じゃばら東北記<新潟①>

2019⁄10⁄06(日) 00:00
新青森から五所川原を走り、五能線を下り大館へ。
花輪線から盛岡、宮古、気仙沼と動き古川まで。
鳴子温泉郷、新庄を抜け、米沢ど真ん中をして新潟駅へたどり着いたのっぴぃさん。

まぁ 新潟へ来ること自体はさほど珍しいことでもなかったのですが
そういえば「新潟市らしいことやったことないなぁ」ということに思い当たる。

駅前から深夜バスとか駅前のネカフェ宿泊とかは経験したのですが
駅前以外の散策はしたことがない。 そして新幹線まで少々時間がある、
ということで ちょっと真面目に散策のほうを実施してみました。

215_201910122044517cd.jpg216_201910122044529b4.jpg
そして この時――前もって調べていなかったので全くの偶然なのですが
新潟に天皇陛下がやってきていたようで万代橋あたりでは日本国旗配っていたり
機動隊が陣取っていたりと まぁ なかなか見たいような風景が広がっておりました。

218_201910122044542e2.jpg219_20191012204455a1b.jpg
そんな万代橋がかかっているのが日本を代表する川、信濃川のたもと。

その信濃川のほとりを歩きながらなかなかにオシャレな感じになっていて
ちょっと憧れたりしたものです。 少なくとも今私が住んでいる近くを流れる
多摩川の河川敷はデートコースに使えるようなカフェとかが
並ぶようなオシャレ空間になっていないことだけは事実です。

220.jpg221.jpg
とはいえ のっぴぃさん自体がそこまでオシャレに強いわけでもなく
どちらかといえばアウェー感あふれる人間であったことが災いしましたので
……まぁ どちらかといえばホーム、といえるような
オタクが吸い寄せられそうな場所を発見しましたのでそちらの方へ。

新潟市のマンガ・アニメの情報館ということで まぁ お役所仕事観が
うっすらと見えるつくりではありますが 地域由来の漫画家・アニメ会社等に
全力で協力を願いつつ資料を作成・収集して展示する。

デジタルデバイスを有効に活用して――まぁ 軽い時間つぶしと
ちょっとした生涯学習をするのであれば気楽によれる素晴らしい博物館だったように思います。

この時はちょうど時間が微妙だったので通常展示のみの閲覧だったのですが
――まぁ 聞き覚えのある作品やらがずらりと並ぶ興味深い場だったといわせてもらいましょうか。

TOP