北海道2018 Autumn ②

2018⁄11⁄06(火) 00:00
前回の旅の中で私が巡っていない領域は大きく分けて二か所。
一つは道東。 遠軽、釧路の東側ですね。
もう一つは洞爺湖~室蘭、苫小牧、様似を結んだ北海道の南海岸線。

この中で後者は今回の被災地と重なるところもあります故
もう少し落ち着いてから訪問を狙っていくとして 今回巡るルートは
主に 道東、という方向性で絞らせてもらいました。

特にこのあたり 先の旅行でももともと訪れる予定は考えていたのですが
「融雪で線路が水没した」がゆえに 急遽旅先でプランを練り直し
宿泊を決めなおした、という経緯があったりするわけでして。

その意味ではリベンジに当たるのかもしれません。

03_201811122255106f6.jpg04_20181112225506242.jpg
また このように訪問する場所を絞ったことで大きなメリットもありました。

今回利用した切符がこちらになるのですが バニラエア(あと、ピーチでも可)で
新千歳空港に乗り入れることが条件になるのですが
それで こんな感じのお得な道東をめぐるフリーパス(五日間有効)を
手に入れることができるわけです。

……まぁ 今回の旅は四日間、ということで フルに活用することはさすがに難しかったですが
社会人でありながらこれを四日間利用できるというのは大きなメリット。

そして 何よりもありがたいのは「特急列車も利用可能である」という点。
……これだけでずいぶんと一日の移動幅が広がった気がします。



08_20181112230824373.jpg
とまぁ 二度にわたって旅の背景を語るだけで紙面の大部分を利用してしまうという
大愚行を犯してしまうわけですが 何がともあれ北海道はでっかいどう。
――初日、ほとんど目的地にわき目もふらずに突貫するだけで終わっちゃったんですよね。

一応 計画プランニング段階では「ワンチャン一本早い特急に乗れたら
前回冬の北海道で凍死しかけた池田町チャレンジ」という選択肢があったのですが

――着陸してから散策できるようになるまでに多大な時間が流れていきこれを断念。

まぁ 帯広周辺もそれはそれで「幸福駅」「愛国駅」といった
私みたいなキャラにとっては垂涎の聖地があることを考えれば
今 慌てていく場所でもないかな、と思い直した今日この頃です。

――やべぇ、拝啓語ってたら一日分の紙面がおわったでござるよ。

TOP