貯金

2019⁄07⁄11(木) 00:00
この前世間を騒がせた言葉として 老後までに夫婦二人暮らしで
二千万円は貯めた方がいい、なんて話がございました。

まぁ 一応まだ退職を考えるまでにはそれこそ今まで歩んできた
人生の二倍弱の時間を労働に費やさなければならない

――そして その途中のあれやこれやのことまで考えると
その数字を今から見越して行動する、というのは
少しばかりまだ早い気がする今日この頃ではあるものの。

やっぱりそれなりに貯金のほうやっておかないといけないなぁと感じるわけですよ。

私も日々の家計簿を見るとおおむね黒字で経済回しておりまして
――まぁ さすがにコミケあったりするときには難しいですが――
毎月少しづつ貯金のほうをためてまいりました。

で 先日の銀行残高を集計したところで
一旦私が会社員入社時に目標にしていた額に
何とか達する貯金高のほうを手に入れることができた次第です。

とは言えども 近い将来に今住んでいる社員寮から追い出されることを考えると
その引っ越し代金やら その時買わなければいけない家電やら
――諸々の出費を差し引くと この貯金というのも
半分くらいまがい物である気がしないでもないですが。

まぁ 猶予半年くらい残して当初立てていた目標を達成できたというのは
一つ 達成感と次へのモチベーションにつながるのは事実だと思います。

で ここで目標を達成したからと言ってすぐに散在していたら
正直言って全く意味を成しません。 貯金は貯めてこそ貯金です。

とはいえ 箪笥貯金にしても物価の上昇とかで目減りするだけですし
最近は銀行の利子で稼げる時代でもないですから
この貯金をどんなふうにして運用していくかな~  というのは
徐々に考えていかないといけない――かも?  とは考えています。

まぁ この辺はじっくり考えるとして
――今後もこの調子でコツコツとお小遣い貯めていこうかなと考えております。

TOP