家事(定期便2019/8-2)

2019⁄08⁄22(木) 00:00
人間一人生活するために必要な炊事・洗濯・掃除に関する愚痴第二回目。
――とりあえず 洗濯に関してなのですが これに関しては向上した部分と落ちた部分
ついでに 生活の変化に伴うあれやこれやで増えた手間とで微妙にマイナスといった感じ。

洗濯機は……水漏れ放題で外置きだったころと比べると大分ましになりました。

が、干す場所が物理的にない、という大きな問題がありまして
「洗うのは楽だけど干すのが面倒」といった状態。

あと 生活柄ワイシャツとかが増えましたし なかなかタオルハンカチを
使うわけにいかないということで アイロンがけを強要される機会が増えまして
純粋にこれがマイナス点としてのしかかっているような感覚があります。

掃除はケースバイケース、とでもいうのでしょうか。

ズボラレベルでよいのであれば気にするレベルか迷うのですが
ちょっと真面目にやろうと思ったときには前に住んでいたところよりも
面倒と感じる点が増えている、と感じております。

水回りの水はけが悪くなった点、トイレと風呂などが別になったので
「トイレ掃除(外側)はシャワーで水ぶっかければ終了でしょ」的な
「ワイルドな手法」が通じなくなった点は私的には素直にマイナス。

まぁ トイレカバーとかつけたりしてきれいに楽しむのであればそれも乙なのですが
このあたり さほど楽しめていない感が否めない点は何とも。

ここいらで力を発揮してくれる掃除機は前に住んでいた時の持ち回りなので
素直にここでもあまり「家電的な影響」というのは大きくないのかもしれません。

しかし 居住スペースに「もともとカーペット敷きの空間」というのが出現したおかげで
雑巾がけができない、という場所が出来上がってしまった点は……
……素直にこれでいいのか的な問題が発生したりなんなりで素直に喜べませんね。

で 最後にすべてに対して言えることではありますが
心の余裕がなくなっていて そもそも「家事するために動く」ということが
億劫になってしまう機会が大幅に増加しているというのがよろしくないお話。

……学生時代にそれなりにできていたと自負していた炊事が一番影響を受けて
結果的に自分が納得するレベルに達せなくなった、という点が心の中で一番影響が大きくて。

……結果的にバイブスがガンガン下がる、といった悪い影響出てきているな~  などと。
社会人の一人暮らし、難しいね。

TOP