台風襲来(その後)

2019⁄09⁄10(火) 00:00
昨日は「電車が来ないな~」などと言いながら のほほんと構えていたわけですが
まぁ そんな甘い空気で居てられるのは自分が運よく
さほど大きな被害にあうこともなくすべての物事を終わらせることができた

……というだけだったのだなということを思い知らされました。 のっぴぃです。

私自身の話だけでいえば 昨日書いた段階では窓の外からものすごい音がしたり
寝込みの緊急速報メールで飛び起こされたりしたりという被害のみだったのですが
それから――まぁ、副次的、といいますかあれこれもあったのでまずはその辺のお話。

端的に言えば「通勤マジ死ねた」という話。

まぁ 通勤路線が死ぬほどつらいのはいつものことなのですが
今回はいつにもましてその傾向が強かったです。

まずは電車が来ない。 そして、来た列車に乗れない。

前者では、川崎駅で東海道線ホームについた時運悪く来た列車が出発してしまったところ。
こんなこともある、仕方がないと次の列車がどこにいたのか包装に耳を傾けてみると
自発の列車は茅ケ崎だという。 ――平常では見られないような列車感覚に驚愕。

後者について、幸か不幸かもともと立つ場所もないような列車に乗る、という点に関しては
日々の生活の中で慣らされていた私なのですが その日々の経験をもってしても
どうにもならない物量(物理)が列車に詰め込まれていたわけで。

さっきの話の続きですが「東海道線では無理だ。京浜東北線だ。」とあきらめて
そちらのホームへ移動したのっぴぃさん。 ただ 来た列車が軒並みすし詰めで
なかなか列車に乗れない、ともたもたしているうちに気が付けば東海道線の上り列車が。

――結局、この列車に乗れる乗れないの問答をしている間に茅ケ崎から川崎まで
走破するだけの時間がたっぷりあったようですね。
――まぁ、その来た列車に乗れる、という保証もありませんが。

まぁ こんな大変なダイヤではありましたが必ずしも交通各社が悪いわけではないと考えています。
――ので、その事実に対してぼやくことはあれど、その責任を追及しよう、などという
クレーマーじみたことをするつもりはさらさらありません。

――一応先輩とかからは急遽有給使った、という話も聞いていたところですし
一種、私の社畜根性のようなものが出てきてしまったのかはたまた そこまでして通勤しなければ
何ともならないようなスケジュール感で業務を続けている自分自身を
恥じるべきなのかもしれないですがね。 実のところ。

TOP