心労

2019⁄03⁄10(日) 00:00
この週末もたっぷりの睡眠時間に取られて
まともな休日を過ごすことにならなかったのっぴぃさんです。

この休み時間のNASAというのはそっくりそのまま
この先の仕事に向けた自分への鍛錬時間の作れなさにつながるわけで

睡眠時間が多すぎる、という愚痴に関しては今までさんざん
口にしてきたものであります。 これが増えることで
充実したプライベートタイムと勉強タイムが磨かれるというもの。

……と言えども この一年目は少なくとも
社会人生活へなれることが一番の仕事なのでは、と考える手前
その努力を続けることは当然として 一応休日のスキルアップ等は
ひとまず後回しにしてもいいのでは、と考えています。

……そんな傍から見たらのんびりしすぎでは、といえるペースであるのも
一応は裏付けのようなものがあるわけで。

考えてみたのですが私が会社に入って新人研修していたころは
昼三時ごろなんてずいぶんな睡魔に襲われていたわけですよ。

それに対して現在はこの昼の猛烈な眠さに少なくとも
今年に入ってからは襲われておりませんので その意味では
「就業時間を乗り切るだけの精神的慣れ」というのはついてきたのかなと。

とは言えども 部屋に戻れば寝落ちする、という感じで
隠れ疲労のようなものはじっくり溜まっているようで
この週末(土曜日)を例に挙げるならば
前日23時半  :(寝落ち)
10時ちょっと前:起床
14時ごろから :4時間程度の昼寝
23時ごろ   :寝落ち
という なんとも間の抜けた週末を過ごしてしまったもので……

このもろもろを平均して考えれば 大学時代と比べて大体週に
10時間から15、20時間くらいは睡眠時間増えているんじゃないかな?

――そうなってくるとさすがに鍛錬が追い付かない、自分の趣味の時間も
満足にとれない、といった弊害が出てきてもおかしくないのでは、と思う今日この頃。

まぁ 何にしてもこの睡眠時間、少なくとも昼の睡眠時間が削れたことから考えるに
もう数か月したらもう少し妥当なレベルに落ち着いてくれることを期待したいですね。

TOP