運送会社、始めました。①

2020⁄03⁄06(金) 00:00
01_20200418124807e59.jpg
なんか不意に Youtubeとかで実況動画を見て
どうにもそれを自分もやってみたい! と思うこと、あると思います。

例にもれずのっぴぃさんもその手の動画に触発されて
思わず手を伸ばしてしまったゲームというのがこちらになります。
Transport Fever 2.

基本的には道路を引いて街を育てていくゲームになるのですが
このゲームでは建物の類は基本的に立てることができません。

02_20200418124809be6.jpg03_202004181248103f4.jpg
代わりに舟とか馬車とかを用意して運用して資金を貯めて
04_2020041812481284a.jpg05_20200418124814d9e.jpg
これを使って鉄道を引いてそれで収入をあげていく
……そういったゲームになります。

そして このゲームには時代という概念があり
それによって単純に街に人が増えていくだけでなく
運用できる車両や船の種類も変わっていきます。

06_20200418124815e96.jpg
馬車がトラックに置き換わったりね。 時代の流れ。

また しっかりこれらを保有するためには整備費等もかかってきて
運営をしていこうと思ったときにはこれらの調節を
上手くしていかないといけません。
――鉄道の場合 車両だけじゃなくて線路にも維持費がかかるんですよね……

また 上記で行ったように船とか馬車とか、のちには鉄道なんかを使いながら
資金を貯めていくということを行うのですが
その資金の貯め方も大雑把に分けて二種類あります。

貨物で稼ぐか、人を運んで稼ぐか。

貨物は量も料金も袖振りがよくて資金源になりうるのですが
貨物の動きは基本一方通行で 上記の資金の動かし方的には
なかなか難しい一面を持っております。

――というのも、回送列車にもしっかり整備費がかかってきますので
なるだけ「荷物が何もない状態」というものをなくしていかなければならないわけです。

人は――やっぱり方向はあるにはあるのですが割と何とかなることも多い。
半分くらい双方向、という感覚で使えるわけです。

――という、この先ちょいちょい語りそうなゲームの説明書いただけで
気が付いたらそろそろいい分量になる、というね。
――まぁ そんなこともあっていいんじゃないかな。

TOP