いろいろ汚い世の中ですが。

2020⁄03⁄04(水) 00:00
昨今のコロナの影響で通勤列車の頭数が妙に減っている実感について
先日はなさせてもらったわけですが もういっちょこのあたりの話題について。

一部のシステムが進んでいる会社なんかではこれを機に
一斉にテレワークを仕掛ける会社というのも増えているようで
昨日より今日、今日より明日、といった塩梅でどんどんと
列車に乗っている頭数が減ってきているように思える今日この頃です。

まぁ 業界によってはこのあたりでもさほど影響ないのかもしれませんしね。

なんなら わざわざ長い時間かけてオフィスに詰め掛けても
実際に仕事に役立つ展開というのがどれだけあるのか。

……少なくとも 通勤列車で死にそうな顔をしながらすし詰めになり
毎日のように集う必要があるものなのかというのは一考する必要がありそうです。

ちなみに 私の場合は――すぐにテレワークさせてもらえそうな環境じゃないかな。
私がひよっこだからなのか 会社がアレなのかはあえて言うまい、
という感じなのですが まぁ 本格的にやばい人と同じ車両に乗り合わせないように
毎日胸の前で十字を切りながら祈ることにいたします。


ところで 一部の業界ではこの病気でテレワークという流れを
夏のオリンピックの時期の予行練習と前向きにとらえる流れもあるようです。

確かに この手の整備があらかじめできているのか。
夏に予見されている首都圏封鎖計画が実行される前に
「無理すりゃまだ人を集められる」環境下で一度試してみるというのも悪くない考えです。

まぁ このオリンピック直前時期にこんな病気がはやって
そもそも論としてそれを開催することができるのかどうかとか言う
前提論の話があるわけですが それはさておくとして。

というか 日本の気候的にもこの病気的にも 様々な面から見て
これらの大会を秋にずらすとか考えるべきだと思うんですがね。

どうやら スポンサーのアメリカの某社の利権が~
という話が聞こえてきたりと 「平和の祭典」にあるまじき何かが見え隠れするIOC。

しかも 私企業がそれぞれそれに絡んできているというのだから
世の中の汚さというのがまたこのあたりにもにじみ出ているような気がしますね。
……組織委員会の話を聞いてみた中でも、ね。

TOP

休校→電車がすく。

2020⁄03⁄02(月) 00:00
なんか 若い社会人的には周囲の話――もしくはある意味
大人の脅しのようなものなのかも知れませんが――を聞いたところから
「年度末は製品を納める必要があるからやたら忙しくなる」
みたいなお話が様々な業界から聞こえてくる気がします。

故に 日本中あちらこちらで納期に迫られた
サラリーマンやOLが死屍累々の体を引きずって
毎日のように出社する風景が広がっているのだと思っておりました。

さて 今年のこの時期のお話になるのですが……
一つ思うこと。 ――やたらと人が少なくありませんか?

通勤電車の人口密度ががっつり減った気がします。
文字通りそれを肌で感じる今日この頃であります。

まぁ 理由はニュースを見ればすぐわかるんですけれどもね。 コロナ。

まず 学校が休校します。 まぁ 政府の発表的には
小中学生メインでお休みにさせる依頼が発布されるわけですね。
ただ これだけではあまり通勤列車に影響は出ません。

で つられて休校になる高校も出ます。 これはそれなりに
通学客が減る意味で私の肌にダイレクトに伝えられうる情報です()

で 休校した家の親は子供の面倒を見なければならないので
有給を使うなりなんなりして人が減ります。

まぁ これらのタコ殴り効果によりまして
素直に出社することができない人が増加して
結果的に列車の中にやってくる人間の数が減るという現象が起こっております。

まぁ 率直に言うと「病気になる危険がないのであれば相当うれしい」現状ですね。

とはいえ 八月の人口密度を思い出してみると
案外学生がいなくなるだけでこのあたりになる気がしないでもない……

……だけに この「妙に休校の影響でひとがいないように感じる」現象も
気のせいという可能性、ありそうですけどね()

TOP

令和元年、年度末。

2020⁄03⁄01(日) 00:00
202003月
二月にはちょくちょくとゲレンデに行く機会がありましたが
すでにこの間にも「雪不足で
今シーズンは終了します」という表明をした
スキー場がちらほらと聞こえてまいりました。

どう考えても早すぎです。

ついでに ニュースでも「今年の記録的な暖冬」の話やら。
……何というか 前統計的に近年20年間の冬の平均気温のグラフを
見せてもらったことがあるのですが
今年の冬は圧倒的な外れ値を引いていましたよ。


まぁ 一年だけほい、と暖かくなることはまれにあるかもしれませんから
今 あわあわとするのもどうかな、と私は思います。

……地球の歴史なんて長いんだし、氷河が地球上にあった時間のほうが
地球の歴史の中では短いんですよ?

――あくまでも有史で特異な出来事と地球全体の歴史の中で特異な出来事が
どうであったのか、というのをごっちゃにしないように気を付けたいものです。



という 我ながらやたらに壮大な話を書いてしまいましたがまぁ 今年も年度末です。

なんというか 仕事も佳境に入るのか入らないのかよくわからないシーズン。
まぁ のんくらりとできることをこなしていきたいなぁと
ゆるゆるととらえております今日この頃であります。

あと 一応ゆるゆると続ける意味があるのかわからない
――いうなれば 損切をしなければならないこともあることにはあるのですが
なんというか この手のお話はどうもこちらでは書きにくいものですね。

まぁ とにもかくにも 今月は否応にも「世渡り」を意識して
行動しなければならない、選択しなければならないことが多くなりそうな予感。

そんな岐路に立った時 どっちつかずの立場になって
「二兎を追う者は一兎をも得ず」という展開にならないように。
自分の選んだ道にしっかり責任を負うことは忘れないようにしたいものです。

大人になってからわかったことですが 意外とこれができない人が多い。

そして 自分の負うべき責任を他人に押し付ける人もすごく多い。
……自分の力量はしっかり図っておきたいものですね。

TOP