節々が

2012⁄04⁄29(日) 00:00
いろいろと授業も本格的に始まってきまして。  ――みたいなことから。

まぁ 教養の範囲ということで 少なくとも一年の前期までは
体育の授業がボクの通っている理学部では必修として設置されているのですが
その辺の話でも書かせてもらいましょうか。  なんとなく。

まず 大学に入ったからなのか そのやることが非常によくわからん。
フットサルとかソフトボールはよくありがちですが ヨガなんかも混ざってましたし
ニュースポーツってなんですか??  みたいな よくわからないものも混ざっています。

まぁ そんな中からボクもとある分野を選択して履修しているわけなのですが
その内容 まぁ 一週目の感想を書かせてもらいますと
登校(別名:登山)よりも 明らかに汗をかかなかったのですが これでもいいのか??

そして リアルに この間の背景の音楽が「アニソン(ボサノヴァアレンジ?)」
だったのですが これもこれで 本当に大丈夫だったのでしょうか?????

※とはいえども ボクが危機として描くようなアニソンではなく
ジブリとか子供が嬉々としてテレビにかぶりつきそうなレパートリーでした。

……まぁ 月曜日から体力そんなにすり減らしたくないし これはこれでよかった
……とか 思った矢先 その翌日から数日間 腹や背中・尻らへんに
見事に筋肉痛を患うという事実でして これはこれで
あまり使ってこなかった筋肉を意外と 動かしていたんですね~

まぁ ボク自身は一浪している間に全く体動かさない時期がありましたし
そのことを考えれば これも一種 妥当といえば妥当なのかもですが。



そのほか ボクにとっては初めてのことということになるのかもですが
PCでレポート書いて提出~  みたいなこともやってみました。

授業内容と言っては 専門分野だったのですが。  まぁ つらいね。
授業内容についてのレポート(縛り→Wiki禁止)って内容だったのですが。

――ちなみに ボクにとっての専門分野というのは 地球惑星内容。
要するに 高校における「地学」の発展型ということになるのですが
相応に 物理や化学の知識が必要とされる分野なので 高校時代の頑張りは
そのまま これからのことに生かされる可能性が高いです。

自炊02自炊03
まぁ そんなこともあったりしたので この辺の食事というものは
一度頑張って煮込んで その後はそれに食事のたびに水を足して
準備時間を非常に短縮できる~  みたいなものが非常に便利で。

たとえば 休日のうちにカレーやらシチューやらを仕込んでおいて
この辺の宿題とかレポートとかが忙しいときにそれを消化する。
とりあえず まだ この辺のことが本格化はしていませんが
今後の生活スタイルの一つの形として研究余地はありそうです。

自炊01
まぁ それに関するものといえば
新歓とかが不定期に飛び込んでくると
本来用意してあったお惣菜が賞味期限切れたりしてきて
そのまま食べるのに どことなく
躊躇が生じることがあったりしてきてね。

そんなとき どんな食べ物を食べたらいいかとか考えることもやってみたり。
この場合は 食べる予定だったフライドポテトを小さくしてトマトとチーズを使って
グラタン風に焼いてみたのですが なかなかいけました。

予想以上。



ついでですが 個人的に飽き飽きしたことでも書こうと思います。
――こんな話が好きではない方は また明日 よろしくお願いします。





こう 表現があまりよろしくないかもしれませんが
ボクもさすがに聖人ではありませんし 人の好き嫌いなんかがあります。
――というか 選り好みというか その辺の基準が。

基本的に 小学生レベルのような「見てくれが悪いから~」
みたいなレベルではありませんが ボク個人的に あまりかかわりたくないというか
心から侮蔑したくなるような対象の人もいるわけで。

まぁ それがいったいどんな人なのかといいますと 一つの意見に対して
とにかく批判する。  まぁ ここまでは人間ですからよくあることです。

それに関して 深い考察もしようとしないまま。  そして 仮に
もし その要求が通されたとして その代案を出さないまま
その後 後先も考えないで代案すらも上げてこない五歳児レベルの
わがまましか言わないままの大人というものは ボク個人的には大嫌いです。

最近のとある自由民主党の総裁の話ではありませんが 批判の間に
自分の意見やら 自分だったらこの状況に対してこう考えている。

または それに関する背景知識――なぜ その人はこの結論に至ろうと考えたのか
これをやめさせるためには その問題を別方向から解決しないといけないわけで
それを自分の意見を達成させつつ どのように解決するのか――の案件を
立場相応に それなりに考えるべきだと思うのです。

まぁ 自分の中で思うまでならば 別に ボクの知ったことでもないですから
ボク自身もあまり ここまで言っておきながら この辺を察知しないで済むのですが
たとえば 授業の直前 その講義室にいきなり押しかけて騒ぎ出す輩には
ぶっちゃけて 辟易とか哀れとか さっさと帰れとかすら感じます。

彼らは大飯原発再稼働が許せないらしい。  野田首相はそれを動かそうとしている。
だから それに反対しているんだ。  ここまでは別にいいのですが。

それに対して 金とかインクとか電気とか結構使っていそうなビラを
明らかに興味を持っていない人たちにばらまいているという行動で
すでに その行動原理にぶれが見えているのは気のせいなのでしょうか。

そして そのビラを見たとしても「○○に反対!」「打倒野田政権!」
とかは書いてあるけど それに これを成し遂げるためにはどうすればいいのか。
――その辺の その団体の考えが全く見えてこないんですよね。

ディベートの座席に座る資格もないビラをばらまいて騒ぎ立てて
正直 恥ずかしくないのでしょうか。  心から残念な人たちだと思いますよ。

ついでに 代案その他はないのかと聞いてみたら「政府は聞き入れてくれないだろう」。
……本当に あなたたちの声が政治家に聞き届けられることはあるのかしら。
まず 騒ぎ立てる前に それが理論的にどうすれば大丈夫なのか
その先のことも考えてから神津するべきだと思いますよ。

曲がりなりにも 一つの計画を止めさせようと考えているのだから
その行動にも それなりの責任を果たすのが大人ってもんじゃないでしょうか。

個人的に そこから考えている意見が合う合わないではなく
その考えをどんなふうにどんな角度でとらえているか。
そこまで考えた人だからこそ 正当な批判ができるのだと思うのです。

考えがあまり現実に即していなかったとしても その人の努力がにじみ出てくるようならば
個人的には それも十分胸を張れる意見で 名一杯主張してもいいものだと思います。
――実際にそれができるかどうかはまた 別問題でしょうがね。


最近 それ以前の人が本当に多い気がします。

TOP

Comment

登校が登山…前の写真でも軽く見ましたけど、そんな感じなんですね…
自炊の食べ物が結構美味しそうに見えましたw
まさに大学生と言う感じですね。

批判する人(代案持たず)の行動力は変な方向に力が入りすぎていますよね。
「~は~だから、~だ。そういう点で、~は~するべきだ。」
と、筋道立てて理由を明確に述べる人はそういないというのは残念です。

これはダメだ。と言うだけの人は大抵理由を求めているだけだと思います。
理由が「~だから」と誰かが言えば便乗して意見するだけでしょうし。

長文失礼しました。
2012⁄04⁄29(日) 23:34 |

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/1261-e6ddecc7