うるさい耳当て

2019⁄10⁄30(水) 00:00
ヘッドフォン
軽く自分向けに購入したもののお話をば。
PC用にヘッドフォンを新調いたしました。

ここ最近 のっぴぃさんYouTubeとか見ているけれども
基本 PCモニタから音そのまま駄々洩れている感じだったんですよね。

このスタイルは神戸にいたころからさほど変わらない感じだったのですが
前住んでいた下宿の人がおおらかだったからこそこれも成り立っていたのか
――別に壁ドン食らったわけでもないのですがちょっとばかり
真面目に集合住宅住みらしいことしないといけないかな~  などと思い直した次第。

そして 今回はもともとBluetooth化しているポータブル
音楽プレーヤーのことは考えず常にPCにぶっさしている前提で
ヘッドフォンご購入してもいいのかな、と考えまして

割と、高いものでもないのですがご購入いたしました。

……で これを利用する際にちょっとそそっかしいエピソードを作ってしまいましたので
ちょっと懺悔する気分で書かせていただきますと。

まず箱を開けたときにプラグがやたら太い――調べてみると
DJテーブルとかにもさすことができるようなレベルの
ジャックがくっついていたみたいなのですよ。

……今までポータブル優先で考えていた私にとって
ヘッドフォンのジャックが選ぶ必要のあるもの、という認識がなかったので軽く焦りました。

で、これを買った翌日に再度電気店に駆け込み、ヘッドフォンの
変換端子をご購入いたしますと。
――で 再度PCに刺そうとしたときに気が付く現実。

……これ、もともと「PCにさせる端子」がくっついていたところに
「DJテーブルの端子も差せるようにあらかじめ返還ジャックつけられていただけだった」と。

まぁ もともとの買い物だけで不通にPCさせたわけで
――要するに、ジャックの買い物は完全に蛇足でしたと。
うーん。 もっと早く気が付くことできないものかねぇ。

最近はペーパーレス、そして一つの商品が様々な国で売買されることから
設計書を入れなくなった電化製品も増えてまいりましたが
なんというか このそそっかしさをこのあたりに擦り付けたい自分がいる、そんな今日この頃です。

TOP