殷春

2019⁄02⁄01(金) 00:00
湯沢05
先月思い出深い出来事を毎月頭に貼り付けるのであれば
今月は超絶久しぶりに行ってきたゲレンデの画像あたりが妥当なんじゃないかな。

一応、シーズンに月一程度で滑りに行ける、というのが個人的に理想なのですが
ここ最近の体力、気力の持ち的に少しばかり難しさを感じる。


基本的に体力気力をウィークデーに使い果たしている、ということもあり
全般的に土休日、その回復作業に全力投入しなければならないという
今年になってからのスタイルに多少なりとも不安を覚えるあたりです。

――「なんのために働いているのだろう」問題への入り口ですね。



そんなわけで 早いもので今年も二月。
――先日年をまたいだ、という認識もあり 最近時の流れを
疾風のごとく感じることが往々にしてよくございます。

先に「今年こそは」という予定に関して――まぁ 当然のごとく
プライベートに傾倒したものではありますが――ある程度の目標を
先月立てさせてもらったわけでありますが

そのきっかけがプライベートに起因したものであり、
その目標を遂行するこれまたとないタイミングである土休日に
全力睡眠かまさないと身が持たない状況、ということで……

あの時立てた目標はいつになったら着手できるのだろう?
というのが現在のところ、正直なところであります。

まぁ はじめに、みたいなノリで書かせてもらいましたが
思惑としてはまさにその通りで このままのペースが来年の今頃まで
仮に続いているのだとしたら、まさに「なんのために働いているのだろう」

……さらに言えば たぶん 今の職場は相当ホワイトな部類なので
これにしがみつくことすらできないというのであれば完全に社会不適合者、
みたいな烙印が押されても致し方ないような気すらしてきます……

一応 曲がりなりにもこの一月から社会的立場にもそれなりの変化もありましたし
その環境的変化に慣れるための途上期が今、という認識で居るのですが
(環境変化に対応するのが遅いというのは今に始まった話ではないので)
とりあえず 今のような「やたら疲労を感じる状態」が常駐化しないか
目標達成のためにも注視していかないといけないのでは、って思います。

――これは目標記事、なのか?

TOP