やっぱ変わるんだね

2019⁄04⁄13(土) 00:00
なんか 周囲を見る限り「持つもの」と「持たざるもの」の
格差というのがどことなく感じられる……
……気がする、というお話。

最近会社で働きながら同期の間で同棲がどうだとか
色恋沙汰っぽいお話というのがちらほらと聞こえるようになってきました。

といっても 学生時代の時に(時折)感じるようなことがあった
ひがみのようなものはさほどなく、しっかりした人からくっついていっているイメージ。

学生の間の恋愛って割とその先のことは考えていないというか
遊びである、みたいな部分が垣間見れるところが大きかったため
結果的にコミュ力が高い人からくっついていく人が増えてきた印象。

そんな感じの「コミュ力のヒエラルキー」が露骨に
恋愛という尺度であらわされるのをまじまじと感じた中では
割とひがんでみたりすることも多かった印象があります。

……とはいえ、いざアタックする、ということがほぼ皆無だったことを思い返せば
ひがんでおきながらひがむ権利すらない、という現実が
また見え隠れするということで……一種自業自得ですね。

それに対して この立場になってから聞く恋愛の話って
割と裏側聞いてすごく納得できるくっつき方というか
「あ、お似合いだな」って納得できるものが多くなってきた気がします。

さらに同棲、なんて話も聞こえてくると
すごく妥当だな、と思うお似合いのものも見えてくる気が。

……まぁ でもちょっと裏側を聞いた段階では
まだチャラさが見えるな、という人がいないわけではない。

また 初めて彼氏、彼女ができたという人の顔を見てみると
それまで見たことのないような顔をしたりだとか 盛大にイメチェンしてみたりとか
ずいぶん明るく変わるんだな、という印象を持てたということもあります。

さすがに他人のことを赤裸々に話したり、ということはありませんが
「やっぱり、人に必要とされると人って変わるんだな」
ということはこれを見ながら強く思った次第です。

TOP