完成シリーズ終了!②

2011⁄11⁄21(月) 00:00
予備校・完成シリーズ授業考察(ただし なんだか中途半端なタイミングだから
とりあえず 勉強方面に基本絞って書きたいな~)企画第二段です。
前回には 水曜日だけ書かせてもらいましたので 今後は木曜日分から。

ひとまず 完成シリーズは9月1日(確か木)から始まったということで
正規にはここで区切りが入るような気もするのですが まぁ なんだかんだで
授業が定期的に休みになる~  みたいな状況から こんな形になったよう。

今日は 前回書いたような 予防接種みたいな脇道ネタにそれるつもりは無いので
書ける物からサラッと書いていけたらいいかな~  とか 思ってみたり。



11月17日(木)

・一時間目:理系数学演習
個人的に 一番尊敬している先生がやっている授業。  超人気。
いわゆる「人気講師」の内の一人なのではないでしょうかね??

そして 全ての内容について この先生がふれてくれるので
この意味では 全体的に考えれば 結構勝ち組みなのかもしれないなと。

――数字でナンバリング打っている授業は 一つの内容を割合細かく見てくれますが
この講座の場合 全体的に広く浅く。  先生との相性が合わなかった時の
救済措置のような感覚だと ボク個人的には思っています。

この日にも 予習で頑張っていた問題を 先生がさらりと解いてしまう
先生の解法とかを見ていると なんだかんだでほれぼれとするんですがね。
……正直に それが終わって復習するときに なるほどと納得するとともに
なんだか 悲しい空気が漂うのは 多分 深く気にしたら負けなんだろうな。

この先 これらの技その他を しっかり吸収して行かないと!!


・二時間目:長文読解総合演習
ラストの授業でやらかしました。  ――何をやらかしたってテキスト間違えました。
なんだかんだで 一学期に使っていたテキストを 当日もって行ってしまったわけで。

しかも テキストをコピーする段では気がつかないで 授業に入って
「あれ??  何かが様子おかしいぞ??」って 感じるまで
何ら 違和感を感じなかったというから もう なんといっていいのやら……。

ひとまず 疲れがたまっていますね。  ちょっと あれですね。

てな訳で なんだか 普通の感想文っぽいの書けない気がするけど
また 約二週間後に同じようなテーマで予備校の記事連発するだろうからその時で良いか。


・五時間目:自然科学系小論文
最終日ですが まぁ この長文読解が終わったあとからこの授業が始まるまでの間に
ちょっとした用事で 病院行ってたりしたので(頑張れば ここの間で
5時間近く 間があくことになります。  こんな用事が無ければ 基本自習時間ですが。)
結構 時間的にピンチだったりしたこともあるのですがね。  うん。

この後の講座の方でも 先生がいわくことには そこまで状況は変わらないようで。
だから 今日特筆して何科書く必要は無いのかもしれないな。

ただ 英語の文章が上手く読み取れなかったわけで この日に提出すべきだった
論文が提出できなかったということは 一つ 反省点と言えるかも。
――てか なんだかんだで 英文読めないと いろいろとキツイよね!!!


11月18日(金)
・一時間目:現代文(理系)
元からテストゼミ。  だから 今特筆することは。
――とりあえず 完成シリーズにも論説一本と小説一本が飛んでくるそうな。
……しっかり 来週の為の宿題も出ているし。  ホント 何も区切りなし。

・二時間目:数学①
いわゆる 確率とか整数問題とかその辺の問題。  基礎中の基礎。
……ただ 先生の方針に従っていたら 只今 やっと第9講の授業が終わったとこ。

――全部で11講あって 残り テスト演習が二週間だから 単純に考えれば
テスト演習することは無く 最後までしっかりと授業やる感じ。

知り合いに話降ってみたら「遅ッ!!」って 反応でしたが
まぁ たまには こんな事もあっていいんじゃないかな~  って 気も。
――とりあえず だからといって テストゼミの問題を配らないことは無いだろうし
その問題の使い方も また いろいろと面倒な気もするけどね~

ただ とりあえず 先日 先生がぶっ壊れたのが響いたのかもしれない。
――あの時 トリガー引いたのボクだったけれども……大丈夫……だよね???
とりあえず この後日談は また 状況が分かってから書くかもしれません。

・四時間目:化学②
いわゆる 有機化学。  できるところはできるけど できない所はできない分野。
ちなみに 第一志望については 出る時には 化学の半分がこれだったりする。
……だから 決して 気は抜けない分野だとボクは思っている。

――具体的に書きますと 有機化合物の系統分離なんかは 現役時代に
いろいろと積み重ねてきた杵柄(使用なう)で ある程度対応できるけど
一学期に全く触れてこなかった たんぱく質とかその辺が微妙。
――てか あの辺になってくると いろいろと暗記できているかの要素も大きいし。

とりあえず 検出反応の細かい実験操作その他を確認しなければ。
……と 前回のプレ模試で 無機化学にも鈍い光があたっていたので
これもこれで 後で どうにかしないといけない部類になるんだろうな~  って。

ちなみに このへんで かなり癖の悪い睡魔が襲ってきましてね。
――この授業 必死で戦いながら受けていました。  負けなかったよ!!!
……まぁ 30秒くらい意識飛んだ事もあったかもしれませんが
話の内容と板書にはついてこれるような程度だった。  うん。  ギリセーフ。

・五時間目:センター試験対策地理B
元々 地歴という科目は やることが非常に多いらしく
最初っから テキストの方も諦めて 講数の方も割と多く……
……まだ テキストが半ばでも 許される程度にはなっています。

――と 言うわけで さっき数学①の時には終わっていない的表現でしたが
今度の場合 要するには 終わってなくて当たり前というベクトルでござい。

……とはいえども なんだかんだで 授業が一個分堂々と遅れているのですが
下手したら また 補講とかやってきかねない気がするのは気のせいでしょうか。
……まぁ 深いこと 考えないようにしようか。  考えるだけ無駄だ。



――と 言うわけで この企画はまだまだ続きます~  なにせ 頭の整理ですから。


・コメ返
>第4のペロリンガさん
さっき気が付いたのですが もしかしたら今までのコメ辺のフォームで
「濁音」と「半濁音」間違えて表記していたかもです。  すいません。

正直に ボク このゲームは友達がやっているところを
脇からちらーりとしかみたこと無いんで まぁ 第一印象というか
ちょっと 思い込みしている感も強いかもしれませんね。  すいませんです。

まぁ クイズ形式がどうとかそんな気にしたことは無いのですが
何となく 身の回りに 人口規模の割にはQMAの台数が結構置いてある(気がする)
場所に住んでいるからなのか ちょっと 見劣り感が個人的にする気がします。

――と 言うのか 民放のクイズ番組あまりみた記憶が……←
それはさておき アバター動き変わったりするんですか~
――知りませんでした……。  ちょっと 見直す必要あるかもですね~

一応 QMAの問題の中でちらほらとお見受けする物はありますが
実際に それを見た覚えが無いのは ボクも同感です。
……だからこそ この二つでシェア争いって書いても 特に問題ないのかもですね。

TOP

Comment

Trackback

http://kinoppyy.blog47.fc2.com/tb.php/1099-dd59c181