ファイナル!①

2012⁄01⁄26(木) 00:00
さて 今季最後――かもしれない授業記録でも揚げておきますか。
……一体どこまでが授業記録と言うくくりにあたるのかの判断が
地味に難しい部分があるようでね。  まぁ 深いことは気にしないで行こう。

センターが始まるちょっと前らへんから実はあったらしい「ファイナル」講座。
主には記述(二次・私大)を意識した構成になっていましたが
センター前にやっていた数学の講座では それに向けた話とかも聴けました。

……で 授業内容に関してですが まず 全体的には「予習がキツイ」と。
……いや 問題が難しいとかそっち系統じゃなくて 普通に「量が多い」と。

いつもは(通期講座・書き・冬期講習含めて)90分授業が一コマで
その日すべての物事が終了するような感じなのですが
これらに限っては 一日に90分二コマやるということで。
……単純に 今まで×二倍の量の演習量があったわけで。

それをこなしたうえで 自分がここにやらなきゃいけない課題
――センター過去問やら それが終わったあとは通期講座の復習
自分で買って持っている問題集 過去問研究など――に取り組み
そして 復習する~  みたいな自体に陥っていたわけで。

いや~  流石に かなり時間かかりますね。  面倒くさい。
――まぁ でも「最後の調整」と言う意味では良かったのかと思いますよ。
……何にしろ「まともに私立を受けられない」→調整の機会が乏しい  わけで。

このへんの講座やりながら 照準合わせておかないと
また ここに舞い戻ることが確実みたいなことになりかねないですもの。
――そして これを決めた時 一体ボクはどんなテンションだったのでしょうかね~

……ちょっとばかり 気になるところがありますが。
なにせ  講座の申込用紙提出させられたのは 10月でしたからね~
……今から見返してみると 以外と近いようで遠いようで……。



・ファイナル数学ⅠAⅡB
もう こちらの方もいろいろと重なっておりますので
「ファイナル講座」と言うくくりで 語るものは語ってしまおうとおもいます。
てな訳で なんだかんだで時期は戻しまして センター直前期。
上でも書いたように 先生の言葉の端に「センター」の文字が躍っていましたね。

一応 ボクの記憶の中では通期講座でもどこでもお世話になっていない……
……あえて言うのなら「春期講習(←大昔だ!!)」の行列の講座で
なんだか 見たことがあるようなないような……。  みたいな感じ。

まぁ しばしば良い意味の評判は聴いていたのですが
確かに キャパシティはかなり高いものがあるような気がしますね。
確実に「ハズレの先生」と言う意味では使わない先生ですかね。

……でも なんだか ボクの性にはあわないきがしまして。  うん。
――とはいえども 学べるところはかなりありましたから
その「盗める部分」に関しては 積極的に盗んでいこうかと思います。

余談ですが ボクの論としては このへんの予備校講師って体分すると
「定理とか基礎的な事をみっちりたたき込む」のと「テクニック重視」の人がいて
基本的に 特に初心者とか苦手な人にとっては前者が人気で
後者は 人によりますが「あたりはずれが大きい」デメリットがあるような気がします。

まぁ その辺は人それぞれでしょうから 何も言わないとしても
後者にはもう一つ 個人的視点からですが「俺様タイプ」みたいな
共通点があるような気がするのは気のせいではない……かもしれませんね。

で いろいろといじめられ続けていた(と思っている)人であるボクとしては
何処か その辺の記憶をくすぐってくるこのようなタイプの人に嫌悪感
→とりあえず 嫌っておくか。  みたいな流れになっているのではと。

――まぁ 別の人(とある文系教師)では 理系相手に喋ろうと
その辺を持ち出して見事に自爆していたり 目も当てられないこともあったりしますが。
……あれ??  よく考えたら ここで書くべき内容があまり無い???

ひとまず 初日(つまり 最初二つの授業分)に センター直前講座の
時間割表といろいろな物が混ざった挙句「テキストを忘れる」という
かなり抜けていること――そして この時期にやっていいのかわからないような
致命的ミス――を やらかしたりしましたということは つけたしておこう。

……そして ここで言われた「計算の工夫」についてボクが実践できたかについては
まぁ 別の機会で書いただろうし そんなことにしておきましょうか。

・ファイナル数学ⅢC
これまた ボクの見覚えのない先生……だったうえに
とにかく 何をどう書けばいいのか印象に薄かった感じでして
今 ボクは その授業を終わらせた翌日に書いているのですが
その時点ですでに 記憶の漏れがある塩梅でありまして……。

とりあえず 先生がとある問題で計算ミスして
けれども なんだか 最後の数字だけはあっていたようで
その結果 授業がかなり 迷走していた事くらいしか記憶にない←

――まぁ それにかかわらず なんだか 授業のテンポが
あまり よろしくなかったような気がする……  ってのも
一種 記憶が薄いような原因にもなるのかしら~  って 冷静に分析。

まぁ 講師とはいえ この場合人は人ですから やっぱり
受験会場に行って日ごろの成果を確認するのはボクですから
そのボクが この講座においてどのくらいできたのかと言いますと……

……計算力のとてつもない低さと 計算の工夫のなさが
こう 形容しがたい残念さを醸し出しているような塩梅でございまして。

残り一ヶ月でどこまで踏ん張れるのか 正直わかりませんが
数学 ボクの高校入試直前期の記憶も頼りにしながら行きますと
爆発的に伸びてくれる時 その兆候は全くありませんからね。
……上手い具合に来てくれることを祈りながら行く事にしましょうか。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/1166-f6586556