北海道2018 Autumn ⑨

2018⁄11⁄17(土) 00:00
なんか 正直出がらし感あるおしゃべりしか残っていない気もするのですが
帰るところまでとちょっとしたこの旅の総括を書かせてもらってこの話題を終わらせたいと思います。

67_20181115010656858.jpg
札幌を出、それなりに時刻の余裕を見て新千歳空港に戻ってきたならば
後はもう、やれることといってはあまり多くはありませんのでお土産を買う時間になる
――わけですがここで気が付くことがある。 ――お土産の袋が陳腐だなぁと。

というわけで お土産の外装袋を空港で調達することになるのですが
ここで見つけた中でおあつらえ向きだと感じたのがこちらの雪ミクショップで購入した袋。

――なんか 空港の土産物エリアにおいてある袋販売機では1200円くらいで金ぼったくっていたのに
雪ミクショップは半額程度の値段で袋を提供していたので
仮にオタク要素がなかったとしてもこっち来て買うよな、といった印象。

……まぁ 今回の旅ではやたらお土産代の値段がかさんで今月の経済に影響与えたよな、
というお話が一応語れたりもするので ちょっとここで挟ませてもらいます。

私が大学生で研究室に入る前は近くの友人とか親戚とかに手渡しでお土産が渡せた。
――研究室に入ったらそこでばらまく分も買うことになった。
――そして、今ではばらまく量も増え、親戚には送り付けなければならなくなった。

ばらまく量が増えた、というのは人のしがらみが増えた、社会に混ざることになった
まぁ いろんな言い方があるとは思いますがその裏返しでしょう。

それに加えて手渡しができなくなった、というのは結構真摯な問題で
お土産料金が倍以上に膨れ上がることもざらにある事態。

……正直この旅に行くまではこんな展開になることを計算していなかったので
帰って家計簿を確認する(旅に出ている間にカードの連携が切れてしまって
リアルタイミングで確認することができなかったのですが)と
移動費もろもろと匹敵する値段をお土産代で吹っ飛ばされていて
まだ11月に入ったばかりだったというのにもう月末に近い出費がかさんでいる

――それこそ 二つ期連続の赤字決済が見えてきて戦々恐々としましてね。
(それに関しても今も五十歩百歩といったところですでに頭が痛い問題という)

……これは、ボーナスに期待するしかねぇ。 そう感じるのっぴぃであった。

68_2018111501065829f.jpg
まぁ 数あるお土産の中であえて見せるものがあるとしたらこんな感じ。
赤いサイロ――今年はやりの「もぐもぐタイム」のあおりで供給が間に合っていない
という噂があるチーズケーキですが ちょうどその地元の北見に立ち寄った際に
見つけて購入することができた激レア品でありました。

――ということで 北の思い出はこんな感じで語り終える感じ、でしょうかね。

TOP