あれから九年。

2020⁄03⁄11(水) 00:00
どうも。 本日は東日本大震災から9年目になる日ですね。

――みたいな 「あれから〇年」みたいな年月を思い返すたびに個人的に
「え? まだそれしか月日経っていないの?」という驚きに襲われます。

さて あの地震が起こってから私の身の回りで防災的な意味で
地震への備えという意味でどれほど状況が変わっているかといえば……
あまり大きな違いが思いつかないように思う今日この頃。

様々な意味であの日というのが風化しつつあるように思います。

「復興五輪」としてこの年までに大方復興事業は成し遂げる、なんて
お偉いさん方は言っているように思いますが さてこれは
どこまで進んだのでしょうか。 気になる今日この頃です。

そんな地震の引き起こした大きな爪痕の一つ 福島の原発の近くを通る
常磐線特急がそろそろ上野~仙台間で運転再開する打とか。

まぁ 地震関連でこの時期に復興を感じられるネタ、というのが
私の偏った価値観の中ではこのあたりしか思いつかなかった、
という残念な現実故の発言なのですが……

まぁ 上でディスったりもしておりますが進むものは進んでいるというね。

――あの日を忘れずに、日常を取り戻す。 大切であり、難しいことです。



そんな地震の裏で 現在進行中の天災――といえるのかはわかりませんがで
ウィルスが飛び交っている、というのが昨今の情勢です。

前の地震の時には一瞬にしてすべての災害が起こってしまったわけですが
今回の場合は――まぁ 良くも悪くも徐々に自体が悪化します。

対策しようと思えば十分に時間はありますが 結果が見えるまでは時間があり
それを見くびっていれば防げるタイミングを逃してしまい大変な結果が待っています。

私自身も……できることなら防ぎたいところなのですが
残念ながら 今のところテレワークさせてもらえる環境ではないようですし
(申請はしているんですけれどもね?)自分でどこまで防げるのだろうかと。

……なるほど、あの頃もこんなしがらみというのがあったのかもねと
社会人になってから思うあれこれを感じつつ。 現在の天災を見る、今日この頃です。

TOP