マイルストーン

2019⁄11⁄11(月) 00:00
自分がブログを書き始めた時期とオタクとして
ハマり始めた時期がほぼ一致している私として
そのオタクの始まり、きっかけだった「けいおん」ついでにいえば
あずにゃんの誕生日設定となっていたこの日

……まぁ 特に神妙になる、というわけでもなかったのですが
なんとなく 意識しないでもない、そんな一日でした。



――なんて書き始めたりしますが まぁこれを文字に起こしてみて改めて感じる
「一つのマイルストーンでは少なくともあった」という考え。

どうも、のっぴぃです。 まぁ 中の人もそのあたりは
ちょいちょい気にしてはいるらしく 公式ツイッターのほうでも
あずにゃんの話題は触れていたりしましたよね。

さて 人間――というか おっさん、おばさんとなった
オタクの血を引く人のことを見ておりますと 自分が脂がのっていたころの
作品というのはなかなか忘れることができず
そんな人たちが集まっていると二次創作やその他でその作品が
ある意味進行のように崇め奉られる、なんてことがあるように思います。

エヴァやらガンダムなんかは一部世代を超えて伝播している部分も見せる
ある意味それに習った一例なのではないかと思います。

さて けいおん!もそれに習ったようなものが起こせるか――と考えたときに
残念ながらそこまでのレベルには至れなかったのかな、
どいう どこか物悲しいものを感じる私であります。

やっぱり その意味では原作の息が途絶えてしまった、というのは
それなりに大きな意味を持つらしく 時たま思い出すように
画像が上がってくる――こんな風にキャラの誕生日であったならば
その機会が多くみられる日だとは思うのですが――ものの
ケの日に同じようなことが起こるかといえば

……まぁ ほとんど起こらないでしょう。

……これが二十年後、もっと先になってくると
ハレの日の力すらも埋もれてきてしまうでしょうしね。

……でも、私の心の中には「口火」として強烈に残ったあの作品が
決して消えることはないんじゃないかな。 そう思う今日この頃。

TOP