関東外縁04

2019⁄07⁄28(日) 00:00
42_201907282358198ec.jpg41_201907282358183f5.jpg
43_20190728235818c26.jpg44_201907282358181d9.jpg
新潟から只見線に乗りまして終点只見にて。
――ここから先は先も述べました通り 豪雨災害で不通となっております。

……そして この先 会津若松まで抜けようと考えたときに
どうも乗り継ぎが悪い。 二時間くらいどこかで時間をつぶさないといけない。

代行バスの区間で時間つぶしもなかなかつらかったのでのっぴぃさんは
適当に忠美の街を散策することにいたしました。

46_20190728235817f9a.jpg47_2019072823581727b.jpg
というわけで 只見の中心部にある博物館めぐりをば。
やっぱり このような場所、ということで 自然にかかわる博物館が多くていいですね。

特に ブナの博物館では 実際に流水を流した種を凝らした展示がありまして
こちらのほうは本当に森に入ったわけでもないのにまるでトレッキングしているがごとくの
すがすがしさを感じることができたなかなか素晴らしい場所でした。

48_2019072900000161a.jpg49_20190729000000c54.jpg
で 出発前に只見某所にてお昼ご飯。 マトンのどんぶり。

博物館の係の人に聞いておススメされたお店です。
――只見ってマトンで町おこししようとしているのでしょうか。
どうも それっぽい表示をちらほらと見ましたが。

51_20190729000000299.jpg52_20190728235959d1a.jpg
53_20190728235959a0e.jpg54_20190728235958d78.jpg
そこから 代行バスに揺られまして会津川口駅。
そこからまた只見線の汽車にごとごとと揺られます。

57_20190729000042cb8.jpg
――とまぁ そのまま素直に会津若松まで行ってこないのがのっぴぃさん。
その手前の西若松から会津鉄道方面へ……

なんというか 某位置ゲーのイベントに乗っかろうと考えたら
ここから即南下するのが吉と出ましたしね。

まぁ ノリと勢いで動く旅行ではこのようなでっかい歴史ある街は
少々役不足であるってことですよ、きっとね。

TOP