風邪、ウィルス

2019⁄01⁄31(木) 00:00
今年は比較的暖かいのか、単純に関東の気候が穏やかなだけなのか
――詳しいことは判別できませんが 割と最近過ごしてきた生活に比べたら
まだ暮らしやすい日々が続いているように感じます。 のっぴぃです。

果たして、六甲おろしがないと体感が狂ってしまう難儀な体質を手に入れてしまったのか……?
――まぁ 詳しいことまでは定かではありませんが。

そんな気候的には暮らしやすい毎日だったとしてもやはり
例年の病気のようなものに関してはやはり 例年通りに活動するようで
巷ではインフルエンザがどう、みたいな警報を耳にするようになっております。

実際私は今年の接種をやりそびれたので――日常業務がどうとかいうこと考えていたら
そっちの方に頭を向けそびれた、といいますか――今年のシーズンを
とりあえず抗体も持たないまま何とか生き延びなければなりません。

――まぁ 修論とかないですし まだ有給もそれなりに残しているので
相当なことが起こらない限り、何とかやっていける、とうれしいのですが。

まぁ 一応手洗いうがい等は毎日やっているのですがよくよく考えなくても
私の通勤経路ってこの意味では危険な香りしかしない道中。

……どんなにこだわって準備を進めようがどうにもならないのではないか、
なるときにはなる、そんな気持ちでいるしかないのではないかと考えてしまう今日この頃。

まぁ もう今更書くこともないのかもしれないですが何せ私の通勤経路は
毎日「すし詰め」→「体が浮くこともあるレベルの混雑」という
一種、死んでくださいレベルの混雑を毎日味わうことができる場所。

人ごみに立ち寄らないだとか公衆の面前で触ったものとかに気を付けるだとか
ウイルス対策はあちらこちらで教習受けたりするわけですが
そこで教わったものから何一つとして逃げられない環境がそこにある。

……なんでそんなに一極集中させようとするかな~  とか
若干死んだ目をして逝く、そんなのが私の日常。
――もう、風邪とかインフルとか裂けたくても避けれないわけですから
「来ない」ことを祈るしかない、という境地に至ったわけです。

ついでに言うならば 昨日やたらつかれる毎日、という愚痴をこぼさせてもらいましたが
考えてみればこんな棺桶に毎日体を押し込んでいるわけですから
気が滅入る、というのもある意味自明のことなのかもしれません。

――この環境をどうにかする、というのも私の放課を楽しむ、有意義なものにする
大きな手段といえるのかもしれませんね。

TOP

へこへこと

2019⁄01⁄30(水) 00:00
おそらく社畜ならだれでも陥るのであろう「自分の時間がないでござる」問題。
……のっぴぃさんも他例にもれず陥っていて
これまた見事に自分の中でも解決ができていない、ということがあるので一筆。

正直な話、家に帰った後仕事を効率的にあれこれする方法や
資格取得のために勉強する、何ておっしゃる方
世の中にごまんといらっしゃるわけですが 正直言って
そんな生活遅れる人ってメンタル超人なの? ってぶっちゃけ考えちゃいます。

そうも言いたくなる程度には現在ののっぴぃさん、
お家に帰ってくる頃には(主にメンタルが)満身創痍で
ほかのことなんて考えてられない、ということが往々にしてよくあります。

日によっては その日のアフターファイブをすべて投げ出して
そのままベッドにダイブ、寝入る、なんてこともありました。
……挙句の果てにはそのまま夕飯食べそびれたりね。

自分でも内心不思議ではあるのですがなぜここまでも平日の生活が満身創痍なのか。

……まぁ これの答えに関しては結局見つけられていないので
ここに書きなぐりついでに思いついた説を徒然なるままに
深く審議もしないまま書き連ねていく、って感じになるわけですが

例えば SNSとかで見た中で「割とありえそう」と思ってしまったのは
世の中にいくばくか入るという八時間、一定の集団の中にいるのがつらいという人間。

――根本的にコミュニティに所属するという概念が似合わない人間。
驚きのコミュ力のなさを露呈している私だったら十分にあり得そうで怖い……

まぁ そんなネガティブに過ぎる考えで勝手にへこむ前に
ちょっとばかし真面目な顔で再度考察しなおしてみるならば
いまだに上司、という相手とどんな距離感を持てばいいのか図れていなくて
会社ではずっとへこへこしている、ということがありまして

……一応 今のところ考えられるアイデアとしては「かなり気疲れしている」という
言い方を宣言しておくのが割と妥当なのではないか、と考えます。

残念ながら 大学時代の六年間はサークルに所属するでもなく
上下関係とは割と一線を引いた世界で生きてきたこともありますし
――案外このアイデア、的を得ているのではないか、と思います。

TOP

俺の冬

2019⁄01⁄29(火) 00:00
基本的に コミケをはじめとした同人誌即売会なんかから帰ってきたら
それを作ってくれた方に「ありがたく使わせてもらいます」
みたいな意味合いも込めてSNSとかに購入報告を出していきたい

……一応はそんな意気込みは(一応)持っているつもりののっぴぃさん。

ただ 今回冬のあれこれに関して自分の行動を思い返してみた場合
どうにもそのような目標がうまく達成できていないな~
ということを認知せざるを得なくなっております。 のっぴぃです。

というのも とりあえず冬に買った本(やグッズ)を蔵書管理し、
あるべきところへ片付け、一部あらかじめ抽出しておいた
感想を書いておきたい、とか「ありがとうございます」を述べたいと考えた
数冊に関してさえ、それを投稿したのがつい昨日今日、という現状を考えるに
私に持たされた余暇時間、というものを十二分に活用できているのか

……自分でさえよくわからなくなってくる、そんな今日この頃であります。

「帰ってくるまでが遠足だ」理論が適用されるのであれば
私のコミケはつい最近終わったよ、一か月持ったよ、やったね!
という見方をすると一見楽しそうに見えますが
どこか現実逃避しているようにも見えてきます()

――とにかく 次の夏にはもう少し、余裕をもってあれこれを進められるようになっていたらうれしいな~
なんて、思います。



まぁ 私の冬は一カ月続いた、みたいなこと書いたので
それに準じて書いてみるとすれば まぁ やっぱりあるわけですよね。
一月にも同人誌即売会的なイベントが。

で この辺のイベントの7割程度って 冬で売っていたものを
――ちょっとおマケがくっついてきたりすることも多いですが――
再販してくれる、というのも往々にしてあるわけで。

そして そのようなイベントに出てくるということが分かっているところに関しては
「この時に買う前提」で冬コミの購入優先度下げた場所もありますし……?

――そんな意味では「俺の冬はまだ終わっていねぇ!」とイキってみるのも
あながち間違いないのかもしれませんね。

TOP

資材がなければ?

2019⁄01⁄28(月) 00:00
はい 特に年末年始とか その前のつなぎ時点では
さほど艦これに関して――特筆して――書くことないな~

などと思っていた部分もありますが この時期になって
またちょいちょいと書けることのネタが広がってきた感があるな~

……とりあえず 今思いついている部分の一部は二月に回すとしても
一月のうちに食べちゃっていいお話もあるよね、ということで今日はその辺を。

01_20190130000030d3b.png02_20190130000029460.png
03_20190130000029c7b.png04_201901300000288e8.png
05_20190130000027f0a.png70_20190130000027f98.png先日もお話してみた通り 二期になって資材管理を
上手くできなくなっていたのか 単純にラスダンで沼りすぎたのか
細かいことはさほど考えないようにしたいですが 結果論として
「資材がなかなかにグロいことになってきた」という事実がしかとそこにあります。

……ということで その資材を早急に回復させるべく
――そして ある程度の艦の育成とかにつなげるべく?
折を見て単体任務消化もぼちぼち始めたのっぴぃさん。

まぁ このいきさつに関してはあながち資材だけが問題、というわけでもありませんが。

例えば沼った原因を考えてみる時。
――一つは道中の対潜を甘く見ていたこと、なんてことは書いた気がしますが
あともう一つは水戦の開発がないがしろになっていたことだったりします。

考えてみたら 空母夜戦ができるように対策しておけばよかった……
と 反省を持ったのもイベントでの周回が根幹にあったりしましたし
(案の定 それから私的に高速で夜戦艦載機獲得の装備改修&任務消化進めましたが)
こうして イベントの後に考える「まずった点」というのは
なるだけ早く回収していくのに限るわけです。

こうして 任務ツリーを消化しながら改修できる
「貴重な装備」を改修しに行く……まぁ よくある流れです。

あと 最近これに並んで「収集しに行かないとな」と感じているのは噴進砲。

……まぁ 個々の防空、という意味では大きな意味を持つ子の装備ですが
ランカーの人はしばしば補強増設に利用しているというのに私持っていないんですよね。
――さすがに、持って行った方が、いいのかな?



06_201901300002102b8.png
一月中にやっておけば、という意味では 荒潮さんに晴れ着グラが。
……彼女の場合どこか「毒のある美しい花」といった印象があり
妖艶とは違う薄らこわさ(誉め言葉、通じにくいかもだけど)を感じる素晴らしい姿と思いますね。

TOP

遊撃!ブイン防衛作戦<補章>

2019⁄01⁄27(日) 00:00
72_20190128001431f96.png
先ほど「これが今回のイベントで掘れた艦だ」と
ずらりとスクショ並べながら書き忘れたなぁ、と思い直したこと。

まぁ 今回のイベントで忘れてはならないのは「やたらサーバーが重かった」ということ。

これは私とか どこかの鎮守府サーバーが、といった話ではなく
そもそも論として艦これ自体が飽和攻撃か何か受けていたようで
イベント中終始サーバーが重たくなっていた感じです。

まぁ ここは個人日記であることなので 私にふりかかった
その悪い意味での例を挙げてみるのであれば
「ドロップ艦の一部に堂々猫が含まれている」というところでしょうか。

E2とE3の戦闘終了後、ドロップガチャを回す直前にサーバーとの接続が切れて
そのまま猫る、という盛大な嫌がらせパターン。
……その分の資材返せよ、とか内心思いたくなるあれ。

まぁ 今回に関しては運営側も堂々被害者なわけなので強く出られないわけですが
この猫の向こう側に目当ての艦がいた可能性を考えるとなかなかイラっと来るわけであります。
――まぁ 結果的に手に入ったからいいんだけどね!(血眼)



ざっとイベント関連でまとめられることは書ききった感あるわけですが
――それと同時並行して毎年恒例年末年始に行われている
ミニイベントも存在しているよね?  ということで
軽く そっちの方にも触れておこうと思うんだ。

もう 軽く一月終わりそうになっているけれども気にしない。

新春01新春02
新春03
とはいっても 鎮守府沿岸をうろちょろしたり
4-5めぐってみたりと まぁ 一種それといって特筆するようなこともなく。

もらえる掛け軸は絶賛当時イベント報酬だった某水上機母艦の筆とのことですが
いつぞやからか 艦これは報酬艦のあれこれを
隠す気がなくなってきたようにも思えますよね、これ。

猫
あ。 これやってる途中も盛大に猫ったりしていた、って感じらしいですよ?
――スーパー摩耶様。 これもこれで珍しい()

TOP

今年も食べるよ。

2019⁄01⁄26(土) 00:00
食べ物01
さて。 気分的に飯テロっぽいこと書くお時間です。
まず最初にあげてまいりますのは年始のころに
会社のもろもろでもカツ入れて頑張っていきたい、という
意思をこめて食べてみたカツカレー。

――まぁ カツで勝つ、というのもなかなかに
現金というか 単純なゲン担ぎなのかも、とは思いますが
それで担げるゲンがあるなら担いでおこう、とは思いますね。

食べ物02
今年の頭のほう、丸亀製麺で肉うどん(肉二倍、三倍可能)みたいな
内心ガッツリ言っていきたい、と思う人間にとって
非常にうれしいキャンペーンのほうが開催されておりました。

まぁ 店頭に掲示がないとか値段がわかりにくいとかいろいろと
困った点もあったにはあったのですが。
例にもれずのっぴぃさんもその辺顔出してまいりました。

まぁ 主にランチ時、安く気軽に食べに行きたい、見たいに考える私にしては
チェーン店のお得な食い扶持情報というのは
集めておいて損はないのではないか、なんて考えます。

まぁ これは夕方限定ですが。

そのほか、個人的にすごいな、と思ったのは(画像確保しておくの忘れたのですが)
松屋がやっていた期間限定のハンバーグ定食。

日ごろのブラウンハンバーグを封印した代わりに
牛100%のなかなかにこだわったハンバーグを提供してもらえます。

個人的に驚いたのが この時出される鉄板というのが
冬に松屋が出し始めた鍋メニューの鍋と同じものである、という点。

あくまでも私の想像の域を超えませんが
夏ごろとか鍋メニューがひと段落する頃にはもしかしたら
この辺のメニューとかが再度復活してくれたりするのではなかろうかと
少しばかり期待している私だったりします。

まぁ 松屋の鍋メニューに関しては 鍋といいながら
中身の野菜成分が弱い気がしている点は 個人的に
ちょっとばかし不満に思っていることがないわけでもない。

まぁ あれはあれで肉で勝負する、と決めたようなので 不満を漏らすだけ無粋なのかもしれませんが。

TOP

遊撃!ブイン防衛作戦⑥

2019⁄01⁄25(金) 00:00
どうも。 妖怪資材溶かしです。
今回はまずなぜここまでラスダンで沼ったのか、ということに関して考察してみたいと思います。

――とりあえず 今の私がこれかな、と感じているのが潜水艦対策が甘かったこと。
――道中の潜水艦姫のせいで第二艦隊のそこそこを中破させたまま
ボス戦に突入せざるを得なかった、というのが大きいのかもと考えます。

結果的に 悪夢のラスダンが完了した際には道中安定とか
カットイン要因として連れてきていた阿武隈さんを外して
対潜もりもりにした夕張ともともと対潜対策として連れてきたタシュケントで
何とか道中の二発目の魚雷を抑え込む作戦を決行して頑張っていた感じでしたし。

70_2019012723550928e.png
あとは まともに水戦を調達できていなかった、という点が挙げられるかもしれません。
実際 このイベントの最中に安い艦載機レシピ大量に回しまくり
水戦を急ごしらえする、みたいなことをやっておりました。

……前もって用意できていたならば、航巡として鈴熊のケッコン済み
なかなかの練度の娘がいることですし もうちょっと楽できていたのかもしれない、
という夢ももてていいたのですが 大いに悔やむべきところはこのあたりかなって。

……あとは、肝心のところでカットインが発動しないとか ネルソンタッチ不発とか。
うちの艦隊ではよくあることなのですが ダイソンに構いすぎる件とか。
……絶対随伴艦残っているとそっちに攻撃座れるのでS勝利狙うしか策がない、
ほかの鎮守府からよく聞く「スナイプ」という概念がないのは我が艦隊の重大なバグだと思う。

……さすがに ここまで沼るのはやりすぎではないか、と相も変わらず考えたくなる今日この頃です。



73_201901272355083ef.png74_201901272355074b8.png
並んで今回不満に思うのは海域攻略中にパッとしない堀状況です。
特に アンだけラスダン沼っていたのだから その間のA勝利――幾度となくやってる――の中で
この海域での堀要因くらい掘り出せてくれてもよかったのではないか、
と 何度も思うのですが 残念ながらそうは問屋が卸さなかった模様。

沼ってる間に多量に出てくるコモン艦。 さすがにイラっと来るね。

結局 ラスダン終わった後も一日二日掘りまして、やって尾のことでジョンストン。
その後 E2に舞い戻り早波の掘削にも成功した模様です。
……おかげで資材燃料の残りが6桁を割り込んでまいりまして これには焦りを抑えられない。

75_20190127235506c6c.png76_20190127235505d26.png
77_201901272355045ed.png78_20190127235929a0c.png
79_20190127235928b56.png80_201901272359281f8.png
82_201901272359273a4.png83_20190127235926508.png
84_20190127235926e47.png
その他めぼしいドロップとしてはこんな感じでしょうか。
沖波は今回のイベント中に3隻出ました。 別に反応に困るからやめてほしい。
かも波だったら 牧場からのPT対策見張り員とかもワンチャンあったのですが。 

TOP

遊撃!ブイン防衛作戦⑤

2019⁄01⁄24(木) 00:00
48_20190127232912e8a.png49_201901272329124f4.png
はい。 本日は完全に愚痴パートとなっております。

――初めのほう、「小規模作戦と聞いてた」し「俺の大好き艦艇これくしょん」しながら
攻略している人も結構いたし まぁ ほどほどに楽しむことができるだろう。
みたいな考えて問うイベントに挑んだのっぴぃさん。

やっぱりというかなんというか 「盛大に沼りました」

どれほど沼ったか、というのを数値化することも難しいのですが
ラスダンに入ってから実際に海域突破するまでに一週間ゆうにかかりました。

実際には会社でお仕事してから帰って艦これ、という手順を踏んではいるのですが
ラスダン対策メンツで何度も何度も潜っては旗艦倒せずの繰り返し
……ということを続けていると 資材の残量がグロテスクになってくるわけで……

まぁ 基本的に上でネルソンタッチしている面々を毎度のように連れて行っていたら
そりゃ 資材もマッハで削れていくよね、といった感じ。
(道中の潜水艦姫×二度 という展開がなければまだ何とかなったのかもしれませんが)

52_20190127232911cfc.png54_201901272329107fc.png
そんなこんなでネルソン連れまわしている間に
自然とレベルも上がってきた、ということで ついでに改装。
――何というか 考えてみたら前のイベントでもらった艦の育成も
思っていた以上に上がっていない体たらくっぷり。

私の艦隊運営のほうも考えていかないといけないでしょうね。

55_2019012723291014b.png
というわけで もう見たくもないラスダンの話に戻りますが。

56_20190127234824bcf.png57_20190127234824228.png
気が付けば「全員特攻率二倍」の艦隊とか「お正月艦」でまとまった艦隊とか
最初にやってきた支援艦隊(まぁ コミケ組はそれなりに強いけど)と
比べ物にならないほどガチ編成の支援艦隊が急にやってきて私困惑、の巻。

まぁ 彼女らが来てくれたからといって海域が楽になるわけでもなく
実際 「旗艦大破だけ残した」という相当のおぜん立てをしても
「随伴艦隊が残りすぎて夜戦できなかった」とか「装甲皆抜けなくて弾薬無駄にしただけだった」とか
思い返したくもないような悲惨な成果が積算しているわけですが。

58_201901272348230f4.png
そんな怨嗟とともになんとか海域撃破。 あ、一応甲作戦です。
59_201901272348239e3.png60_20190127234822096.png
61_20190127235048407.png63_201901272350471b4.png
65_20190127235047736.png
だいたいこの改修された甲標的が欲しいがために頑張った感ある。
66_201901272350466e1.png68_20190127235046eb7.png
――ごっそり資材減ったけど。 

TOP

おつかれ

2019⁄01⁄23(水) 00:00
超個人的な話ではあるのですが ここ最近のお部屋の汚部屋化が
進行している気がして 若干やきもきしている(ただし どこか他人事)
というのが現在の私です。 こんにちは。

正直なところ、部屋の掃除、というのは面倒くさい部類に入れてしまう私。
――だからと言って、越えてはいけないライン、というのもあると思うんだ、
と 自分に対して鼓舞しているわけであります。

実際 コミケの戦利品をお掃除するのに半月以上かけていますからね。
……家帰ってきてからもやりたいこと多すぎて
まともに別の作業に取り掛かることができていないってわけで。

ついでに言えば まともに年末の大掃除とかやっておりませんでしたし
「初期状態」からして ちょっとまずいのではないかという気がしないでもない。

……何というか 「自分の時間を作らなきゃ心が死ぬ」というのは
よくある話ではありますが その「要求される自分の時間」という量が
比較的多いのではないか、と感じる今日この頃。

これは 私のメンタルの弱さ、という言い方で解決するものなのでしょうか。

(なお、この「自分の時間」の中で消化しているのは
例えば戦利品の確認だったり、艦これの冬イベだったりするわけです)



私の部屋を見渡した時にガッツリ散らかっているな、というのが
洗濯物(洗ったあと、物干しざおから回収した方)でしょうか。

特にこのあたりが乱雑に見えて仕方がない、というのが現在の感想。

実際考えてみたら 今年入ってからアイロンまともにかけた思い出ないし
シャツの形状記憶とかでだましだまし着ている、
みたいな低堕落を続けているような気がします。

……何というか ゆっくり腰据えてアイロンしてやろう、という気持ちが起こらないんですよ。

自分でもそれはよくないな~  という気はなんとなく起こるのですが
いざ、アイロンに手をかける元気が残っていない。
体力的、ではなく メンタル的につらい、といいますか。

う~ん。 やっぱりこれがつかれ、ってものなのでしょうか

TOP

遊撃!ブイン防衛作戦④

2019⁄01⁄22(火) 00:00
41_2019012723150863b.png
なんか 海域説明の画像をイベント終了前にキャプチャするのを忘れていたことに気が付く。
……すべてが手遅れだったと知った後にやらかしたなぁと感じる今日この頃。

――何というか 逐一こまめにブログ書ける余裕が現状、、、って感じ。
一応 かける時に大量にまとめて投下して「ほぼ日刊」は維持しているつもりなんだけどね。

43_2019012723150798e.png44_2019012723150603e.png
さて ここらで突貫するのがE3. 一応名目的には最終海域。
……まずは輸送作戦をちゃちゃっと完了させるであります。

45_2019012723150544f.png46_20190127231504505.png
そこから海域が拡張されるけれども ぶっちゃけレ級がうざいので
それを避けるべくまたギミック解除をこちょこちょやります。

47_20190127231928c9e.png
その結果現れますのが深海日棲姫――このあたりになってくると
名前のモチーフというのが何になってきているのか
だんだんわからなくなってきますね……

鶴棲姫が瑞鶴だったけれども 武蔵のような要素も含まれてるし
前の雨雲姫は村雨と峯雲の名前を合わせるとできるけど――といった感じ。

50_20190127231928bd1.png51_20190127231927fad.png
私がこのあたりにやってくる頃にはもう正月休みも終わろうとしていて
そうなってくるとやってきますのが支援艦隊――なのですが。
……外れ枠があまりにも外れすぎて大爆笑、といったアレ。

完全に「潜水艦追いかけていたら迷い込みました」というメンツがやってきます。
……この編成だと1-5でも羅針盤がダメですね。

さすがにこの外れ枠はひどすぎたのか 支援艦隊第二群がやってくる頃には
メンバーが一人追加されたりもしましたけれども。

……海域減らしたのに突破率があまりにも好ましくなかったんでしょうね。
いや、別に「海域が減った」からといって難易度が下がったわけではないんだ。

もう片方は秋雲先生をはじめとしたコミケ帰り艦隊。

……それこそコミケ期間にやってきてくれていたならば 風雲さんも
売り子スタイルで夜戦してくれたのかもしれませんが たぶんその時期には
支援艦隊自体はやってきていなかったのだろうから その雄姿は見られなかったんでしょうね。
――まぁ 秋雲先生は完全に飲酒決めてるけど(見た目未成年だけどここは船だからね!)

これは たまにこんな感じで中破してくることもあるけども
した二人が改二になってきているので なかなかの火力を期待できます。

TOP