いつかのためにイメトレを①

2019⁄04⁄06(土) 00:00
なんか最近の日記のネタチョイスがどこか肩ひじ張ってるものが
多いような気がするのでとりあえず自分の部屋の中身眺めながら
「これぞ自分の空間」というのをかみしめつつ
軽ーいおしゃべりネタを探す今日この頃。 のっぴぃです。

まぁ そこにはそこそこレベルの高いオタ部屋が広がっているわけですが
これをある程度維持していこうとすると当然のことながら
恋活とかしようとしたときに大きなデメリットとなりうるんですよね。

まぁ 成功する確率はそこそこ低いかとは思いますが
ちょっとこのあたりの様々な可能性についてちょっとばかりしゃべってみたい。

自分のコレクションを眺めつつ 例えば異性と同棲しようとしたときに
持ち込むことが可能であろうラインというのがあると思います。
――その許容レベルというのは相手によっていろいろと変わってくるだろうから
「付き合ったらこれを捨てなければならない」みたいな明確なラインはないでしょうけども。

ひとまず そのあたりのラインというのを考えてみたい。

まず一番のデンジャーゾーンに乗っかってきそうなのが抱き枕の類。
……ものによってはもろだしのものもありますし
これに関しては相当寛容な人ではないとダメな気がしますね。

ちなみにのっぴぃさん、基本枕は「使用しない」ですが
一種壁掛けのタペストリー的感覚で100均のアイテムを組み合わせて
一種のインテリアとしてご利用しております。

まぁ その弊害で一部(切れたりはしないだろうけど)妙な伸びとかは
出てきてしまう可能性もあるし ある種「もう売り払わない」つもりで
いろいろやりたい放題しているのがなんとなく自分でもわかります。

次に危ういのがタペストリーをはじめとしたインテリアの類かも。

……私個人としてはこのあたりがコミケお買い物の
かなり大きな購入意欲の部分にかかわっておりまして
季節に寄ったり気分に寄ったりでいろいろと
模様替えのために楽しませてもらっているアイテムたち。

同人アイテムにこだわらなければいくつかのフィギュアなんかもあったりして
思ったよりこの手のアイテムのバリエーションは多そうです。

まぁ この辺は捨てたり売ったりしたくはない筆頭ですし
もしもの時はレンタルスペースに封印するなどして
極力コレクションしていきたい、そう思いたいアイテムですね。

TOP