」
……と いうか 最後の方に手を付けてみたものの断念……と いったところ。

まぁ 本当はこの帰省の目的の一つに据えていたはずなのですが
基本的に 向こうについたら いろいろな気疲れからか
ほとんど怠惰な何もやらないモードに入ってしまったのが一番の要因。

せめて 部屋に積み上げられた段ボールの山解体くらいはした方がよかった
……のですが こう 部屋の整理は必要最低限でいいや~  みたいな
ダメ人間の思考が働きまして 結局ほとんどねwww

――ちなみに 状況説明的には ボクが実家からいなくなった後
母親がボクが使っていた無人になりそうな部屋を物色して
片っ端から段ボールに中身を詰める作業をやっていたようです。

まぁ ベッド下に雑誌を隠すような習慣そのほかをボクは身に着けていなかったので
別に 部屋を親に引っ掻き回されて困るようなことはほとんどなかったのですが
どこに何がある的な情報が全く働かなくなるのには困らされました。

あと こんな風に部屋をひっくり返したとはいえ「実際にゴミに出す」段階には
ボクの最終確認を噛んでほしかったようで 主にここが
ボクが帰って分類せよ ……みたいなミッションができる所以だったのですが。

確か この冬にはまともな実家で過ごす時間はなかったと思われるので
この先の作業は残念ながら 春以降……と いうことになりそうです。



教わる01教わる02
②お料理教室  ――これに関しては 動機もわかりやすく
下宿でもそれなりにおいしいものが食べたい。 おふくろの味が恋しい。

……と いうことで そのレシピを軽く学んでしまおう~
――みたいな感じです。 なんか 前半にはキッチン立たせてもらえませんでしたが
ある程度行動的になった後半戦は それなりに立たせてもらいました。

ただ これをやっている間に 母親自身がどのくらい
「ボクの下宿にはない装備」を使って料理をしていたのか考え始め
結果 今後は母親がボクの下宿に来た時にあるもので考えてくれる
……みたいな結果が出てきたこともあったのですが それはそう。

まぁ でも こちらで料理やっておくことで 少しスキルは上がるでしょ~
――みたいなテンションで それなりに作らせてもらったりしたわけですが。

これからは冷えてきますし それなりに煮物の需要も増えてきそうですし
基本的に イタリアンな感じの料理に手を付ける――と いうか
料理が面倒なときには パスタでさっと済ませることも多いので
この辺りのメニューバラエティが豊富になってくれたらうれしい感じです。

この時 ボクが母親の想像以上にみじん切りをしっかりやっていた(らしい)など
それなりに 料理のことはわきまえていてくれたみたいなので
もしかしたら 今後 いろいろと鍋的なのも充実してくるかもしれません。

――ちなみに この夏に鍋の補充一回目がやってきまして
イメージ的には中華鍋的な? 炒めることができる鍋を買い足してもらいました。

……一人暮らしってことで 最初に買ってもらったフライパンが結構小さくて
何かと苦労していたので これが届いたことで結構やりやすくなるのでは
――なんて期待しています。 フライパンを一回り大きくするのも考えようです。

――と いうか 別に一人暮らしだからと言って「見事に一人前」を
毎度毎度作るわけでもないですしその辺を考えるのだったら
それなりに普通のサイズの鍋とかを用意した方がいいのかもしれませんよね。

まぁ どっちにしても なべの手入れとかは結構粗雑になりそうなので
鉄製とかの結構手間がかかりそうな鍋は 今のところはお断りの方向で。
――この辺の身の程を考えてもらうものは要求しないといけませんよね。



家族にしろ友人にしろ 結構高い割合で向こうで顔を合わせた人に言われた言葉。
「結構痩せたね」 ――まぁ ここは褒め言葉ととるべきなのでしょうか??

……ただ 健康的にそれがすべていいことかと聞かれたら必ずしもそうではありません。
――で この痩せ方をいいとみるのか悪いとみるのかはいろいろと考え方があります。

少なくとも両親は 少しばかり危機感を抱いたようで
急きょ「デブエット」決行を告げてきた――みたいなことは 今までの内容でも
愚痴みたいな形で書いていたかもしれません。  とにかく食わされます。

背脂
なんか いつもはラーメン食わない人(妹)が
ラーメン屋に行ってラーメン注文。
母親の刺客なのか。 あんたは。

……ラーメン屋に行く、ってところから
結構その辺の無理やりな
ハードルのようなものが
出てきている気がしてたまりません。

しかも そのおかげで ラーメン1.5人前くらいは
食べさせられたのですがね。

……まぁ 同じようなタイミングでふと 思ったこともあります。
この 牛脂が振られたラーメン 実家に住んでいた時には結構好きだったのですが
先日食べた時には スープに浮かんでいた牛脂が食べにくいのなんのって。

なんか 思ったより「ギトギトなもの」への耐性が落ちているようです。
――この書き方って「老化」みたいなのが見えてきてなんか嫌。

――本当に これがただの杞憂であることを祈りたいのですがwww


・コメ返
>plataniteさん
今の段階では何も考えていません。 ……予算が無いので←
――と いうか 「免許取得→バイト→金貯めて購入」の流れと考えているので
この辺の話は 結構先の話になるような気がします。

おそらく ポケシフターも視野には入れるでしょうね~
……確かに この展開だったら今の電源がおぼつかないDSも残す方がよさそうな。

今まで……と いうか 実家周辺で遊ぶときには
割と適当に 縛りなしで通信対戦して遊ぶのが多かった感じの人間だったのですが
こう 環境ががらりと変わって ポケモン何やろうかな~  みたいなのを
目標を見失った感じ?  でも あるんですよね。

……記事内容で 結構あいまいな内容が多いのもそのためで(あと 知識不足)。
いろいろと参考になります。  ありがとうございました。

――性格・特性までは結構粘るのですが 個体値は粘り切れない性格の人間です←オイ

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/1391-06efb5ae