広告(動)

2019⁄04⁄20(土) 00:00
考えてみたら今月 まともに趣味らしい趣味に手を染めていないなぁ
……ということに 今月も下旬に差し掛かってからふと気づく。

――のっぴぃです。 まぁ たぶんそれなりに忙しいんだと思います。
――まぁ 忙しい、などといっておきながらやることなすことに身が入っていないのですが。

まぁ それはさておき昨日ツイッターの広告に関してぼやいたのなら
今日はそれ以外のものに関してぼやいてみましょうか。

なんか最近 YouTubeの広告のシステムがちょっと面倒くさい方に転びましたね。

今まではスキップボタンがあるような長いものであれ
五秒くらいで走り抜けていくような短いものであれ
一定期間ごとにやってくる広告は一度のタイミングで一本だけでした。

……が 気が付けば二本流れてくることも出てきたようで。

このあたりの何が面倒くさいかといえば 例えばそれなりに長いやつは
広告の途中からスキップボタンが現れるわけですが
これも 前提としてある程度の長さその会社の広告を眺めたうえ、という制約があるわけです。

ここで 同じタイミングに二つの短い広告二本で作られた
広告タイムをはさまれると 両方の会社の広告をスキップすることができずに
結果 両方の広告をしっかり最後まで視聴させられるわけです。

……まぁ 見ている側としてはそれなりに面倒くさいよねって。 

ついでに言えば 時々その広告のタイミングが何かの言葉尻に
引っかかってくることが往々にしてよくあるこの界隈。

……微妙にその言葉尻を削るタイミングで差し込まれたCMが
この類の二本動画だったりすると 多少なりとも萎える気持ちが先行するのは
たぶん ちょっとは同情してもらえるのかもしれません。

――とはいえ 無料で使おうと企てている人間なんて 運営する側としては
現状全く金づるにならないわけだし 有料プランに誘導したい考えが
仮にあったとしたならば もってこいの方策だろうし あまり深くは言うまい。

そういえば 動画広告といえばニコ動なんかもその存在が思い返されますが
先日大量会員離脱が起こったという噂を聞きましたが果たして元気なのでしょうかね、などと。

TOP

広告

2019⁄04⁄19(金) 00:00
世の中にはターゲットのサイトの閲覧履歴なんかを鑑みて
ターゲットが最も興味を示しそうな広告を見せてくれるシステムがあったりします。

ツイッターなんかでは割とそのような意図なんだろうな、という
広告に(個人的に)遭遇する機会が多い気がするのですが
ジャンルがあっているからと言って胸糞悪くなるような
広告を駄々流しにするのは本当にやめてほしい、という愚痴。

確かに私のフォロワーさんには絵師さんをはじめとした
たくさんのオタクの方々がいらっしゃって、いかにも
漫画が好きそうな世代なのだろう、と判断されるのはわかります。

……だから 漫画の広告がぶら下がってくる。 わかる。

だけど、いかにもいじめ誘発しそうだな(無視という行為も
やり方によっては立派ないじめになりますが)、とか公衆の害に
なりそうな広告を平然と流去れたりするのは正直胸糞悪くて……

これがジャンプであるとか 有名どころが使えないにしろ
恋愛系だとかまだ普通のものであったならば
(広告の効果が歩かないかは別として)それなりに好意的にみられるんですが。

……たしかに「見た人の記憶に残す」という意味では
成功しているのかもしれませんが 「営業につなげる」という意味では
全く持って逆高価なのではないかと思う今日この頃。

まぁ 過去にはホラーにかこつけたグロみたいなのも
平然と流れてきたりしていたわけですが それよりはまだまともかな。

世間のプロ市民の皆様はそれこそ エロにはかなり
目くじらを立てて煽ってこられますが 割とこの辺の
不快感をまき散らすような題材に関しては大きく声上げてきませんよね。

……個人的には エロにしろここでいうグロや胸糞悪いあれこれにしろ
自分たちで勝手に書く、見ることに対してはとやかく言う必要はないと思いますが
このような広告のような形で公衆へさらす以上
一定以上のモラルは守ってほしいよな、というのが正直な感想。

まぁ 一部 グロとか胸糞系の履歴が残っている可能性は考えましたが
……エロ系に偏ってる、と言われたら大きく否定できないかもしれませんが
たぶん そこまであの手の履歴が残るような使い方しているとは思えないんだよなぁ

TOP

2019⁄04⁄18(木) 00:00
駅01

なんとなく前に京浜東北線乗ってきたときに
行先表示が完全LEDになっていてちょっと驚いた、というお話。

行先表示板って考えてみたら長いことオレンジやら緑の
ダイオード的なの使われていた気がするのですが
そういえばなぜ この手のものに変更されないんでしょうかね?

――まぁ コスト面の問題というのが一番大きそうですが。

そして 列車の壁面やら内部の表示はもっと早いうちから
大々的に映像流せる形に進化しているというのに
駅の設備になかなかそのような傾向が来なかったのはなぜなのか
多少ばかり気になる今日この頃です。

……そして そんな世の中になってもまだ 非デジタル化の波を
突き進んでいる武蔵野線の明日はどっちだ(いらぬお世話)



駅02駅03
駅04駅05

なんか 小田急のほうでものすごいドラえもん色の強い
仕上がりになっている駅がある、ということで顔を出してきました。

私自身はまだ行ったことがないのですが この近くに
ドラえもんミュージアム的なのがある、ということで
その内装をドラえもんのあれこれで彩ってみた

……という登戸駅です。

エレベータにはどこでもドアを模したようなラッピングが施され
駅名標も鈴があしらわれてみたり…… と なかなかかわいいその絵柄。

漫画と駅のコラボレーションといえば いつだったかに京急が
北斗の拳とかとコラボしていた記憶がありますが
昨今のスタンプラリーしかり 鉄道会社と漫画とかの
コラボって最近はやっているのでしょうか。 軽く気になる今日この頃です。

TOP

饒舌

2019⁄04⁄17(水) 00:00
外食03外食04
昨日に引き続き なんとなくとっていた食い物系写真で
ブログ的な意味でも食いつないでいこうとか考えている今日この頃です。

というわけで 思いっきりチェーン店、ファストフードあたりから。

最近松屋でごろごろチキンカレーが再販されて
個人的に結構うれしく思っている今日この頃です。

まぁ 基本的には鳥と玉ねぎのレンジ調理だということは容易に想像つきますが
値段の割にはガッツリ肉入れてくれているというそれだけで
ちょっとお得な気分になれるというのが一番ありがたいところ。

――そういえば 松屋の豚の生姜焼き定食が先日
アップグレードされていたわけですが あれって期間限定メニューじゃなくて
恒常メニューそのもののグレードが上がったってやつなんですね。

……正直 とてもありがたいと思う反面 もうそろそろ余分なカロリーは
ガッツリおなか周りに張り付いてきそうで怖く思思える今日この頃。

マクドナルドでは最近ビッグマックあたりを積極的に押していく時期になっているようで
ビッグマックのネタを仕込んだシングルバーガーだったり
逆にビッグマックをさらにビッグにしたバーガーを用意しているようですね。

……後者に関してはいろいろと店側も覚悟のほうが
必要なのかもしれませんが シングルバンズのビッグマックジュニアに
関して行ってみれば レギュラーメニューに混ざってこないというのが
なかなかに謎に思えてくるのは私だけでしょうか。

日本のマクドナルドで出されるビッグマック用の特別なピクルスも含め
無性に食べたくなるけど ビッグマックは重いしなぁ……
……という時でも ちょっと気軽に食べられる。

そして たぶんそこまで大規模な投資をしなくても
レギュラー化しやすい類のメニューなのではないかと思うのですが……



なんか 最近は諸事情? により ちょっと外食でランチを済ませるというのが
気持ち的にやりにくくなっている、という意味でも
ちょっとばかしブログを作りにくいと感じる今日この頃であります。

TOP

地元の店

2019⁄04⁄16(火) 00:00
外食01外食02
ネタに困った時にはとりあえず飯の写真を撮る
……というのが個人的お決まりなのですが
なんとなくしゃべりづらいものもちらほらあって
なんというか 最近根本的な対策にならないことが多々ある気がするのっぴぃです。

()さて そんな感じですが軽く今日も書き物しておきましょう。

こちらへ越してきて早一年が経ちましたが 考えてみたら
割と通っている店って偏ってきているなと最近気が付いたわけです。

こちらに越してくるか来ないかあたりに なんとなくおいしそうな
お店を数件ピックアップしてみたものの その時に調べておきながら
まだ一度も入ったことがない店なんてざら……

というわけで 時にはそんなお店に顔を出してみるわけですね。

で 軽く批評じみたことを考えてみたりする和江kですが
例えばとんかつ店なんかは前住んでいたところにあったそれが
ちょっと食器とかはミスボアらしいものの 学生街にあるからか
破格のすばらしさを誇っていた――ということもあり

……どうも 微妙な感想になってしまうわけです。
……ただ 家族でやってる感というのは別の意味で
すごくいい味出ていた気がする、この点は評価したい。

別に探して行ってきた中華料理店のほう――とりあえずマーボーで
定食行ってみたわけですが こっちはなかなか興味そそられるレベルでおいしかった。

ちょっとお仕事が押して料理作る気力がなくなったときなんかには
頼ってみるのも面白いかな、と思えるお店の一つかもしれません。

外食05
牛丼――まぁ バラとかコマ切れとかの類ではなくそれなりのブロック肉――
を使ったお店のほうが行動圏内に出来上がったようなので先日顔を出してみました。

筋とか角切りの肉をとろりとするまで煮込んだ濃厚などんぶり。

……まぁ ランチ帯として意識する値段としてはちょっとばかり
高めな気がする、というマイナスポイントもありますが
それなりに楽しんで食べられるお店かな、などと感じる今日この頃です。

TOP

葉桜

2019⁄04⁄15(月) 00:00
誕生日から一カ月もたつともうすっかり春めいてまいりまして
……これから先の私の苦手な季節に思いをはせて
若干うんざりしてまいります。 のっぴぃです。

気が付けば桜のほうも散ってまいりましたし
葉桜、新緑の季節、というのが妥当な奴なのかもしれません。

まぁ 考えてみたら桜吹雪に心浮かせた経験は無きにしも非ずですが
しっかり腰を落ち着けて花見などした思い出も薄いなぁ……などとふと。

大学時代も花見イベントとかあまり記憶にありませんでしたし
もしかしたら今年の立場ではやらされるかもしれない、などと
ちょっと身構えていた職場の花見の場所取りのようなことも

……一応 今のところさほどやらずに済んでいる感はあります。

まぁ 宴会部長的な事やらされていることは否めませんが。


最近はちょっとばかし世間体、というものも
気にした行動をしていかないといけないだろうか……

ということを考え始めた私。

まぁ 何にしてもまず形から、とは言いますが
私もそれに倣ってとりあえずまず 男性用化粧水なるものを
試しに買ってみたり、といったことから始めてみました。

正直 あまり人の肌がどうなっているとか
――ちょっと脂ぎっているかな、みたいなことは
さすがに気が付くことありますが それ以上にどのくらいの効果が
この効果で出てくるのか、あまりわかっていない自分がいます。

いかんせん 自分の行動が他人からどんな風に見えているのかという
視点にとことん乏しいということを嫌でも痛感させられている今日この頃。

……まぁ 最低限のできることからやっていって
遅すぎることはあるかもしれませんが 無駄になることは
……まぁ ないんじゃないかな。 そう思うことにしましたよっと。

TOP

一路南へ

2019⁄04⁄14(日) 00:00
今年の連休は改元の効果もありまして10連休。
――これは夏休みにも並ぶレベルの大連休が控えているわけですが。

まぁ 去年の連休は慣れない生活に疲れ切っていたこととか
数少ないメーデーなんかには銀行とか行政的手続きやらないととかで
あまり外回りすることができなかったのっぴぃさんですが。

……今年は何かやりたいな、などと考えまして行動してみました。

一応、青写真的には「南九州満喫旅行」ということで
とりあえずの航空便と宿の確保までは終わらせておきました。

切符は九州についてからフリー切符を確保する方向で。

おおざっぱな予定としては飛行機で福岡入りし、そこから人吉経由で
鹿児島まで行きそこで一泊、そこから指宿、枕崎を「踏み」
志布志を「踏み」宮崎あたりで一泊。

その後 湯布院をなんとなく経由しながらおかえりしようかな~
――というのがなんとなくの予定。 変更の可能性あり。

さて このあたりもろもろをやりながらどうも考えてしまうのが
「書き入れ時だからこそのぼったくりってあるんだなぁ」という素朴な感想。

某社長の顔が看板になっているホテルさんなんか 調べてみたら
書き入れ時にはいつもの四、五倍にお値段なっているみたいじゃないですか。

……何かダブルの部屋とかそれ以上とかに迷い込んだかな?
とか不安になってしまいましたが どうやら間違いではなかったようで
単純に「ゴールデンウィーク効果って怖いなぁ」と感じた次第です。

――まぁ そのあたり関係なく 単純に開いているお部屋を
検索、発見するだけでずいぶんと大変な思いをいたしましたと。

とりあえず この後は本当に日数が激しい旅行でもない限り
一般的な「連休」のタイミングは極力引きこもりNEETになって
適当に有給消化しながら旅行を楽しむ方がよさそうだな……

……という感想で固まりつつある今日この頃でございます。

TOP

やっぱ変わるんだね

2019⁄04⁄13(土) 00:00
なんか 周囲を見る限り「持つもの」と「持たざるもの」の
格差というのがどことなく感じられる……
……気がする、というお話。

最近会社で働きながら同期の間で同棲がどうだとか
色恋沙汰っぽいお話というのがちらほらと聞こえるようになってきました。

といっても 学生時代の時に(時折)感じるようなことがあった
ひがみのようなものはさほどなく、しっかりした人からくっついていっているイメージ。

学生の間の恋愛って割とその先のことは考えていないというか
遊びである、みたいな部分が垣間見れるところが大きかったため
結果的にコミュ力が高い人からくっついていく人が増えてきた印象。

そんな感じの「コミュ力のヒエラルキー」が露骨に
恋愛という尺度であらわされるのをまじまじと感じた中では
割とひがんでみたりすることも多かった印象があります。

……とはいえ、いざアタックする、ということがほぼ皆無だったことを思い返せば
ひがんでおきながらひがむ権利すらない、という現実が
また見え隠れするということで……一種自業自得ですね。

それに対して この立場になってから聞く恋愛の話って
割と裏側聞いてすごく納得できるくっつき方というか
「あ、お似合いだな」って納得できるものが多くなってきた気がします。

さらに同棲、なんて話も聞こえてくると
すごく妥当だな、と思うお似合いのものも見えてくる気が。

……まぁ でもちょっと裏側を聞いた段階では
まだチャラさが見えるな、という人がいないわけではない。

また 初めて彼氏、彼女ができたという人の顔を見てみると
それまで見たことのないような顔をしたりだとか 盛大にイメチェンしてみたりとか
ずいぶん明るく変わるんだな、という印象を持てたということもあります。

さすがに他人のことを赤裸々に話したり、ということはありませんが
「やっぱり、人に必要とされると人って変わるんだな」
ということはこれを見ながら強く思った次第です。

TOP

レバガチャ

2019⁄04⁄12(金) 00:02
結構ゲームとかやっていると実感するのですが
私って「待ち」ができないタイプだなぁと感じるわけです。

格ゲーとかやらせてみても後先考えず突っ込むし
戦い方には読みとか駆け引きとか何も考えず肉弾戦車となって突貫するタイプ。
……当然うまくなる兆しなんてありゃしません。

ついでに 待って状況を判断する機会を(元からそれが求められていると
実感しているのであればやるのですが)割とつぶしてしまっているので
熟慮、考慮というたぐいに関してもなかなかに問題抱えているのではなかろうかと。

上の読み、に当たる部分がそれに値しますね。

――絶対投資とか向いてない。 目先の利益に飛びついたり
しっかり熟慮しないまま見返りを求めようとする傾向あるな~
ということを再実感する次第でして。

ついでに言えば 先日他人とのかかわり方を鑑みたお話を書いてみたときに
自分の欠点として「すぐに結果を求めようとする」をあげたことがありますが
このあたりに私の「短気さ」というのが表れている気がします。

何か私がアクションをする→人の心の中で起こるピタゴラ→出力

というコミュニケーションの中で行われる流れの中で
相手の心の中のピタゴラとかそれによる出力を完全無視しているわけで。

……そりゃ、恋愛的駆け引きとか絶対うまくいくわけないし
実際連戦連敗が立て込むわけですよね。 モテないわけだ。

いつも「一旦待て」という反省を残しながらこの手の問題について考えるのですが
悲しいかなこの手の反省がうまくいったためしがなかなかない。

たいていゲームであれコミュニケーションであれ 突発的に何かをしてしまったときには
「ちょっとしたパニック」状態になっていて その場にいる
軽くてんぱったのっぴぃさんにすべてを丸投げにする以外の
選択肢がなくなってしまっている、といえばいいのでしょうか。

ゲームで例えればレバガチャモードになっているというか。

……まぁ コミュニケーションに関してい亜b何にどうしてここまで瞬時に
てんぱることができるのか我ながら謎なのですが……

……もう少し自己分析を進める必要もありそうですね。

TOP

無題(201904)

2019⁄04⁄11(木) 00:00
鬱、というわけではないのですが 自分の市場価値をあげていくことに
なかなか価値を見出すことができません、 のっぴぃです。

なんというか ある意味就職活動で見いだせることができなかった
――むしろしぼんだともいえる――自信に対して、に加えまして
例えば自分の父親が最近は仕事ばかりに気を取られていて
まったく家族を顧みることがない、ということが結構根にあるのではないかと。

まぁ 「自分の命よりも守らねばならないものがある」とか
考え始めた結果将来的に気持ちが変わる原因がある、というのは前置きしますが
少なくとも今現在の 「自分が自分のやりたいことをやれればいい」
という価値観の中で自分の価値をあげていくこと

……正直言ってあまり気が乗らない、というか
それより早く自分の生活リズムを整えたい、という欲求のほうが
大きくなっている、というのが正直なところです。

――いや、まず何より前に帰るころにはすでに
MPがすっからかんもいいところなのが一番の問題なのだよ……


――というのが 完全に自分のことしか考えていない
まさに自己中心的思考の極み、といった気持ちの吐露なのですが
実際問題いくら仕事させてもそれに向けて上昇機運がない人間の
おもりを続けることってかなり難しいですよね?

――というわけで とりあえず早い古都独り立ちできるレベルの
なんとやらを身につけなければならない、ということくらいは
渋々ながらも理解しているつもりです。

……とは言えども 一度自尊心を喪った人間が新天地に流れ着いて
すぐに気を取り直せる――人間もいるでしょうが 少なくとも今ののっぴぃさんには
ちょっとそれが難しい部分も……あるのかな?

というわけで 一応気持ちは急ぎながらも
全く資格勉強に対してやる気を見出すことができないこの気持ちを
盛大に自分の中でディスりつつ……

……どうしてこうなっちゃったのかなぁ……?

TOP