2018年振り返りまして(1)

2018⁄12⁄20(木) 00:00
師走は「師も走り回るほど忙しい」とはよく言いますが
社会人一年目の下っ端もそれなりに雑用――といっていいほどの
レベルまで来ているのか不明ですが――のようなことを
やらされる展開が増えてまいりまして

……結局年末記事なんて悠長に作っている時間がさほどなかった、
なんて展開になってきておりますが まぁ 後付けでもなんでもやらぬよりまし、
ということで 早速かけるところから書いていくことにしましょう。

なお、その影響で年末にも当然起こった
私的にはブログ記事的になりそうな話題も日付に割と準拠した
日程にぶち込みつつ書けるだけ書いていこうかと考えておりますので
年末記事の作り方もどこか例年と違うところがあるかもしれません。



さて そんな事務連絡的なこと書いておくだけで今日の記事
半分くらい埋まった形になったわけですが
書けるところをどんどこ書いていくことにしましょうかね。

まずは雑に2018年を振り返りまして。

とにかく変化にあふれた年であった、ということはまちがいなく言えるでしょう。

大学院生活を終え、社会人生活へ変化する。
それに伴いそれなりの収入が入ってくることもありましたし
代わりに自由に使える時間が今までの日でないくらい減ってしまった、
という現実に直面することもありました。

基本的に順応することが苦手な私にとっては
様々なことを試行錯誤してみながら過ごす一年間であった、
と振り返ることができる、と考えています。

また 六年間過ごしてきた神戸の街とも別れを告げ
現在神奈川県某所にて引き続きの一人暮らしを続行しています。

……まぁ 一人暮らし、という意味では今までと大差ないのですが
時間等を自由気ままに過ごしていた今までと今では
多少なりともその生活の仕方というか実現レベルというかに
やはり違いが見受けられる、というのが正直なところ。

まぁ 細かい点に関しては数日にわたってゆっくり語ってみることにします。

TOP