かごの中身

2020⁄02⁄28(金) 00:00
ふと 自分がスーパーなどでレジにかごを持っていくときに
学生時代と今とで割とかごの中身が違うなぁ、ということをふと思いました。

まず 学生時代は圧倒的に野菜や肉などの原料が多かった。

まぁ 味付き肉、みたいな「焼くだけ」みたいな食品もあったので
一概に食材ばかり、と言い切ることもできないのですが
考えてみるとこっちのスーパーは味付き肉もめったにおいていないし、やたら高い。

これも 社会人になってからの私が料理から縁の遠い生活に
なってしまった一つの要因なのではないかと考えています。

あと 圧倒的に大きな原因は「食器を乾かす場所がない」という事実。

あとは よくかごの隅に収めているお菓子の類の変わったなぁと思います。
――最近は私 くろかりんとうにハマっておりまして。

学資時代は男の子にありがちなポテチの類を大量食いしておりましたが
最近はその手の類をあまり食べることがなくなりました。
――まぁ おやつ時にお菓子食べられる環境にいることが減った、というのもあるかもしれませんが。

なんか 気になった時にはこの類をぽりぽりと齧っている気がします。
――なんか イライラした時には無性に甘いものを食べたくなるんでしょうね。

あと ちょっと 牛丼屋の類に行く機会が増えた影響か
その味付け――割と塩辛い――というものから離れたい、
というのも のっぴぃさんのポテチ離れにつながっているのかもしれませんね。



お菓子といえば。 私の母は無類のお菓子好き。

私や妹が実家にいる時には子供の成長のために控えていたようですが
子供がいなくなると「飯を抜いて菓子を食う」という
不健康待ったなしの生活をすることがまれによくあるそうです。

……という ハチャメチャなことをやっている割には
年代の割に太っていないという大いなるなぞもあるわけですが。

まぁ 生活から大いに車を遠ざける生活している両親のことですし
このあたり――定期的に体を動かす――というのが大きく聞いているのかもしれませんね。
私もこの辺気を付けなくては。

TOP