東京湾

2019⁄08⁄24(土) 00:00
――あくまでもネットから聞きかじった言葉で
ついでに言えばその情報に対する個人的精査も中途半端だと思うのですが。

先日 オリンピックを見据えて東京の海でトライアスロン大会が開かれたときのこと。
その水質がアレ過ぎて選手から「トイレの水だ」という言葉が飛び出したとか。

さらには大雨の日の直後には大腸菌が東京湾にあふれだすなど
この手の話題という意味では事欠くことがないように思える環境下で
今回のオリンピック種目が開かれるとかどうとか。

先ほども申しました通り 私は情報確認が不十分であろう、ということは
それなりに承知したうえで現在作文をしているわけですが
同時に「あながち間違いでもないだろうな」という感想も持っています。

先日大雨が降った直後に東京の海のそば――厳密に言えば
東京二十三区内某川の下流域――を歩く機会があったのですが
思わず顔をしかめたくなるような臭いどぶのにおいが立ち込めておりました。

これが 特に強い海流が流れることが期待できない湾の奥地で
海に流れ込んでいるわけですから このレベルの水質の水が
冗談抜きで競技行きの水になる、と考えることができるわけで。

コンパクトな五輪を、と銘打って誘致したオリンピックではありますが
このあたりの現場のあれやこれやを全く把握しないで誘致したと
思われても仕方のない出来だったのではないか、と個人的に感じます。

今からでも伊豆諸島とか湘南沿いなどに会場を移すなりなんなりして
選手や観客を守るための行動をするべきなのではとすら思います。



――ついでに言えば オリンピック側(もしくは欧米のテレビ局というスポンサーの要望)で
オリンピック時期というのがあらかじめ誘致の段階で決められていたんですよね?
このあたりにもどことない違和感を感じるのは私だけなのでしょうか。

……これに関しても 日本をはじめとして「季節柄体を動かすのに適した時期があるのだが
それが少なくとも欧米の感覚とはずれている」地域は当然あるわけで
今後もこのようなスポンサーによる競技時期への干渉、というのは
間接的に欧米以外での五輪開催を阻害する要素になるのでは、と思うのです。

内心は五輪は今の日本には無駄な要素であると考えておりますが
このくらいの配慮は講じるべき案件だったろうな、と考えます。 あくまでも私はね?

TOP