迎春・2019②

2019⁄01⁄02(水) 00:00
一応 今年の目標として「計」のようなことを意識して
生活できたらな~  という願望を昨日は示してみたわけですが
今日からしばらくはその辺を少しでも掘り下げられたら、と思います。

ひとまず願望としては 公私ともにこの辺のこと
できていければな~  とは思っているわけでそれらについて書けること書いていきたいです。

まず どちらのほうへ向かいたいのか――という指針に関してですが
さすがに何も思いつかないという無計画さはどうか、という部分もありますので
ひとまず 自分の中で持っている「この一段階上の行動目標」
……のようなものでも示していきたいな~  と。

それはずばり 「私を選ぶことのなかった人・組織の方々にそれを後悔したくなるような人材になる」

まぁ おととしの就活とかそうじゃなくても
ここ近年っていろんなところで私は自分自身をプロデュースし
選んでもらえないか交渉してみる、という機会を持っていたわけですが

……まぁ 全体的になかなかうまくいかなかった、そんなこともありましたね。

そんなわけで その時選んで盛らなかった人に対してそれを
盛大に後悔していただきたい、というのがこの大目標の大まかな流れ。

……まぁ こんな書き方したらのっぴぃさん 相当恨みっぽい
人間なんじゃないかなー  って 思いたくもなるのですが
当然 そんな後気味の悪いことを目標にしたいわけではありません。

ただ 人間力とかをあげていけばいずれの時か
「あの時あいつを選んでやれば……」といってもらえる機会がないともわかりません。

そんな感じで 前向きな意味で私自身の――市場価値、といっていいのでしょうか?
その辺をあげていけたらなぁ、と感じるところであります。

といっても どんな方向性で自分の市場価値を高めていくのか

……今私自身が持っている能力であるとか資質であるとかを
しっかり把握していかないと何に取り組めばいいのか、何を始めればいいのか
たぶん全くわからないんじゃないかな~  と思いますので
そのあたり含めて指針を立てることができる――

くらいまでを目標にしたいところです。 最低限として。

TOP