平成最後の日

2019⁄04⁄30(火) 00:00
この4月いっぱいで平成という時代が終わり
新たに令和という時代に移り変わることになります。

そんな平成に生まれて26年ほど生きてきたのっぴぃさんですが
まぁ 平成生まれ名乗っているくらいですし 前の時代の変わり目というものを
全く持って知らない人種であるわけです。

噂によれば昭和の終わりは一時間ごとに天皇の容体が
テレビのテロップに現れてくる鬼気迫ったなかで昭和が終わり
重苦しい中で平成の時代が始まったのだと聞きます。

まぁ 一世一代の元号という話であるようですし
こんな感じで時代が移り変わるというのは致し方のないことなのでしょう。

ただし 今回の改元に関しては天皇様も無事ご在命であられますし
床に伏しているわけでもありませんしそれなりに国民的に
明るい空気の中で迎えることができる、というのはなんと
素晴らしいことなのではないか、などと思うわけですよ。

正直 令和の額を掲げたところに手話のテロップがいい感じで
映りこんでしまった絵って笑ってみていられるのは
それの背景に天皇の生き死にという重たいものがぶら下がっていないこと
それに尽きると思うんですよね。

……まぁ このミスした人が裏でものすごく
怒られている展開も予想できますが……その点は、どんまい。

きれいに令和の時代で、というわけではありませんが
そこそこに頑張って学生時代を収め。
これからの令和の時代は一人の社会人として
それなりに国民の義務を苦々しくもかみしめながら
一歩一歩歩いていくことになるのではないか――と思います。

まぁ正直 最近の生活がどこか味気なさ過ぎて……
……という問題を抱えて小谷もしますし
それに伴い いろいろ忘れ去りそうになったりもするわけですが
できる限り、令和の時代にもブロガー活動頑張っていきたいと考えております。

これからもよろしくお願いします。

TOP

とりま、応援をば

2019⁄04⁄29(月) 00:00
11_201905182138119ef.png12_20190518213810e77.png
――そうか、六周年なのか……
別にこの業界に詳しくないのですが 割と長命ですよね。 きっと。

まぁ そんな感じの掛け軸が配布されておりました、きょうこのごろです。

――なおのこと これを祝うような春イベントさっさと開催しないの?
などと感じる今日この頃。 ――まぁ 文句言っても何も始まらないのだけれども。

22_20190518213810e82.png23_20190518213809834.png
まぁ イベント海域はないけれどもGW期間限定任務は
出現しておりましたのである意味方のストレッチ兼ねまして
適当に任務消化しに行ったりした感じで。

……水母を連れて行くように、という任務が拡張任務の中にあったりしましたが
考えてみたら日進が来てくれたおかげでこのあたりも
ずいぶんと運用しやすくなったものですね……

瑞穂もいることですし そろそろサブとして回していてた
ちとちよの水母バージョンのほう、解体してしまっても大きな問題ないのかもしれません。

08_20190518213808aa1.png09_2019051821380764b.png
10_20190518213941844.png13_20190518213941fbe.png
14_201905182139401d6.png15_2019051821393900b.png
16_2019051821393997f.png17_20190518213938487.png
18_2019051821403149f.png19_20190518214030bfa.png
20_20190518214029c30.png21_20190518214029ef0.png
その他 雑に任務結果のスクショを落としておく。

……まぁ 定期的に任務片づけていかないといずれ面倒見ることになりそうですしね……
とりあえず ヘリコプターはありがたくもらっておこう。

TOP

平和なGW()

2019⁄04⁄28(日) 00:00
01_20190518213612087.png02_20190518213611848.png
GWも始まってみた、ということで ちょいと趣味に通じるお話でも。
――といっても 記事になりそうなお話といえば艦これ議題しかないんだけどね。

今月は主に一部のおしゃれ艦たちがなんかコラボを意識した
格好になっているという印象がことさら強い気がする今日この頃。

……正直な話 社会人提督としてはこのまとまった休みが取れる時期に
運営はイベントをぶつけてくるものだと思っていた――前は年末年始だったし
時期的にも丁度だし――のですが 実際のところ
特にそのような兆しが見えなくてちょっと驚いている、 というのもまた事実。

巷では この時期に艦これは「リアルイベント」のほうに
全力投球をしていて 本業のゲームのほうが
ちょっとお留守になっているとかいないとか。

……まぁ その都市伝説を根拠にむくれる、なんて子供っぽいことは言いませんが
状況証拠的に考えてこのように言われても仕方ないのではないかとは思います。

……年末年始であるとかお盆であるとか そのあたりの時期には
ことさら気をかけていたのであろう――むしろ稼ぎ時であるだろう――時期を
すっぽかした影響は少なからず出てくるんじゃないかなー  とは思います。

04_20190518213610200.png05_201905182136102e7.png
で GWにイベントすっぽかしたりはしておりましたが
それの代替のつもりなのか――同課まではわかりませんが
いささか気になる絵柄が――少なくともメンテ当日にSNSから見て取れましてね。

06_2019051821360913e.png07_20190518213608697.png
……なんか 金剛さんに更なる改造――コンパートでもない――が実装されましたね。

……すでに改二が実装されている艦だけに驚きがありますが
初期から実装されている艦の改二実施状況がまだ道半ばであることを考えるに
どこか 複雑な気持ちがあるのは否めません。

……まぁ 嫁艦榛名さんですからね。 このノリで更なる改装が約束されたようなものなのは
十二分に祝うべきなのですが……  なんと言えばいいのでしょう。 察して?

TOP

GW初日!

2019⁄04⁄27(土) 00:00
本日から暦通りで生活している人間にとっては
非常に長い10連休という生活になります。

――有給等でそれを模擬した休みのようなものを
強引にねん出するタイミングはもしかしたらあるかもしれませんが
(ケッコン旅行したい、とかで言い出す可能性は十二分にあり得る)
暦もそれに合わせて10連休、という経験は後にも先にもないのではないか?

なんて思いたくなるレベルのそんな珍しい連休ですね。

……ん? だれです? そもそもケッコンなんてできるわけないやろって?
――たしかに。

まぁ そんな若干自分でも書いていて悲しくなる展開はさておくにして
ひとまずのっぴぃさんの現段階での連休の予定としては
――まぁ そこそこに埋まりつつあるといった感じ。

充てもない外出もあったり、特に当てもない放浪の旅もあったり
ただただ干物になりたいがために実家に帰りたい日もあったりと
まぁ 悠々自適にスケジュールのほうを立てている感じです。

まぁ 願わくば この連休の間に少しは ブログ記事のネタになる
お話が大量に舞い込んでくる展開になってもらいたいものです。

……前にも書きました通り 最近は慢性的に書くことがなくなっていて
なかなかに苦しい毎日が続いているんですよね……


まぁ そんな風に思い出作りも楽しみたいところですが
それに加えてやっぱり体を休めるというのも大切なお仕事。

なるだけたっぷり睡眠とって その先に出てくる五月の勤務で
盛大な五月病にならないようにしたいな~  なんてね。

TOP

平成②

2019⁄04⁄26(金) 00:00
とりあえず 記事ネタに困っている時期にはなんとなく
私自身から見た平成という時代についてなんとなく、思いをはせている感じになるわけですが。

なんとなく 社会構造が傾き始めている兆しというものを
この平成の世の中でまじまじと見せつけられている

――今が歴史の転換点、という大きなイベントは早々思いつくものでもありませんでしたが
じわじわと嬲り殺されているのではないか、と思えるような
そんな感覚を常日頃から感じ続けている時代であったように思います。

元も子もない具体例を挙げてみるならば人口構造について。

今会社に行って思うのは 中堅、といえる年代の人が
会社の中の人口比率として少々物足りなくなっているように思える点です。

我々の年代のような子供を持っている人、というのは
いろいろとお会いしている人の中で見聞きする機会はあるのですが
小学生レベルの子供を持つ、という人となかなかコンタクトをとる機会がない、
というのは どこかこの人口構造のいびつさとみて
差し支えないのではないか、と感じるわけです。

もともとこのあたりの年代の人って 私の感覚が間違っていなければ
第一次ベビーブーム→第二次ベビーブームで生まれた人たちで
一応 それなりに人口比率として大きめの年代になっている

……のであると思うのですが ここからの第三次ベビーブームは
現在のところ残念ながら現れなかったとみていいでしょう。

この辺 第二次ベビーブームの人たちが社会に出るタイミングで
バブルがはじけてみたり、ということがあったのが
大きな問題であったといわれているわけですが 社会はこの辺の人たちを
その先助けることはなかった、ということが

――この先の社会構造を考えるにあたって大きな毒として
これからの令和の時代、我々を大きく苦しめることになるのかもしれません。

そんな 下向きになった経済に対して上昇傾向に持っていくことができなかったこと
――それが平成の大きな汚点である、と私は考えます。

TOP

平成①

2019⁄04⁄25(木) 00:00
今月のあれやこれやはとりあえず「平成最後の」とか書いておけアバ
大体当たる、で自分の中では何となくおなじみになっております。

のっぴぃです。 まぁ そんな適当さ加減でもなんとかなるでしょう。

さて 今日あたりに何か欠けることないかなと頭を絞ってみたのですが
特に何が思い当たる、というわけでもなかったので
仕方がないから思いついた内容で平成について総括してみようと思います

――といっても それを言ったら大体自分の人生総括しなければならなくなるので
本当に自分の印象――閉鎖の時代に育ってきた人間の単なる乾燥――
レベルになるのではないかということで。 まぁ しゃーないでしょ?



当然といえば当然なのですが 平成生まれの私にとっては
「昭和の時代はよかった」だとか郷愁にふけることはできません。

だから 「高度経済成長→バブル崩壊」という
盛大な時代の変化がなかったからか はたまた私自身が子供で
全く持ってそのあたりの時代の変化に興味がなかったのか
歴史という意味では大きな変化が見られない時代だったように思います。

――まぁ リーマンショックの時一応ニュース等をしっかり確認する
真面目な学生だったので そのあたりの知識は持っているつもりだったのですが
ビジネスの現場で体感的に得ているその影響が
どこまで現れているのかいまいちわかっていない、というものがあるのですが……

そして ここまでなにも歴史的に変化がない、という自覚だったのは
少なくとも日本国内に限った話で 外を見てみると
中国をはじめとした発展途上国、と言われていた国々が
盛大な経済成長を見せてくれていて……

……正直 ずっと足踏みしていた日本としてみたら
相対的に大きな後退を余儀なくされているように見えて仕方がありません。

なんというか 私が学生時代の教科書では「まだ我々はそれらの国よりは進んでいるし」
という妙なマウントが見られていたのですが……

今の教科書でそんなこと書いたら笑い飛ばされるでしょうね。
どこまで現実が見えていないのか、なんて。

TOP

2019⁄04⁄24(水) 00:00
私の生活を取り戻せ――なんて言ったら 誰かに何かを
奪われたかのような若干響きの悪い言葉になるわけですが
なんてこともない ただ 忙しさと疲れからか
どこか怠惰に支配されて忘れ去られつつある私の習慣の話。

……余裕が出てきたりその他の要因ででも
徐々に戻していかないとな~  というポイントの備忘録。

まずは飲み物について。 酒感覚でしばしば
ソフトドリンクをご購入することがあるのですが
そのあたり よく考えてみなくても糖分がヤバそう問題について。

……そうでなかったとしても 私の場合日々の業務の中で
カフェオレを多飲していることを考えると
最近の私の生活の中では 過去類を見ないレベルで
糖分にあふれているという見方ができなくもない??

加えてダメ押ししてみるのであれば 大学時代までは
毎度のようにこしらえていた麦茶のストックも
考えてみたらほとんどなされていないではないか。

……まぁ お茶が冷蔵庫の中になかったならば
いずれ そんな感じでペットボトル飲料に頼る生活になる。

せっかくペットボトル買うのなら甘いジュースがうれしい
――そんな 子供時代から受け継がれた自らにも甘い制御の素
気が付いたら大量のジュースが買いこまれていた利するわけです。

……う~む、何とかならないものか。

ついでに 「お茶を沸かすのが面倒」なのかといえば
昔から私の作る麦茶は冷製でしたしそんな問題ではない

――どちらかといえば 流しが小さすぎて水差しを洗う場所がない
――二個の水差しを持ちまわすだけの空間が存在しないという
「ごく小キッチンに飽き飽きした結果」という言い訳が
今のところ真っ先に出てくるのですが……その真偽や如何に?

TOP

無題(2019/04)

2019⁄04⁄23(火) 00:00
別に四月だからと言って 即新入社員が部署に入ってくるわけでもなく
ちょっとばかし 遠くのほうで研修を受けている展開になっており

――まぁ 先輩風ふかせるわけでもなく
今日も楽しく雑行タイムを繰り広げております。 のっぴぃです。

といっても やること終わっていたならば割とあっさりと返してもらえるという点では
なかなかありがたい部署に住まわせてもらって
私の間で考えられる選択肢の中では
限りなく過ごしやすい世界に住まわせてもらっている

……ような気もします。 のっぴぃです。

まぁ どれだけお仕事頑張ろうが どうも
守秘義務とか諸々が怖い世界が近い手前
このブログネタにつながらない、という意味ではなかなかつらいのですがね。

……えぇ、そうですよ。 大学時代――いや 私のブロガー人生としては
それ以前からつながるわけだけれども――と比べまして
日々の生活から書けることが全くない。

私の持っている 特に何でもないことをさも大仰に
書き連ねてみる謎スキルをどう生かしてみても
苦しまざるを得ないレベルの日々の張り合いのなさがそこに転がっているわけで。

定時に会社から帰ってみても 特にやることがあるわけでもなく
正直 翌日以降の体力回復のために
そこそこの時間になったらさっさと寝る。 その繰り返し。

――まぁ 今までに比べて徐々に 体力回復のために
要求される睡眠量が減ってきた、という体感が
この四月あたりから現れているのが数少ない救いですが

……なんとなく、それが社会人になったことなのか、ということを想うと
どこか 涙が止まらないそんな私なのでした。

――ちょっとばかし プライベートを楽しむための
ムービング、初めて見ないとやばそうね。

TOP

事故

2019⁄04⁄22(月) 00:00
なんか 最近ニュースから聞こえてくる話題が妙に物騒で
そこはかとない怖さを感じます のっぴぃです。

池袋と三宮で車による痛ましい事故で死人が出る事故
……特に 三宮なんて私がつい最近まで根城としていた
エリアになるわけで 事故現場、と言われて目にする
かなり見慣れた景色に背筋が泡立ちました。

車は簡単に人を殺すことができる道具となりうる。

……よく言われる言葉ではありますがこのことを再認識しました。

まぁ そんな危険な道具である車ですが 世の中には
さほどメンテもしないままで平然と行動を走り回る
はた迷惑な人もいらっしゃるようです

先日会社から帰る途中に 明らかにタイヤの中に
空気が入っていない――もう、パンクしているのではないか――車が
ぺたぺたと走っていたのに遭遇したのですが……

さっさとレッカー呼ぶとかなんとかしてくれないと
また ニュースで出ている交通事故の再来なのでは
……とか思ってしまいます。

なんか 上で話題にしたニュースによりますと
事故を引き起こした人たちはいずれも
車が急に走り出したであるとかいうことを聞かなかっただとか
そんなことを供述していたと聞きます。

……体の問題なのだとしたらそれを認知する前になぜ辞めなかったのか。
整備の問題なのだとしたらしっかりやることをやっていたのかどうか。
……このあたりしっかりしてほしいところです。

そして 池袋の事件を引き起こした人が意外なことに
現行犯逮捕みたいなことにならずに 三宮で事故を起こした
運転手が即逮捕された、というのはどことなく裏書になる話に思います。

……まぁ このあたりで社会の裏側を垣間見る、ということは
おそらくないとは思いますが どこか、疑りたくなる私がいます。

TOP

2019⁄04⁄21(日) 00:00
割といつも言っていることのような気がするのですが
なぜにどうしてここまでお勉強やるテンションが上がらないのでしょう。

……のっぴぃです。新年度明けましたがこの無気力さは相変わらず。

……どうやら この無気力さの原因は五月病ではないようです。

一応 直前時期になっていろいろと渋々とテキストやら問題集やらに
触れる機会は用意しておいたのですが まぁ 一定の効果は
自分でもあったのかなという自覚はありますが
それがしっかり十分レベルにまで達しているかに関しては
あまり考えないようにしようかな、といった感覚。

まぁ こうなってくると「なぜここまでやる気が出ない状況が継続するのか」
という問題に自問自答する――まぁ 普通に考えれば
「その時間使って勉強しろ」ってなるわけですが――ことも増えるわけですが

……まぁ 前々から書き続けているように
自分が学生時代までとりえにしてきたまじめさ、というのが
就活を経て全く評価されずにぐれた、という部分も割とある気がします。

……が、まずそれ以前に 自分が今やっていることに対して
全くと言っていいほど興味を示していないのではないか、という
説もそれなりに強く感じるところであります。

そりゃ、興味がないものに対しては物覚えも悪くなるし
そもそも勉強しよう、という意思を根付かせるのも
ただものならぬ精神修業が必要になってくるでしょうねぇ……

まぁ 自分の場合 もともと興味がある何かしらのものに
その力を巻き込めたなら 結構いい感じの糸口を
見いだせる気がする、というところなのですが

――就活時代にいくつか受けていた宇宙系のシステム会社とか
道路系統のあれやこれやだったならまだしも
今やっている業務で自分の興味に直結する仕事が
なかなか見つからない、というのも困ったところ。

いつかはこんな言い訳も言ってられなくなる時期が来るのでしょうが……
……内心の焦りと行動のコントラストが我ながらすごいなぁと感じる。
そんな今日この頃です。

TOP