忠犬と駄犬

2019⁄10⁄14(月) 00:00
ハチ(北)ハチ(東)
閑話休題。なんか ここ最近は台風の話題しかしゃべっていないので
ちょっと空気かえる意味でも画像投下しながらおしゃべりとかしてみたいなって。

先日の東北旅行で大館で一泊――ということもあり
知る人ぞ知る東北のハチ公像を眺めてきた(まぁ 前に東北回った時もここには来ているのですが)
のっぴぃさんですが 有名な方のハチ公像のある渋谷にも
ちょっと最近 定期的に野暮用ができるようになりまして。

……何というか 意図せず比較するような気分になることが
多くなっている今日この頃だったりします。
……まぁ それだけで特にオチもないのですが。



犬(行き))犬(帰り)
犬――といえば かの忠犬には全く及びませんが
(少なくとも若かりし頃は)とても美人さんだとかなりもてはやされていた犬が
私の実家のほうにはおりまして そちらの方のお話を。

飼い犬は飼い主に似る、などとは言いますが この犬も老いてきて
ずいぶんと素性が明らかになってきた感があります。

たとえば 散歩のときに撮った写真を載せてみるのですが
行き(←)にはいやそーに、首輪を引っ張っていかなければいけないくらいには
うんともすんとも言いたくない、そんな雰囲気を感じる。

かと思えば 帰りには一転、先陣を切って歩く。
――おばあちゃんになったとは思えない足取りの軽さがそこにはあります。

つまりはめっちゃ出不精。
――とはいえ 犬のトイレの世話的な意味でしっかり毎度
お外に出てくれないと困るわけで 今日もしぶしぶ出動してもらいます。

……そして この犬の行動を見たときに感じること……
何というか このブログの管理人だったかが割とそんな気のある
日常生活を送っているような気がするのですがさて。

仕事に行くときには顔面しわくちゃなのに
帰りは意気揚々としている。 うん。 間違いない。

――まぁ 現代の社会人は皆そうだ、という意見もあるかもですが
まぁ 「飼い主の誰かに似た」と考えておくことにします。 私はね?

TOP