歴史は繰り返す

2020⁄02⁄19(水) 00:00
歴史は繰り返す、とは言いますが なんか今の現状を顧みながら
どこか学生時代に歴史の授業で聞いたことが引っかかるなと思ったので覚書。

なお、私は思いっきり理系人間、つまり歴史の教養なんて
せいぜい高校のそれに毛が生えた程度、という前提も書き添えつつ。

鎌倉時代、御恩と奉公、なる言葉がありました。

幕府に使える御家人は幕府の危機の際には自費をもって駆けつける。
幕府はその恩に応じた領地を奪取した土地を配分する、という形で分け与える、という制度。

基本的に日本の中での戦いに関してはこの制度で特に問題も起こらず
システムを回すことができていたのですが 元寇という大きな代償を払ったにもかかわらず
得る領地が全くなかった戦いを経ることで このシステムが完全に崩壊。

鎌倉幕府の滅亡の一端となった、と聞いています。
……今の日本社会、これに近い何かを感じるよね、って話。

バブルの時代、自分の国の中に目を向けつつ年功序列というシステムを駆使して
社員を働かせることができた時代は特に社員は大きな不満なく回すことができたでしょう。

内需だけで十分に社会を賄うことができたので そこから得た利益を
社内にシステマティックな方法で配分しておけば社員に文句はなかった。

しかし バブルははじけ、内需だけでは利益を得ることができない。
ゆえに今まで抱えていた頭数を養うことができなくなる。

今の時代は昔の御家人と違って容易に頭切りができるのかもしれませんが
そのように切った頭というのはそれがそのまま自分たちがいままで食い扶持にしていた
領地、国内の市場に帰ってきます。

外に目を向ければいい、という声もあるかもしれませんが
日本人からまともな経済学者が生まれないあたりも示すように
どこか日本の経済世界ってガラパゴス化している部分もあるようで。

結果的に まともに会社は部下に与えるものを用意することができなくなっている、
けれども 御恩を果たすように求めている、そんな風に思う今の日本経済。

歴史ではそのような恩に返すこともできない幕府(会社)は倒れる定めであると教えてくれるのに
それを外圧的に抑え込もうとする某経済団体。

……そんな構図が今ふと頭に思い付きましてね。 明らかに不自然ですよ。 これって。
――あ、ただの妄想話なんで特にこれで議論とか詰めるつもりはありません。 あしからず。

TOP

陰るMの文字

2020⁄02⁄18(火) 00:00
食べ物06食べ物07
昨日と同じような動機でマクドナルド。
年始に売り出されていましたのが「いつものメニューの具材をちょっと豪華にしてみた」
というコンセプトで売り出された期間限定メニュー。

例えばベーコンを追加してみたり、はさむ肉の量を倍にしてみたり、といった具合。
このようなパターンを期間を区切っててりやき、ダブルチーズ、ベーコンレタスでやってみる
といった具合。 軸足はあくまでレギュラーメニュー。

ということもあり なんかおめでたい感出したポップが並ぶ割には
あまりありがたさのようなものを感じなかった、というのが私の素直な感想であります。

正直 例えばてりやきの肉が倍になろうが もともともっさりとした肉ですし
さほどありがたさのようなものは感じませんし ちょっと分厚くなろうが
あまり体感的違いはありませんでしたよ。 ベーコンはさすがに気が付いたけど。

食べ物08食べ物09
その後 夜限定で現れたのが似たようなメニューをご飯パティで挟んだ
ごはんバーガー、なるもの。 ごはんとハンバーガーがをかけているんでしょうね。

それでは そのご飯パティ、とはどのようなものかといえば端的に言えば「焼きおにぎり」。

この間にいつものメニューが変わらず乗ります。
――レタスとか、パティとか、マヨネーズとか。 そう。 具材は変わらないのです。

もともと日本人にはおにぎり、という携帯食がありますが おそらく同じパティを使っても
これらをリスペクトシテ具材開発もちゃんとしていたならば
もう少しうまい飯に化けることもあったかと思います。

マヨネーズ使いたいならツナマヨとかをベースにしてみるとか。

一番日本人の味センスに近いものはてりやきでしょうが、これにするにしても
日本人のおにぎりの感覚に近づけるための何かが必要だったように思います。
――さすがに、マヨネーズソースを直に載せられるのはたまったものではなかったです。

食べ物10
ついでに、やっぱり米を固めただけ、ということもあり形が崩れやすいのも難点。
――実際、この撮影をやった後も見事にパティをぶちまける場面がありました。

パンのようにこねて焼いたパティと違い崩れやすいことを念頭に入れていないようなパッケージ。

……そして 明らかに足りていない新商品開発の背景を見ながら
なんか マクドナルド、妙なところで金渋っているのか単純に経営がアレなのか
色々と考えさせられている今日この頃であります。

TOP

シュクメルリ

2020⁄02⁄17(月) 00:00
やっぱり外でものを安価に食べようと考えてみたとき、
ついでに料理する手間をかける体力がもったいないと感じたとき
お世話になる機会が多いのはチェーン店、特にファストフードの類です。

で 前にこの手の食べ物映してみました、系のおしゃべりしたのが年末だったのなら
その間にこの手のお店の期間限定メニューの類も軽く
一巡・二巡しちゃっているわけであります。

というわけで この手のメニューで私が手を出していたものの
消化していない画像、というのもちょくちょく溜まっているわけでありまして。

今回はその手の画像の供養、という意図でお話をしていきたいと思います。
――あくまでも優先的に消化したいネタ、という意味で。

食べ物04食べ物05
松屋。 年末年始あたりに話題になっていたビーフシチューとシュクメルリ定食。

まずビーフシチューは角煮にもできそうながっつりした肉を中心に
ブラウンソース調のソースで占めた逸品。
――まぁ この値段で食べる、という割にはかなりおいしい出来に思います。

ついでにいうなれば これにハンバーグ載せた定食、というのも
案外うまそうな気がしないでもないですが まぁ それやるとさすがに千円は超えますかね。

後者のシュクメルリ定食。 そもそもシュクメルリというのが
東欧のジョージア、東にアジア、西にヨーロッパ、北にロシア、南に中東を見る位置の国。
そこの郷土料理となっております。

基本的に言えばチーズたっぷりのホワイトソースベースのシチューなのですが
ふんだんにニンニクが使われておりまして世界で一番ニンニクをおいしく
食べることができる料理、といわれているようです。

実際、それを裏付けるように味も相当においしく、SNS上での評価も上々。
ついでに ジョージアの大使も宣伝(主に自国の)のために訪れてみたり
ジョージアからもメディアが取材に来たりとなかなかのグローバルっぷりをみせています。

あえていちゃもんつけようにも 粘度の高い加熱料理ゆえに
やたら料理が熱くて舌がやけどする、というレベルでしか思いつかず
次の冬にも食べたくなる逸品であることに間違いありません。

――実際、今回のフェアも今月いっぱいまで伸ばしてくれているあたり
かなりいい感じの収益になっているんじゃないでしょうかね。

TOP

やっぱり食べるよ

2020⁄02⁄16(日) 00:00
昨年末の記事投稿をサボった時に消費するだろうな~
と踏んでいたものの結局使わなかったご飯ネタ。

まぁ いつまでも残していてもしょうがないのでさっさと使ってしまうことにします。
――次弾も溜まってきましたしね。

食べ物02
とりあえず 今年の一発目はカレー系統で固めてみたい。
まず 前スキー関連の買い物のために行ったついでに食べた神保町でのカレー。

やっぱり東京でのカレー、といわれたときに思い浮かべる
カレーの熱い土地の一つですから やっぱりここらも
時間があるときに開拓してみたいところです。

今回は割とフルーツの深みがあったかな。
――やっぱりちょっと時期を明けてしまうとまともな食レポも難しい(当たり前)

食べ物03
会社帰りに立川で開いたカレー屋さん。
インドをイメージした、けれども店主は日本の方、といったカレー。

本場の人が食べたときにどんなふうに思うかはわかりませんが
少なくとも日本人的にはスパイスもかなり入っていて
一部具材も溶け込んだ感じのなかなかいい塩梅のカレー。

肉も程よくほどけていてもう少しメニュー開発とかしてみたいと思える仕上がり。

こんな感じに新しいあたりと思える店を発掘した時には
またこの手の店に行ってみたいな、って思いますよね。

(01)食べ物01
別に記憶を引きずり出す努力をしなくても食べたいものは食べたい。
――昨日のような毎月5のつく日で、可能である日であるならば
できるだけ顔を出すようにしているのがゴーゴーカレー。

――割と気軽な値段でトッピング付きカレーを食べられる、という
安定感はほかの追随を許さないものがあると感じられます。

まぁ 疲れたときには何にしろカレー食うのが一番ですよ。
なんて、ある種身もふたもないことを書いてみると。

TOP

コロナ

2020⁄02⁄15(土) 00:00
最近中国を発端に全世界で猛威を振るっているコロナウイルス。

はじめは武漢からの観光客や そこらに立ち寄っていた
クルーズ船が検疫をしっかりしていなかったのでしょうね。
――そのあたりでの感染拡大が中心だったのですが。

今になってみれば感染原因が不明な医師が現れたり その人を起点としてか
その同僚や患者に対して院内感染が広がっている。なんて話も。

私にとっても他人事ではなく 都内に通勤しているサラリーマンから
感染者が表れて 通勤列車を媒介として徐々に感染が広がっているとか。
――何そのバイオハザード。

しかも 聞くところによると体調不良で熱が出ているにもかかわらず
出社させられた挙句 後から病院にかかってみたらコロナだった、
なんて事例も現れていると聞いておりますし 日本の場合は
「社畜」というそれ以前の問題も多大に発生しているようで。

……なんか、一度くしゃみしてみたらそれがコロナのせいかもしれない、
みたいな もうある種何も信じられない世界になってきました。

また この背景もあってかマスクが異常な品薄になっています。

しかも 工場がある中国が震源ということもあってかいつになっても
マスクの補充がなされていないという現状です。

私の場合普段、箱マスクを常備しているタイプの人間だったのですが
丁度このコロナのさなかにマスクの箱が切れてしまい
「しっかりマスクは確保しておく」タイプの人間であるにもかかわらず
ここ最近はつけるマスクがない、という非常事態に遭遇しております。

――もう普段だったら捨てるようなマスクをしぶしぶつけております……

もうこのマスクの異常な品薄状態が改善する兆しも見られませんし
恐らくはこの先しばらくこのようなマスク使いまわし状態が続きそうです。

……このマスクの切れるタイミングがもうちょっと違ったならば
違う未来があったんじゃないかな~  とかないものねだりをしてみたり……

TOP

バレンタイン(概念)

2020⁄02⁄14(金) 00:00
バレンタイン (1)バレンタイン (2)
バレンタイン (3)バレンタイン (4)
バレンタイン (5)
とりあえず 本日はバレンタイン、ということですが
今年も今年とて 何かをもらえる見込みがないのっぴぃさんは
それっぽい画像を求めた結果、残念ながら艦これに舞い戻るという

……いかにも悲しい現実に向き合うことになるわけです。

というわけで 先のアップデートで更新された今年の新着チョコレートを
お持ちの皆様はこのあたりになります。

そういえば こうやってスクショそろえながらふと思ったのですが
基本的に択捉型の皆様ってかなり期間限定グラフィック充実していますよね。

……なぜなのかな~  とか しがない疑問をこのスクショ並べながら思いました。
そして やっぱりというか、存在しているメスガ……グレカーレちゃん。
なんか、運営もいろいろわかってる感すらあるよね。



改装 (1)改装 (2)
改装 (3)改装 (4)
同アップデートで敷波さんの改二実装がされました。
……まぁ このくらいのペースでコモン艦には改二出してくれないと
正直間に合わないよね、というか 新規艦出すペースに対して
改二実装ペースが全く追いついていないよね、というのは誰もが思うこと。

まぁ 私の場合妙にしばふ艦の育成スピードが遅いので この現象、これはこれで
私にとってありがたいのかもしれませんが……

改装 (5)改装 (6)
改装ついでに、前イベント時期にやっていたけれども出すタイミングを逃し続けて。
――やっとジェーナスの育成も終わりました。
……なんか 夏ごろのイベント艦、妙に育成できなかった記憶あるんですよね。

それに対して 今回の秋イベントの新規艦、昨日書いたように
育てたい子それなりに多いですし、ちょっと腰据えて頑張っていかないといけませんね。

TOP

忘備録(遅)

2020⁄02⁄13(木) 00:00
新規艦01新規艦02
新規艦03新規艦04
新規艦05新規艦06
新規艦07
そういえば 前艦これのお話でいろいろ書いているときには「さっさとノルマ終わらせよう」と
色々ていっぱいですっかり忘れていたのですが
前のイベントで手に入れた皆様を改めてスクショ並べている機会なかったなぁと。

――いうことに気が付いて 今更ながらノルマ消化を目指しておりますのが
私のっぴぃでございます。

とりあえず イベントとイベントの間のこの時期は演習なんかを全力でこなして
せめて 次イベントまでにはアトランタ、ヒューストン、神州丸程度は
海域投入可能レベルにまでレベル上げしたいなぁと思う今日この頃。

ちなみに 見た目的になんかわかるかもしれませんが
デロイテルさんだけ撮影タイミングが違います。

……とりあえず 最近は手ごろなレベルの軽巡がいなくなってしまった
(皆一つの目標レベルである80レベル到達してしまった)ということもあり
絶賛募集中でありました遠征軽巡枠(キラ付け無し枠)に急遽投入。

燃費というよりは経験値のおこぼれを吸わせる、という意味合いが
強い配置になっておりますが まぁ そんな利用の仕方もありでしょう。

ちなみに イベントドロップするレア駆逐枠の方々は東京遠征等を
メインにこなす裏方艦隊で経験値配布、
まだ改二の予告が来ないコモン駆逐(未育成)枠はキラ付け遠征艦隊、というのが
私の鎮守府でいつの間にか出来上がった定型文となっております。



年始(忘)
こっちもこっちで忘れていたのですが、今年の一月一日のログインボーナスは
秋雲先生の原稿机でした。

……なにとぞ、この時のログインは携帯だったのですっかり画像持ってくるの忘れていたのだよ。



セッツブーン節分12
節分13節分14
セッツブーンのお話。

まぁ もらうもんもらいました、というパートはすでにお話してありますので
そのおこぼれもしっかり吸いました、という雑な振りなんですけれども。

結局 エクストラ海域任務一度挑戦したことで
各種アイテムを一度ずつもらえる権利を得ることができました。
まぁ 可もなく不可もなく、といったところでしょうか。

TOP

スキー回り

2020⁄02⁄12(水) 00:00
スキー04
さて スキー自体の話は昨日でいったん区切りとして なんか私の中では
スキー行くときの常連と化している感がある越後湯沢での軽いおしゃべり。

まだ実家にいたころも含めて数えるとなかなかの回数通ってますし
私の中でなかなかにこなれてきた感がありますね。

スキー05
そんな中で滑ってきた後に私にとってお約束となりつつあるのが
こちらの甘酒。 まぁ この駅構内には飲み放題の
日本酒バーがあったりするものですが そこまでアルコールが好きでない私にしたら
甘い飲み物であるこっちの方がずいぶんとうれしいものがあります。

……まぁ お土産として結局買うんですけどね、酒。

スキー06
並んでお約束となりつつあるのがタレカツ丼。
――それ以前に新潟ってお米おいしいですからね。 食べない手はありませんよ。

お米のおいしさに加えて 甘じょっぱい醤油たれをかけたカツ丼、
やっぱり 湯沢に滑りに来たらこれ、といった感がありますよね。



とまぁ そんな風に滑ってきた湯沢そのものの話題もそうなのですが
去年はないがしろにしていたメンテナンスの方、
しっかり気が付いたからにはやっていかないとまずいなぁと思いましてね。

一応、スキー終えた後にしっかりやってみたわけですよ。
そうでなくても今回、そういえば滑る前にウェアに
防水スプレー吹きかけるの忘れていたなぁ、など
いろいろと道具に関してぶしつけが過ぎたと反省することも多かった今日この頃。

……まぁ こうやってブログにいろいろとメモりつつ
やること忘れないようにしようねぇ、と思うわけで。

とりあえず やることといったらワックス塗り。
――といいつつ なかなか汚れてもいいような場所を用意することができなかったので
アイロンも利用してガッツリ塗る、というところまではできなかったのですが……

このあたりは 近々考えるであろう引っ越しの時には
これらの作業もできる場所を考えていかないといけませんね。
――あとは、その場所をつぶさないようにこまめに掃除することとか←

TOP

2020年冬、初スキー

2020⁄02⁄11(火) 00:00
スキー01スキー02
今年はまれにみる雪不足、ということで本当はもっと頻繁に行きたかった気持ちもある
スキーでしたが なかなか行けずにおりました。

――とりあえず シーズンが入る前にメンテに出した板が
特に出番になることもなくずっとお蔵入りになっている、というのは
やっぱりどこか悲しいものがありましたよね。

そのまま今年のシーズンを終わらせたくない、ということもあり
思い立ったが吉日、絶対混んでいるとは思いますが
雪の有無については安心安定感の感じられるかぐらのほうへ。

無事、今年の初スキーのほうを済ませてきました。

――やっぱり 普段と違う空気を文字通り吸える、というのは
日々コンクリートジャングルの中でPCをたたいている身としては
やっぱり来るものがあるな~  ということで。

スキー03
さて 今回の初滑りをやってみての感想ですが
それ以前に私自身の最近の生活習慣、それに伴う
体力等への影響を他大に感じるような結論に至りました。

滑る前もちょいちょいスクワットしながら足腰鍛えていた感があったのですが
やっぱり溜まる疲労物質。

それに加えて 自分が思ったようにこぶをけれないもどかしさ。
――しばしば自分が蹴りたいこぶをけれなくて空をけり、
なんだかんだで転倒する、なんて恥ずかしい場面も多くありました。

これの背景として何よりも感じたのが睡眠不足。

……まぁ 日ごろから土日は寝坊をかます、という前提だったり
相当な夜型生活の生活リズムが出来上がっていた感覚ありましたし
ここいらが見事に自分の反射神経、という形で跳ね返ってきたように思います。

まぁ 筋肉痛自体は翌日だけで済んだあたり まだ体の若さは
それなりに残ってくれているのだろうな、という希望があったのですが
脳みその疲労に関しては自分の気が付かない間にずいぶん進んでいるなぁと反省した次第。

自分のやりたいことを絞るために動き出すべきなのかどうなのか……

まぁ とにもかくにも自分が欲にまみれている、ということはよくわかりましたとさ。

TOP

触れそびれたお話

2020⁄02⁄10(月) 00:00
世間一般的には本日は休日の合間に一日だけ生まれた平日という
暦の上でだるいことこの上ない一日となっております。
……あれ、このような感じの一日ってオセロ効果で祝日にならなかったっけ?

みたいなことを考えても仕方ないですがだるいものはだるいので
今日はしっかり年休をいただき だらだらしたいなぁと考えました。

……まぁ そんな風に怠惰な連休を用意する、というのもいいと思います。



さて ここいらでは割と昔のネタを使ったおしゃべりしか
やっていなかった影響もあり 世間的に大きな話題になるはずなのに
さらりと流されていた、流してしまっていたお話をさせてください。

先月一杯をもってイギリスのEU離脱が確定しましたね。
……ブリティッシュジョークかと思われた選挙からなんだかんだあって
この事態が現実に起こってしまうとは。

なんだか似たような流れが最近ニュースにやり玉にあがり始めた
アメリカ大統領選挙でもあったような気がしますね。

――最近の欧米ではジョークのような現実のニュースが妙に立ち上がっていて
何がフェイクニュースで何がトゥルーニュースなのか
むしろわからないという謎の現象が起こっているように思います。

さて もともとEUの中でもユーロの使用を遠慮してきたイギリスにですから
どこか特殊な感が私個人の中では漂っていた感がありましたし
それも踏まえてか ニュースで見聞きするイギリスの発言は
どこか「この先も同じような立ち位置で行ける」と思っている節が見えます。

ただ 本当にそうなのかなぁと。
――やっぱり 今まで共通の枠組みの中にいたからこそ許されていた
貿易上での甘えのようなものも今まであったのではないか。

それを破棄したうえで自分たちの都合のいい部分だけをくみ取ってもらえたような
発言がまかり通ると本当に思っているのかなぁと。

まぁ 自分以外の人間、グループとかかわっていくことが難しいことは
国同士でも人同士でも言えるでしょうし、このあたりの駆け引きを見ながら
最近悩むことの多い自らの人間関係を再度思い返すのでありました、と。

TOP