忘年会

2019⁄11⁄18(月) 00:00
師走の年の瀬になってきますと忘年会というものが非常に多くなってまいります。

あまり正直言って人間づきあいが好きではなく
これといって活動的に人の輪に入っていくことのない私としては
ある種義理のような感覚で忘年会にお邪魔することも多いです。

まぁ 人によっては普段から飲み会が開催されるような職場もあると聞きますが
それに対して私の今いるところではそこまででもないというのが正直なところ。

……まぁ 課長たちはかなり飲み好きらしく結構な頻度で居酒屋に消えていくのですが
そのほかの人たちの仕事量が――若干悲痛すら感じるレベルで
そのあたりのケアもあってか皆を巻き込んでの飲み会は
定例開催されていないのでは、というのが私の読みです。

で 忘年会チックな話に戻しますと 私が特に 気にしているのが
基本的に自分がKY気質であること。 どんなふうに空気を読めばいいのかわからない。

まぁ そんな行動になる一つの私も自覚しているパターンもありまして
自分自身 それとは別に「アドリブが効かない」ということもあり
あらかじめ行動パターンとかを自分の中で計画立てて それに合わせて行動することも多く。

で 話のなかで あらかじめ仕込んでいたネタに近い展開になった時に
その用意していたネタを盛大に披露する、ということが往々にしてよくあります。

――が、やっぱり あらかじめ用意していた話の種というのは
微妙にそれまでの話の流れに逆らう部分もある――いわば ぴったりくる展開というのに
なかなかならないこともあり それらが結果的に
私が普段から空気の読めない行動ばかりしている、という評価に
つながるところがあるのではないかと考えています。

好きなレストランの話題が出たらこれをしゃべろう、と決め打ちして
会話のプロットを考えておいて いざ本当にレストランの話題になった時にはそれをしゃべる
……みたいな。

まぁ 自分でいうのも何ですが そんなことしているから
なかなか話がうまくいかない、というのもあるのだという自覚はあります。

――ゆえに 自分からしゃべらなくてもしっかり周りにしゃべらせる
傾聴できるスキルというのを身に着けていかないとな~  とも思う今日この頃です。

TOP

※一応、しゃべる内容は選んでます

2019⁄11⁄18(月) 00:00

どことなく愚痴った上のほうの人たちが飲みに出かけている間に
その部下の人たちが休日出勤繰り返しているような……
と申しましたが これに関してはそもそも論として上のほうの人たちが
自分がやるべき仕事――マネジメント――を
しっかりこなしているんだろうか?  という疑問を呈したくなることも多々ありまして。

そのような気持ちになる一つの大きな要因として
これまた機能もちょっと書いた新しくやってきた人員――私たち――のことを
しっかり戦力として一カ月半たとうとした現在でも
生かし切れていない、ということが体感として挙げられます。

――何というか 初めから説明しておけば一時間で済むようなことを
右も左もわからない人間に書類からその情報を掘り出さそうとするものだから
それだけで半日時間が飛ぶ、なんてことが往々に起こっていて。

確かに私自身仕事に対するスキルが足りないことも承知ですが
一緒に来たスキルを持つ人も似たり寄ったりなペースでしか
仕事ができないことも多々あり この手はマネジメントがしっかりでき亭ならば
もっと早く解決していた問題なのではないか?  なんて思ってしまいます。

まぁ 裏を返せば直下の人たちが抱えている
地獄のような日々に巻き込まれずに済んでいる、という
個人的にはありがたい側面もあったりするわけですが。

とはいえ いい加減いつかはそちらのような闇に食われる頃が来るでしょうし
その時のために遺書でもしたためておけばいいんでしょうかね?


とまぁ そんなこと書いておりますが 実際問題これから期末に向けて
加速度的にやるべきノルマが上がっている――仕事内容聞かされていないのに
課される課題だけが上がっていくというよくわからない惨状だったりします。

もともと思考が迷子になりがちな私ではありますが
そうでなくても今私がやらされていることがどこへ向かっていて
どのようなスキルが求められているのか正直まだ図りかねております。

ついでに 仕事にで求められているスキル勉強も何をすればいいのかわかっていません。
――まぁ わかっていたとしても今のモチベーションではやる機会も多くなさそうですが()

まぁ 何がともあれ「すごいところに来てしまった」
……感想としてはそれがすべてなのかもしれません……

TOP