下っ端

2019⁄11⁄25(月) 00:00
ここ最近は急に寒くなりまして気を抜いたら風邪をひいてしまう人も
――そして 風邪だと思っていたら実はインフルエンザだった、
なんてことも普通に起こる季節になってきたようです。

というか 私の仕事でお世話になっている人の中にも実際に
インフルエンザで倒れた報告というのが聞こえてまいりまして
もう人ごとに思っていられないな~  と感じる今日この頃です。

去年は「どうせ私がいなくなって回らなくなる仕事なんてないし」
という思いでインフルエンザの予防接種を受けることなく済ませていたのですが
今年は普通に摂取して予防した方がいいかもしれませんね。

……何というか 自分たちにこの先割り振られる仕事が
適切量なものであるという風には全く思えませんので。



会社で下っ端な若い衆で居ると一度はやらないといけないであろう
そこそこの人員を集めての会合の幹事という役割。

まぁ 内心それの仕事がまだ完全に終わったわけではありませんが
ちょっと先日この手のことをやる機会がありましたのでなんとなく。

ぶっちゃけた話 私はこの手のがやついた会合の場がアウェーという人種であり
参加者の人とかかわるのが大好き、という人のほうが
ぶっちゃけてこの手のことがうまくできる(早い話が「適材適所」)ひと
結構いるんじゃないのか、と思う部分もあったのですが。

まぁ これが誰もが歩まねばならない課題であるならば甘んじて受けましょうと。

実際「これでいいのか?」と困惑しながら企画をしたり
皆が楽しむための会合にするにはどの人の意見をどの程度聞けばいいのかという
あちらこちらに向く声をすり合わせる作業というのは
なかなか骨が折れる作業であったと同時にある種貴重な体験だったと思います。

あと 本番ではなかなか声が出せなかったり仕切ることができなかったりと
自分のダメなところも一杯見えてきました。

まぁ そんな感じで凹む場所も多かったけれども得るものも多かった。
――そうとらえなければ何も進めないからね。 頑張って前を向いていきたい。

そう思えた今日この頃です。 (オチを考えてなかった……)

TOP