結局はサボります

2020⁄04⁄30(木) 00:00
外食01
結局「昼休みに料理をすると短い休み時間が溶けてなくなるから面倒くさくてやってられない」
という意見に負けて散歩がてら外食をする機会が結局そこまで減らなかったのっぴぃさん。

――まぁ その分何か作り置きしておけ、という意見が聞こえないでもないのですが
例えば 味付き肉のちょうどいいサイズを一番近くのスーパーで売られていないなど
地味にやりづらい部分が多くある現実。 なんかまだ このあたりの
しっくりくる自炊ライフ(社会人編)が確立しきれていない感がある今日この頃です。

というわけで なんか 食べ物の写真だけで乗り切ろうとする記事シリーズを
今月も適当に投下していこうと考えております。 はい。



外食02外食03
とりあえず 困った時の松屋先生。
今月のちょっと特筆しておきたい皿はこんな感じでしょうか。

――一昔前にかなりうまい、と病みつきになっていたごろごろチキンカレーと
要するに牛丼頭のどっさり盛り、お肉たっぷりグルメセット。

なんとなく 企画する社員の方々も試食とか含めた作業ができなくて
結果的にすぐに調達できる具材でできる料理でありなおかつ
過去めっちゃはやったメニューは何があるか、ということを
考えながら企画メニューを考案しているのではないか、と思えるようなラインナップ。

――まぁ このコロナのご時世、そんな空気が漂ってしまうのも
内心しょうがないような気がするんですけれどもね……

まぁ 前者についてはなかなかうまい、と文句はないのですが。

後者はお米あってこその肉の味付けなんでしょうね――要するに、めっちゃ濃い。
まぁ 記念に食べるくらいならちょうどいいんじゃないかなって思います。



そういえば 松屋も含めたいろんなチェーン店、
普通の営業時刻からは大分早い時間帯にお店を閉めるようになりましたよね。

もしくは テイクアウト限定にしてしまう、みたいな流れが
マクドナルドなどを皮切りに出てきていると聞きます。

なんというか そこで働く人のことを考えると妥当だとは思うのですが
なんかまどろっこしい、というか 言葉にならないもやもやが
溜まることがあるこれは 現在の便利すぎるサービスに甘え切っているのかな。

なんか 考えることも多いと感じる今日この頃です。

TOP

”世捨て人”

2020⁄04⁄29(水) 00:00
なんか、だれからも心的距離をあけながら今日も今日とて粛々と
世捨て人のような生活に向かって邁進している気がしてきているのっぴぃです。

しかも あらかじめお断りを入れさせていただきますと これから書く内容は
「のっぴぃさんの中にいる【オブザーバー】的な人格が書いているもので
実際の行動にその反省を生かそうという意思がほとんどない」とという現状です。



……なんか 自分の基本的な行動原理を考えてみたときに
根本的に自分の行動や気持ちを誰かと共有しよう、という意識が
極端に低いんじゃないか、という気がして仕方がない今日この頃です。

このブログだって――少なくとも数年前、まだSNSに人がいなくて
誰かに見られている、という意識を持っていた間ならば――私もさすがに
「誰かが見たときに話を分かってもらえるかな?」と
記事原稿を作るときに一瞬なりとも考えて……いたかも知れません。

でも (自分でこう言い切るのもなんか変な話ですが)
ここ最近の私にはこの傾向が全くといっていいほどない。

独りよがり万歳、自己満足大歓迎。
他人に口出しされないことそのものを楽しんでいるとすら思えます。

……どうしてそうなっているのか、これが何かの反動であるならば
ここ最近の生活の中で「抑圧」されているものが何かあるのか、
と考えてみたときに……ちょっと、仕事関連の動きの中で
その気の出来事があったりなかったりするな~という自覚がうっすらありはするのですが。

ただ その反動として「世捨て人化」しているというのは
自分の言動を客観的に考えてみたときにいい話ではないな~  って思うわけですよ。



ただ、人間よくありがちな話、と聞いたことがあるのですが
目標を立てる時に「否定文」を用意すると対外上手くいかない、という話があります。

今回の場合自分が今やらかしている「世捨て人化する」という現象を
何とか是正するために何とか前向きな目標と立てられないかと
考えてみたりしているのですが それが習慣つかない間に
三日坊主になってしまう、ということが頻発していて困っています。

さらには最近はコロナによる外出機会の減少でその傾向に拍車がかかっているとか。

――うーん、他人事、という自覚はありますが どのようにすればいいんでしょうね。

TOP

ローカル・キャッシュ・フロー

2020⁄04⁄28(火) 00:00
ちょっぴり自己申告するような感じで。
――ちょっと自分の財政管理甘すぎやしないか? という記録。

しばしば自分の余計な出費がないか、と考えて家計簿をつけている人
いるんじゃないかと思います。 私も家計簿アプリは利用していて
クレジットカードの利用額なんかはちまちまチェックしています。

基本的に私はスーパーの買い物なども基本クレジットですし
チェーン店でランチするときもクレジットや電子マネーをなるだけ通していて
それこそ キャッシュオンリーの店でしかキャッシュを使わない類の人間でした。

……まぁ そんなこともあり キャッシュ払いのレシートチェックや
財布残高が計算値とあっているかどうかというチェックが軒並み荒いらしく。

今月頭にアプリの中にたまっていた財布残高と
実際の財布残高の間に大きな溝があって大きく落胆したものです。

一応、今までの認識ではこの時に出てくる「使途不明金」として計上されるものは
大体「コミケではっちゃけ過ぎたときのお値段」という認識だったのですが
この場合は――これもこれでどうかと思うのですが――前残高合わせをした記憶があるのは
年始だったはず、ということを考えると、ね。

この間はコロナ自粛とかを抜きとしても同人誌即売会みたいなのは
特に行っていなかったわけですから 大方レシートチェックする間はあったはずだし。

なんというか この時「消えた〇万円の謎」みたいな気分に一瞬なったのですが
まぁ 大方この時自分でキャッシュを無自覚に使っているというオチになるわけですからね。

――さすがにちと、考え改めた方がいいでしょうね。

さて この大きな残金の違いを生み出すだろう契機があったとしたらこんな感じかな。
・レシートをなくした、記録前に捨てた
 →クレジット明細と紛れさせて残高計上する前に捨てちゃったとかいうパターン
・旅行行ったときにまれによくあるキャッシュフローを追い切れていない
 -旅行好きののっぴぃさん。機会は大いにあるはず
 -一応意識してレシートくれない店入った後はその時の記帳しているつもりなんだけどね
 -この間あった旅行イベントといえば「スキー」「四国一周」が大きいか
・端的に財布ご開帳頻度が長すぎる

……みたいなところかな。 まぁ アプリ側が計算値とかデータ管理ががばがばとか
そんな可能性もありそうなんだけど。 ――特に銀行からキャッシュ卸したときとか
戻したときの出所が違う、だとかね。

まぁ このまま穴が開いた桶のような金の使い方していたら溜まる金もたまらんわな。
――なかなかに反省していかないと。

TOP

青写真

2020⁄04⁄27(月) 00:00
33_20200427003614277.jpg34_202004270036164cd.jpg
ある種のばくちのようなものではあるのですが 先日あげたような
青写真をもって動物園設計を実施しているからには
ちょっとそれっぽい雰囲気づくりをあらかじめ用意しておくのもまぁ 悪くないかなと。

そんなわけで 「オセアニアっぽい場所づくり」と題しまして
ほかのエリアと水で隔てたというだけの簡易オーストラリア(雑)を用意いたしました。

できるならば この中にカンガルーとかを展示してあげたいですね。

ここを渡している木の桟橋のような通路は自分的にも気に入った部分です。

もしも「オセアニアパック」とかいう名前で オーストラリアにこだわらない領域から
動物が収集されたとしても まぁ 近くにいくつかある
空き地に入れてしまえば問題はないでしょう、たぶん。

――例えば ジャングルとの間にキーウィを入れてみる、とかね。

35_20200427003617ca8.jpg
中途半端にラマを一種類だけ今回のDLCで投入されてしまったおかげで
彼らをどこに配置すればいいのか完全に戸惑っている私。

せっかくだったらカピバラとかも加えて ある程度は様になる
アンデスエリアみたいなのができてくれたらな、という願望はあるのですが。

とりあえず ラマの生息エリアをそれっぽく作ってみたのと
その隣に――いつかコンドルを引っ張ってくるつもりででかい大穴を明けておきました。

なんか ここいらに金網で覆って 適度に止まり木を置いて
大きなケージとして猛禽類入れてみたい、みたいな願望で。

なんか 前にも書いたけど「ワシ」「フクロウ」みたいなのと合わせて
こうなったら鳥類パック、といった感じで実装してほしい感じありますからね。



29_20200427003611086.jpg30_202004270036135c5.jpg
なんか 微妙に行間が空いたので適当な画像を投下。
――アマゾンエリアの動物たち 基本的に悠々とあちらこちらを泳ぎ回っているのですが
その真ん中に「さも船のように」浮かんでいるボート型アトラクションのレールを見てみると
彼らがさも当然のように休憩している姿をよく見ます。

これを見ると もっと水面下に埋めるべきやろ、とかいろんな失敗パターンが
脳裏をよぎったりするのですが まぁ 深く考えてはいけないのでしょう、これは。

あと、動物の入った木箱を抱えてきれいに並ぶ清掃員たち。
――妙にツボったので合わせてあげてみます。 なんだこの光景。

TOP

始まりました、GW

2020⁄04⁄26(日) 00:00
このコロナの騒ぎの中で学校給食がなくなったおかげで
今巷では大量に乳が余るという事態が起こっているようです。

需要がないから絞らない、という選択肢は取りたくても取れないようで
その手の業界の方々が一本多く乳を買ってくれ、なんて
キャンペーンをやっているのを見ました。

まぁ 複数人の家族で一本多く乳を消費するのはまだできるかもですが
さすがに単身世帯でそれをやる、というのはなかなか難しいこともあり。

――まぁ ちょっと気が向いた時に、もしくは甘いものを食べたくなった時に
意識してヨーグルトとかプリンとか買ってみようかな、
みたいに考える程度ののっぴぃさんです。

まぁ このタイミングで実家に帰れば私の今までの挙動を見た
母親が大量の牛乳をストックしてくれそうなイメージがありますが。

――なぜかわかりませんが 妙に「千葉の牛乳」が大好きなのっぴぃさん。
今もそう云い張れるのかは若干自信がありませんが 少なくとも学生時代までは
ほぼ確実に「千葉の牛乳ソムリエ」を自称できそうな程度には
味の見分けができた、という自称です。



さて そんなわけで今年もニュースをつけましたら「GWが始まりました」などと
お話が聞こえてきてる昨今ではありますが――皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

特に 「帰省」という流れも今年は今年だけになかなか取りづらくはありますし
「行楽地へ」という動きはもってのほか、という世論もあります。
――十連休だった去年のGWとは似ても似つかない境遇ですね。

一部の件では「来県したことを後悔する」とまで言う演説があるとか。

まぁ 旅好きの身としてかなり物騒だな~  と思う反面
理由が理由だけに仕方がない、とある種達観せざるを得ないところもあります。

ついでに言えば 上での帰省を私も実施するか、という点でも
いろいろと悩みどころがあります。 いや、帰ること自体はいいんですよね。
割と 距離的にいつでも帰ることはできますから 別に今頑張って親に顔見せる意義はない。

ただ 最近日に日に弱ってきている、と聞かされる実家のわんこのことが
どうも頭をかすめて離れない私がいる、というのもまた事実で。

……そんな意味合いで このGWをどんなふうに過ごすのか悩む今日この頃です。

TOP

サンドボックスという名前の自己満足

2020⁄04⁄25(土) 00:00
27_20200427000838401.jpg28_2020042700083960a.jpg
なんか ずっと動物園の画像貼りながら「どこのエリアがどう」みたいなことを
書き綴っている割には その全体図をブログの上でまとめていなかった気がするので
せっかくなのでまとめ直してみましょうか。

とりあえず こちらが先日まとめてみました現在の動物園状況、
ついでに今の頭の中の青写真を雑に上書きしてみたのが隣の絵。

あちらこちらに妙な空き地がありますが この辺は「アップデートで動物が増えたら
そこに近そうな動物をあてがえるように」と用意した空き地なので
――そのようなことがなければ延々と空白状態になります。

というか 今のところは「このような空欄を明けていてよかった」と
思えるような機会が特になかったのでこの空き地を有効に使えるタイミングが
そもそも来るかどうかというのは 正直不明瞭となっております。

――とはいえ、今までのノリで「北極パック」「南米パック」のように
この先も地域ごとだけでDLCを用意し続けるのってネタ的につらいでしょうし
いつか「水族館パック」「バードパック」みたいな生息地というよりは
動物の特徴をくくりとしたものが用意される気がするんですよね。

――そのあたりを見込んでの場所どりをしている、というのもまぁ 事実で。

まぁ オセアニアをあらかじめあけてあるのはコアラとかカンガルーとか
露骨にいそうなのに実装されていないオーストラリアの動物が
大体やってくるだろうな~  という目星が付いているから、とりあえず開けておきました。

――まぁ シロクマの時のように法外の生息を要求されるような
ハチャメチャなことされたら困るのですが……さて、どうなることやら。

あと 海洋エリアとして開けている部分はぶっちゃけ今のところがらんどうとしていて
折を見てきそうな気もする「ヨーロッパの動物」あたりも
ここいらにいい場所を見つけてねじ込んでいくのかな、という感触があります。

フクロウとか狐とか、来てほしいじゃない?



31_20200427000841996.jpg32_20200427000842d32.jpg
さて 前に動物園作った後も 仕事が終わった後に
ちょくちょくと顔を出してみたりして 気が向いた時にでも気が向いたところを改造している最中であります。

例えば なんか地上にスタッフ用施設の波動が響いてきてやたらマイナス評価だった
各所に散らされていた発電設備などを地下室に移動してみたり。
――トナカイの飼育エリアの隣に小高い丘を作って展望台を作ってみたり。

……まぁ 展望台、用意してもなかなか使ってもらえないんですけれどもね。
――まぁ この辺はもう完全に自己満足ですよ。 はい。

TOP

七年目らしいですよ?

2020⁄04⁄24(金) 00:00
01_202004262318107b2.png02_202004262318113ef.png
はいどうも。 のっぴぃさんです。

先のアップデートで艦これ7周年、などと銘打って
いろいろと報酬のようなのをいただくことができました。
まぁ この品自体、というよりも なんだかんだでこの業界で
これだけ長い時間サービスを続けてもらっている、という点でありがたいものです。

03_20200426231813dc8.png05_20200426231814a7b.png
06_20200426231815760.png07_202004262318171b6.png
それと同時にどうもいろいろと新たな改装が実装されたようで。
……まずは ゴトランドの改二相当。

……素では読めないけど。 ほかの海外艦改二と違って助数詞を使っているらしいよ。
要求資材はカタパルトに設計図に開発資材にバーナーに、といった感じ。
――ごっそり持っていかれますね。 なんかまた航空軽巡に戻ったらしい。

とはいえ カタパルト持って行ったわけに水戦詰めるわけではなさそう、と
ちょっと地味な感じが否めない今日この頃でございます。

貴重な資材持っていくんだからかなり奮発してくれてもいいと思うの。

07_202004262318171b6.png08_2020042623181775c.png
09_20200426231821646.png10_20200426231822276.png
あと その相方としてやってくるのが金剛型二番艦、比叡さん。
――なんか 一年ほど前に榛名さんに追加改装が先に来る、
みたいな噂を聞いた気がするのですがそれは気のせいだったのか。

で 彼女の方向性は若干防御を捨てて雷装を手に入れた戦艦。
……ついでに 今回のアップデートにて 単縦陣でも発動する
夜戦特別連撃も実装されたりしてなかなかの豪華仕様に。

今まで実装されていた金剛にも同じタイプの夜戦連撃があるようで
もう 金剛型改二はこの夜戦特化仕様として生きていく道に決めたようですね。

――この実装の中で地味に更なる改装内定勢として霧島さんも追加。



――ただ わかってはいるし実際なかなかやりづらい環境下であるというのもわかるのですが
まだ 普通の「改二」すらできていない、方々がそれなりにいらっしゃる、
というのもまた事実でありまして。

今回実装された艦は二隻ともこの類ではない、というわけで
なんか いたたまれないな~  という感がしないでもない。

ゴトランド同じ絵師さんでも、漣改二とか実装してあげればよかったのでは?
と思う私がいます。

TOP

働く意味

2020⁄04⁄23(木) 00:00
在宅勤務が続くとどうも ここ最近ずっとお世話になっていた
スラックスやらワイシャツやらの出番がなくなって
代わりに部屋着のパーカーの出番が多くなる。

……あると思います。 のっぴぃです。

そして ここ最近お仕事がつらいです。
事情は分かっているのですが 責任というかそのあたりの感覚を理由として。

今までは「あれをやる」「これをやる」と具体的な指示が多かったのですが
たぶん 考えるにここ最近は今までと比べてある種自由度が大きく
多くのものを縛りなく任されるようになってきました。

あだ 私の情報伝達力が限りなく低いことが災いしまして
報・連・相がうまく働いていない――私的にサボっているわけではないのですが
上手く通じていないので結果的にそれができていないのと同等の扱いになっている

……といったことが多発しております。

これらの「お仕事の中でいい思いをしていない」ということが
関連するのかしないのかわかりませんが 仕事に関するスキルや
今やっている出来事について驚くほど興味が湧いていないんですよね。

たぶん 「今の仕事が好きか」といわれたらNOとノータイムで言える状態。
これだけが動機となると考えるなら即転職活動を始めそうな雰囲気。

とはいえ このご時世、転職活動のために動くに動けませんし
社会人になってから転職の役に立つようなスキルアップができたかというと
――なんか 自分では売りがないように思う。

さらに言うならば 今の一言にも表れておりますが
自分の付加価値を自分で理解できていない、もしくは自己肯定感が限りなく低くて
仮に今転職活動をやったら確実に終わる自信があります。

……人間関係を構築するために中高時代にできてしまったトラウマという枷にとらわれたように。
――そこから派生して 自分のいいところを自分でアピールしきれずに
盛大に失敗した就職活動の記憶という新たな枷にもがんじがらめにされて。

なんか ここ最近自分は何のために働いているんだっけ、
みたいなことをふと 頭によぎる今日この頃です。

人に会わないというストレスは特にないのですが 別のところで絶賛鬱発動中…

TOP

生徒の事情

2020⁄04⁄22(水) 00:00
どうも社会人になってみると ほんの数年前の話だったというのに
どんな顔して学生生活をしていたのかということをあまり
実感持てなくなってくるようです。 のっぴぃです。

このコロナで外出禁止令が敷かれる中 様々な分野で
経済の停滞に伴う悲鳴が聞こえてまいります。

例えば学生の懐事情。

学生の収入源といえば大方がバイト・仕送り・奨学金です。

奨学金は景気の変化の中でも良くも悪くも違いがいない――とは思うのですが
残りの二つはもろに不景気の影響を受けているようで。

例えば塾の講師といったバイト。 三密を避けるという理由で
学校ですら授業を取りやめているという社会情勢の中
当然といえば当然ですが そんな中で授業を開くことなんて無理なわけで。

そうなってくると バイト代が入ってこない、という人もいることでしょう。
――そのほかの業種に関しても大なり小なりに通った事情があるようです。

だからといって仕送りに頼ることもできない人も多いようです。

コロナの影響で親の収入が減った、だとか。
自営業の親を持った場合なんかは この辺が露骨に出てくるみたいです。
――まぁ 自営業じゃなくても 営業自粛を行政から命じられている業種もありますし
誰が、といった状況でもないことも事実ですかね。

そんな中 学生の17人に1人は学校の退学を検討しているというではありませんか。
――このような話がまことしやかにささやかれるというのは大変な事態ですよ……
……疫病理由というのはきっかけ的にわからないでもないんですけれどもね……



小中高も相変わらず学校自粛続いておりまして 窓の外からどの時間帯にも
子供の声が聞こえてきたり、というのが続いております。

そんな中授業時間を確保するために今年の夏休み話とする、みたいな議論も上がっているようです。

確かに ここまで一カ月程度のお休みを作ってしまったらそれにあたる何かを
補填しなければいけないわけですが 果たして夏までにこのコロナ旋風が
収まってくれるのか?  というまた別の問題もあり。

今年の学校回り、理由も事情も分からないでもないけれどもイレギュラーな事ばかりです。

TOP

ふとんがふっとんだ

2020⁄04⁄21(火) 00:00
こう 昼間も自分の家にいられる生活をしてみると
洗濯物も乾燥機じゃなくて外に干していいかな~

とか思うこともある今日この頃。

でも いざやってみたならばそれが風に飛ばされて
隣の家の窓の前付近まで飛んで行ってしまって大変なことになった

……みたいなことが起こりました。 のっぴぃです。

まぁ 今年に入ってから、という話題取りでいいならば
一か月――以上前だな、には 干していた布団が飛ばされる、
なんてことにも遭遇しましたし。

しかも それが起こったのがちょうど出かける直前だった、
それも ちょうど空き家になっている階下の部屋のところに飛んで行った、
なんてことになっておりまして 相当大変なことになったのを思い出しました。

……ベタなダジャレに「布団が吹っ飛んだ」というものはありますが
実際に一番面倒くさいタイミングでそれやられると
あきれるとか寒いとか、それ以前の話ですよ、まったく。

このどっちの時にも地味に役立ったのが 自分の部屋にある
タペストリーを飾りたいがために持っていたマジックハンド。

とりあえず これで吹き飛んだ洗濯物やら布団やらを
ちょっとでも近くに持っていく、なんてことをやっておりましたので。

……まぁ 一概の趣味のために買ったアイテムですが
思った以外の場所で役立つこともあるんだな~ って。

それにしても こうやって考えてみると私の今住んでいる場所
昼間に妙に風が強い場所にあるらしく
そんな意味でも住みにくい場所でもあるな~  と思う今日この頃。

物理的には東京都に近めな川崎市市内ではありますが
自分で思った以上に住んでみて 東京に行きやすいというわけでもないことを知りましたし
なんというか いい意味でも悪い意味でも関東を知れたな

……と思う今日この頃であります。

TOP