羽沢横国大(1)

2019⁄11⁄30(土) 00:00
新線05新線06
本日は一昨日の流れでも書きましたがJR相鉄相互乗り入れ初日、
ということで 特にほかに用事もありませんでしたし
せっかくですのでできたばかりの新しい駅の顔を拝みにやってまいりました。

過去 私が住んでいた地域の最寄に新しく駅ができた、
ということもあり その時も喜び勇んでかけ参じたこともありますが
なんとなく それに近い何かを自分の中でも感じます。

――ということで それにちなんだお話をやってみようかと。

新線01新線02
新線03新線04
まずやってきた列車はといえば……
私的には埼京線でなんだかんだで見知ったこの顔。

まぁ 実際問題武蔵小杉から乗りこんでこの列車がこの駅で
お目見えする、というだけでありがたみがあるのですが
「新幹線が横に走っていてこのような風貌の駅にこの顔の列車が止まる」という
シチュエーションはなぜかデジャブするものがあるのですが……

――まぁ この時横に走っているのが「はやぶさ」か「のぞみ」かという
大きな違いはあるのですけれども()

で 武蔵小杉からざっと15分程度途中駅もなく走り続けることで
今回新しくできた「羽沢横国大駅」にたどり着くわけです。

新線07新線08
駅間がめっちゃ長い、ということも相まってか
この駅で路線図を見るとなかなか面白い現象が見られます。

何よりJRの隣駅――武蔵小杉――よりも鶴見のほうが運賃が安い。

そして その駅にたどり着くまでには最低でも二度の乗り換えが要求される。

この辺は 過去武蔵小杉駅が横須賀駅にできる前には地味に見られた光景ではありますが
その時と違ってこの駅の場合は飛び地的に位置していることもあり
――まぁ なんというか違和感がすごいよね、ってお話。

なお やっぱりめったに起こらないイベントですし
そもそもこの周辺にもともと駅がなかった、ということもあってか
地元の熱烈歓迎ぶりもなかなかに 盛大に祭りが催されておりました。

TOP