ワクシング

2020⁄05⁄07(木) 00:00
少し回想するは三月。 芋けんぴもご購入したのっぴぃさん。
――まぁ 有休を使って強引に休みを開けたはいいものの
その翌週の三連休は休日出勤も含めた形になっておりました。

――本来はその三連休には実家に帰り 結果的にこのGWに
引き渡すことになっていたお土産もろもろを私に行く予定だったのですが
それが叶わぬ夢に散った……などというお話がありました。

実のところ その帰省の時にできればやりたかったこと、
というのがもう一つありまして 今回はそれについてのお話を。

で やりたかったこと、というのは「スキー板の手入れ」。

遊んだものは片づける、痛まないようにメンテナンスをする、
というのは 人によっては子供のころからしっかりしつけられているのでしょうが
私はどうも その手のことがずぼらになりがちな人間で。

実際のところ 前のシーズンはこのあたりちょっと適当になってしまった、
という反省がありました。

さすがにそれはまずかったかな?  問われながら反省するところもあり
今回のシーズン終わりのスキー板は まぁほどほどにはお手入れすることにしました。

で そのお手入れ、というのもいろいろとありまして
例えば本気で板にワックスをかけようと思ったときには
少なくとも家の中ではやれない代物となっております。

しかも フローリングならば まぁ普通であれば新聞紙なり引けば
ギリギリできなくはないかな、と思えるレベルではあるのですが
あいにく今私が住んでいる部屋は絨毯掛け。

ついでに 周囲には集めたオタクグッズが所狭しと並べられていて
どうにもこのワックスがけ、そして それを溶かすためのアイロンを
自由に振れるような場所が思い当たらなかったんですよね。

――というわけで ここでそれなりに外作業ができそうな実家が出てくるわけです。

まぁ 素人のワクシングに関してはどや顔して語ることは何もないのですが。

それなりに頭の片隅に抱えていた「やることリスト」というものが片付いて
ちょっと落ち着いた側面、というのはあるのかもしれません。

TOP