じゃばら東北記<三陸鉄道>

2019⁄09⁄27(金) 00:00
094_20190930003142ff5.jpg093_20190930003228c6e.jpg
太平洋側の宮古の街は私が学部四年生の旅行の際に訪れた街です。
あの時はここで一泊しましたが まだ大震災の津波の爪痕が強く残り
流された橋の橋げたのみが残り 痛々しい風貌をしておりました。

あれから5年がたち再度この街に訪れましたが――本調子なのかはわかりませんが――
あれから確実に復興の足音が強く聞こえている、そんな雰囲気を感じた今日この頃です。

098_20190930003147e71.jpg099_20190930003148da1.jpg
駅前では盛大にお祭りが催されかなりの人でにぎわっておりました。
095_20190930003144216.jpg096_20190930003145631.jpg
そんな中 一旅人であるのっぴぃさんはとりあえず市場へ駆け込み
親戚に送り付ける海の幸を買いあさったりしておりました。

――結局 3000円でかなりの量仕入れることができまして
……後ほど、親戚から多大なクレーム(誉め言葉として受け取りました)を受けることになるのですが
まぁ そのあたりは別のお話ですね。

100_2019093000333663f.jpg101_2019093000333725e.jpg
102_20190930003339d7f.jpg103_20190930003340cba.jpg
宮古駅に戻りまして 三陸鉄道として復帰した
宮古より南の路線のほうに乗り込みました。

こちらは前来た時は完全に走る線路としての体裁を喪っており
痛々しさを感じたものですが ものの見事に復活したところを見せられて
なんというか うれしい気持ちになりましたね。

105_20190930003342559.jpg106_20190930003343792.jpg
雑く三陸鉄道の沿線でとってみた写真を載せてみましょうか。
井上ひさしの作品「吉里吉里人」なんてのが有名ですが まぁ 吉里吉里駅。

――このあたりには ひょっこりひょうたん島もあったりと何かと創作物の空気漂う。
内陸には遠野もありますし この地域一帯が何というか創作の里だったりするのでしょうか。

あと リアルタイム現在で話題に上っているラグビーワールドカップの会場の一つ
釜石のスタジアムのほうも遠目から見させてもらいました。
……内心、旅客輸送とか大丈夫なのか不安を覚えるのですが……

111_20190930003345300.jpg113_20190930003346730.jpg
恋愛スポットとしても名高い恋し浜駅。 駅前には昭和レトロな外見、
けれどもピンク色なポストがあったりと。 まぁ そんな空気。

――恋愛がなかなか成就しないのっぴぃさん、このあたりの神に本気で訴えた方が
いいのかなとこのような場所を課するたびに考えたりする今日この頃であります。

TOP