"おサボり"

2020⁄05⁄17(日) 00:00
このコロナ渦の中ではやっている――というか オフィスワークの間の中では
常識となってきているテレワーク。

ただ SNSとかで流れている話題とかを見ていると
周囲からの目がない分最低限のことだけやっているように見せて
残りは只にいそしむ、なんて勤務スタイルの人がいるとかいないとか。

一か月ほど前、だったかしら? とある劇団さんがテレワーク演目として
「メンバーの皆が皆サボりに徹したテレビ会議」なるものをあげておられましたが
本当にそのような態度を決めている人、いらっしゃるのでしょうかね?

――まぁ 基本真面目人間であり ここ最近の業務を振り返りながら
「自分が思った以上に不器用」ということを実感しているのっぴぃさんの
個人的な常識間隔に基づいてみるならば あくまでもネタ、とは思うのですが

まぁ 私としては仕事中にやたら気持ちが落ち込んだ時に
音楽聞きながら作業をやってみる、程度ですね。
「テレワークだからオフィスではできないことをやってみよう」と思う限度。

ちなみにのっぴぃさん、今月のテレワークの状況についてですが
やたら要領が悪いのか はたまた仕事の受け取り方が悪いのか
最近12時間以上業務に持っていかれる、ということをざらに繰り返しております。

やってもやっても業務が終わらない、というか
自分の背丈にあった仕事量のみを吸い込むことができないというか。

もしくは 予想外に業務が詰まってしまったりして
結果的に宣告通りの時間に仕事を終わらせることができなかったりとか。

まぁ 通勤に使う往復分約2時間のタイムロスがないだけ
またメンタル的にどうにかなっている部分ではありますが
ゴリゴリと残業時間だけが増えていく現状に戸惑いを隠すことができません。

何なら 前の三月から今月までの三時間、それまでの業務と比べ
急に仕事量が増加した、ということもあり
地味に来年の税金が重くのしかかってくるんじゃないか、と
地味に戦々恐々している部分であります。

そして 極め付きは仕事内容が楽しくない。 そして興味もみじんもないという現状。

まぁ 楽しい仕事はない、といわれればそれまでなのですが何とかならないものかと
今日も天を仰ぐ、そんな日常です。

TOP