令和二年、今年の目標①

2020⁄01⁄02(木) 00:00
そんなわけで 去年に引き続きまして令和二年の目標関連についても書いていきたいと思います。

改めて書かせていただきますが 今年の目標漢字は「試」です。
――とりあえず結果は求めずに、ただ良い方向に転ぶことを期待していろいろと試してみる。
その中でしくじったことは改良してまた挑戦する。

その中で 小目標とは別に一つの私がやり勝ちの行動であり何とかしなければいけない生態があります。
折れてあきらめてしまうこと。 まずそもそもの第一前提としてこれを何とかしたい。

そのうえでの今年の目標の論点を述べていきます。
――去年は列挙していくスタイルでしたが 今年の目標は
小項目も使いながらもう少しシンプルにまとめることを意識してみました。

・取捨選択をはっきりする

まぁ すべての物事を拾いきることなんて正直難しいんですよ。

そんなわけで 自分の手に載せきれないものは優先順位を落としたり
そもそもやる、と考えることを放棄すること。
――たぶん 私にはこれが足りていないのではないかなって思います。

興味が湧いたものは自分ですべてやろうとする。
ほかの人に頼むよりも自分の手でやった方が納得できる結果が得られるし安心できる。

――この手の理由で自分で抱えきれないのに自分のタスクとして
ため込んでしまったこと、考えてみたら結構あります。
……このあたりのマインドが固まってくればもっと集団の良さってのがわかるんじゃないかな。

で これを明確化するための小項目はこんな感じ。

 -整理整頓をする

  取捨選択前に自分で抱えているものを把握できなかったら意味ありませんから。
  ――仮にほかの人に頼む際にもこの手の作業は終えておかないと何もできません。

 -金銭感覚

  自分の財力でできる許容量を知らないと。と。
  ――去年の旅行目標を立てたときにこれをどう加味すればいいのかわからなかった反省です。

 -優先順位を定めて行動する

  これを決めることが今回の目標の大きな目玉になることでしょう。

――まぁ 続きは明日分に持ち越します。

TOP