令和初旅行⑧

2019⁄05⁄16(木) 00:00
117_20190525141309291.jpg118_20190525141309bf2.jpg
男の童心、というのは何かと単純なもので とりあえず特急車両眺めておけば
それなりに楽しめる、というのは地味に多い気がする今日この頃。

119_201905251413082d3.jpg122_201905251413082ea.jpg
というわけで 延岡から北へ戻りまして大分。
続きましてはそこから有明海方面へと抜けていくルートとりといたしました。

120_201905251413079b7.jpg121_2019052514130692c.jpg
――の前に 今回の腹ごしらえ。 大分駅内で買ったとり天弁当。
……これは前に大分来た時にも買ったもので この時はフェリーの中でおいしくいただいたっけか。

これに限らずですが 考えてみたら九州の郷土料理といわれて思いつくもの
何かと肉っぽいもの多いですね。 若い私としてはなかなかにうれしいところではありますが
(まぁ 関サバとか魚がないわけではないけれど)

123_20190525141417c6e.jpg124_201905251414174ae.jpg
そしてたどり着きましたのは湯布院。
基本的に観光地を避けて動く私ではありますが この時ばかりは
しっかりと温泉も含めて楽しませてもらいました。

125_201905251414161d5.jpg126_20190525141416a4b.jpg
滞在時間は次の特急列車までの二時間ほど、と
真面目に滞在する気がないのは丸見えの時間ではありましたが
金鱗湖であったりお土産の物色であったりと 地味にやることやって
充実した時間を過ごすことができたなぁと自画自賛しております。

127_20190525141415ddd.jpg129_20190525141415053.jpg
そして何よりも天気が良かったのがいい。
……アイス片手に雄大な景色と青い空。 これ以上何を望むのか。

130_20190525141457998.jpg131_201905251414561c7.jpg
乗りはできませんでしたが 馬車のほうも見れましたしね。
……こんな感じの観光地で短時間でも見るもの見切ることができた、
という経験は ここ最近遠出した時に悦に浸れるポイントの一角を占めるようになりました。

TOP