Astronomic

2012⁄06⁄08(金) 00:00
そういえば まだ 報告のようなことをしていませんでしたので手短に。
ジャズ研の方は入る入らない云々でいろいろとありましたが
とりあえず 天文研究会の方はすんなりと籍を入れることにしたのっぴぃさんです。

実際 今までもそれなりにお世話になっていますし(金環食の時とか)
割と 好意的に受け入れてもらえそうな空気がしているので
なんとか 自分の居場所を作れるだろうか……  と 思えたからということで。

まぁ あえて難を言うならば 出費がデカかったこと。
それと QMAのなんやかんやのおかげで ここ最近は懐が寒いです……。

まぁ これに関しては もう少しこと細かく書きそうな気もするのですが
これの納入しに行った日の活動内容は 予算案可決みたいな内容で
ぶっちゃけて この辺に書き込むような内容でもありませんでしたし
その後は 部室のお掃除大会で これまた 書くまでのことは少ない気が。

その後 飲み会みたいな話があったりしたのですが その辺に関してのことは
別口で書きかけている内容にそのまま直結していましたしで
この辺りではあまり 首を突っ込まないことにしようかと思います。

……まぁ ネタは決まっているけど 記事になるには時間がかかりそうってパターンで
「あの時言った」とは言わないようにしようと思いますが
前振りしたって言い切れないレベルの遅さになること覚悟の上です。



世間太陽
まぁ そんなうだうだ続けていてもあれですから この先は
こんな感じで メディア的にもいろいろと露出が多かった話題について。
――記事投稿の関係上 時期が若干遅れてすいませんでしたです。
※一応 ひどくならないように もともと書き置いてた記事を一個ずつずらしました←

とりあえず 朝のニュースの方でも結構本気で宣伝していた金星の太陽面通過。
……まぁ それなりに自然現象に興味ない人が見ても
あまり大きな感動があるのかどうか 少々気になるところなのですが……。

おそらく「せっかく あの時のために日食グラス買ったんでしょ??」
みたいな展開がなかったら NHKも大々的にこんなこと言わないのではないでしょうか。

ついでに ボクが引っ越してきた神戸の方は 明治時代にも
この現象が観察されていて その時に 測量の意味での文明開化の
足掛かりを作った出来事でもあったみたいですよ~

――と いうのも これを適切に観測・計算することで 地球と太陽の
正確な距離を測ったりとができるとか何とか。  まだ 詳しく勉強していませんが。
それができるということで 当時は 神戸(港が開かれていましたからね)では
世界各国の観測隊が列挙をなして訪れていたとか。  そんな歴史があるんですよね。

おかげで 神戸市内には それを記念した「ビーナスロード」とか言われている場所が?
……まぁ その辺まではボク まだ探検していないんですがね……。

天気
まぁ 何がともあれ 当日の天気は
なかなか上々でよかったですよ。

素では
ところで 技術も金も機材も
素でないボクがこの辺の画像を
撮ろうと思っても どう頑張っても
このくらいの出来が限界だということで。

出鼻から
前回の金環食の時もそうでしたが 太陽観測の方は
それなりの機材がそろっている研究会に
顔を出した方がいいんじゃね??
……と いうことで
顔出してきましたよ。  今回も。

今回は これを見た方も
思ったかと思いますが 太陽の上を
ゴミのような点がつつ~……っと
動いていくのが見えるか見えないか程度なので
肉眼で(グラスはいりますが)観察するのには
無理があるということで。

金星
まぁ いったん紙に投影した像を
観測するのは相当楽ですからね。

――とはいうものの 授業とか
いろいろありましたし その時間も長かったですから
自分の日食グラスも当然ながら
持参して授業受けていた次第でありますよ~




で それなりの知識がある人でも微妙な反応をしているのを
あちらこちらで見た金星に対して その二日前にあった月食の方は
メディアでも騒がれませんでしたよね。  グラス要らないし 観測相当楽なのに。

空
……とはいうものの 少なくとも
神戸からはこんな感じで
群青色に輝く雲しか見れなかったわけで。

意味がないような気がしなくもない。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/1305-abe3a430